第4回:ファミリーカーとしての実力は?
「ジャガーXF」の“休日の実力”を考える

2016.07.27 ジャガーXF長期試乗リポート
「ジャガーXF」のファミリーカーとしての実力やいかに?
「ジャガーXF」のファミリーカーとしての実力やいかに?

新型「ジャガーXF」の魅力と実力を掘り下げる長期試乗リポート。今回のテーマは「家族とXF」である。わがwebCGでメディアマーケティングを担当するSAG氏は40代で2児の父。ある週末、SAG氏の父母とともに、XFに乗って世田谷の二子玉川へ愛娘(まなむすめ)のランドセルを買いに行くことになった。さて、みんなのXFに対する反応は……?

2歳の息子が早速「ライオンがいる!」とエンブレムに興味を示した。「これはジャガーだよ」と教えてあげる。
2歳の息子が早速「ライオンがいる!」とエンブレムに興味を示した。「これはジャガーだよ」と教えてあげる。
「ボディーラインがかっこいい」と父。父はジャガーにいつかは乗りたいと常々語っているほどのジャガーファンである。
「ボディーラインがかっこいい」と父。父はジャガーにいつかは乗りたいと常々語っているほどのジャガーファンである。
ゴルフ好きの父が「XF」のトランクにゴルフバッグを積んでみた。すると2つが縦方向に積めたうえに、まだ余裕が残っていた。
ゴルフ好きの父が「XF」のトランクにゴルフバッグを積んでみた。すると2つが縦方向に積めたうえに、まだ余裕が残っていた。

わが家にXFがやってきた

わが家には5歳の娘と2歳の息子がおり、2人ともクルマが大好き。週末にXFがやってくることを話すと、「大きいの?」「何色なの?」「どんなマークなの?」など、クルマについていろいろと話が盛り上がる。

この日は5歳の娘のランドセルを買いに、二子玉川のライズへ行くことに決定した。娘は「ジジ」に買ってもらうとはしゃいでおり、私の父母とともに、XFでドライブすることになった。

さあ、XFのお披露目である。息子は早速反応を示した。「ライオンがいる!」とジャガーのエンブレムを指して喜んでいる。彼は動物園ではジャガーという動物を実際に見て、知っているので、「これはライオンではなくてジャガーだよ」と教えてあげると「ジャガー! ジャガー!」と喜んでいた。

するとそこへ私の父がやってきた。実は父も大のクルマ好きである。輸入車の中でもジャガーにはかなりの憧れを抱いていて、いつかは乗りたいと常々語っていたので、XFへの反応が楽しみでもあった。

早速XFを眺めて「ボディーラインがかっこいい」と父。これから出掛けるというのに家に戻り、ゴルフバッグを出してきた。
父はゴルフ好きで、毎週どこかのゴルフ場に行くほどだ。トランクを開けると、広々としたスペースに驚いていた。ゴルフバッグが2つ余裕で入り、まだスペースがあると……。

後は走りだなと心を躍らせて、父の運転でいざ出発……。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジャガーXE 20dピュア(FR/8AT)【試乗記】 2016.4.1 試乗記 スポーティーな走りが身上のジャガーのDセグメントセダン「XE」に、待望のディーゼルモデルが登場。完全自社開発の新世代パワーユニットと、今日のジャガーの特徴ともいえる絶妙なドライブフィールが織り成す走りに触れた。
  • ジャガーXF 20dプレステージ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.9 試乗記 モジュラー構造のアルミボディーなど、先端技術が惜しみなく投じられているジャガーの新型「XF」。その真骨頂は、実は “オーソドックスないいクルマ”を目指しているところにあるといえそうだ。ディーゼルエンジンを搭載する中核グレードに試乗した。
  • ジャガーXF 20dプレステージ(FR/8AT)【レビュー】 2016.4.15 試乗記 “新世代ジャガー”の嚆矢(こうし)として、2007年にデビューした4ドアセダン「XF」がフルモデルチェンジ。2代目となる新型は、独自の立ち位置と最新のボディーやエンジンを武器にドイツのライバルと渡り合うことができるのか? その実力を試す。
  • 「フランクフルトショー2017」の会場から(ジャガー・ランドローバー) 2017.9.15 画像・写真
  • 第8回:XFは生粋のドライバーズカーである(最終回) 2カ月間で3000k... 2016.8.24 ジャガーXF長期試乗リポート