第4回:ファミリーカーとしての実力は?
「ジャガーXF」の“休日の実力”を考える

2016.07.27 特集
「ジャガーXF」のファミリーカーとしての実力やいかに?
「ジャガーXF」のファミリーカーとしての実力やいかに?

新型「ジャガーXF」の魅力と実力を掘り下げる長期試乗リポート。今回のテーマは「家族とXF」である。わがwebCGでメディアマーケティングを担当するSAG氏は40代で2児の父。ある週末、SAG氏の父母とともに、XFに乗って世田谷の二子玉川へ愛娘(まなむすめ)のランドセルを買いに行くことになった。さて、みんなのXFに対する反応は……?

2歳の息子が早速「ライオンがいる!」とエンブレムに興味を示した。「これはジャガーだよ」と教えてあげる。
2歳の息子が早速「ライオンがいる!」とエンブレムに興味を示した。「これはジャガーだよ」と教えてあげる。
「ボディーラインがかっこいい」と父。父はジャガーにいつかは乗りたいと常々語っているほどのジャガーファンである。
「ボディーラインがかっこいい」と父。父はジャガーにいつかは乗りたいと常々語っているほどのジャガーファンである。
ゴルフ好きの父が「XF」のトランクにゴルフバッグを積んでみた。すると2つが縦方向に積めたうえに、まだ余裕が残っていた。
ゴルフ好きの父が「XF」のトランクにゴルフバッグを積んでみた。すると2つが縦方向に積めたうえに、まだ余裕が残っていた。

わが家にXFがやってきた

わが家には5歳の娘と2歳の息子がおり、2人ともクルマが大好き。週末にXFがやってくることを話すと、「大きいの?」「何色なの?」「どんなマークなの?」など、クルマについていろいろと話が盛り上がる。

この日は5歳の娘のランドセルを買いに、二子玉川のライズへ行くことに決定した。娘は「ジジ」に買ってもらうとはしゃいでおり、私の父母とともに、XFでドライブすることになった。

さあ、XFのお披露目である。息子は早速反応を示した。「ライオンがいる!」とジャガーのエンブレムを指して喜んでいる。彼は動物園ではジャガーという動物を実際に見て、知っているので、「これはライオンではなくてジャガーだよ」と教えてあげると「ジャガー! ジャガー!」と喜んでいた。

するとそこへ私の父がやってきた。実は父も大のクルマ好きである。輸入車の中でもジャガーにはかなりの憧れを抱いていて、いつかは乗りたいと常々語っていたので、XFへの反応が楽しみでもあった。

早速XFを眺めて「ボディーラインがかっこいい」と父。これから出掛けるというのに家に戻り、ゴルフバッグを出してきた。
父はゴルフ好きで、毎週どこかのゴルフ場に行くほどだ。トランクを開けると、広々としたスペースに驚いていた。ゴルフバッグが2つ余裕で入り、まだスペースがあると……。

後は走りだなと心を躍らせて、父の運転でいざ出発……。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

XFの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

「ジャガーXF長期試乗リポート」の過去記事リストへ
関連記事
  • ジャガーXE S(FR/8AT)【ブリーフテスト】 2015.10.5 試乗記 ジャガーのミドルクラスサルーン「XE」、そのフラッグシップモデル「XE S」に試乗した。340psの3リッターV6スーパーチャージドエンジンを搭載するスポーツサルーンの実力を探る。
  • ジャガーXF 20dプレステージ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.9 試乗記 モジュラー構造のアルミボディーなど、先端技術が惜しみなく投じられているジャガーの新型「XF」。その真骨頂は、実は “オーソドックスないいクルマ”を目指しているところにあるといえそうだ。ディーゼルエンジンを搭載する中核グレードに試乗した。
  • ジャガーがスポーツサルーン「XE」2017年モデルの受注を開始 2016.7.20 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2016年7月19日、スポーツサルーン「ジャガーXE」2017年モデルの受注を開始した。最新のインフォテインメントシステム「InControl Touch Pro」を標準装備したほか、新たなエントリーグレード「SE」を追加設定。全8機種をラインナップしている。
  • ジャガーXE 20dピュア(FR/8AT)【試乗記】 2016.4.1 試乗記 スポーティーな走りが身上のジャガーのDセグメントセダン「XE」に、待望のディーゼルモデルが登場。完全自社開発の新世代パワーユニットと、今日のジャガーの特徴ともいえる絶妙なドライブフィールが織り成す走りに触れた。
  • 第30回 実は激動のディーゼルワールド 2017.2.21 エッセイ 清水草一の話題の連載。第30回は「実は激動のディーゼルワールド」。カーマニアとして、欧州ディーゼルのめざましい進化に注目する筆者が、太鼓判を押すモデルとは? 日本で買える300万円未満のモデルをピックアップ。
ホームへ戻る