ベントレー・ミュルザンヌ(FR/8AT)/ミュルザンヌ スピード(FR/8AT)/ミュルザンヌ エクステンデッドホイールベース(FR/8AT)

大英帝国の遺産 2016.07.29 試乗記 2009年に発表された「ベントレー・ミュルザンヌ」。その“フェイスリフト版”の国際試乗会が、ドイツ南部のシュロス・エルマウというホテルを本拠地に催された。アルプス山麓でのドライビングを通して感じた、ベントレーの旗艦が放つ魅力を報告する。

まさにファーストクラス

フランクフルトのチャーター便専用空港から19名乗りの双発ターボプロップ機「フェアチャイルド・メトロ」でインスブルック空港に乗り込む。シンプルで機能一点張りの狭い機内から背中を丸めてタラップの前に立つと、新型ベントレー・ミュルザンヌが滑走路の端っこにずらりと並んでいるのが見えた。

筆者は新しく登場したミュルザンヌの「エクステンデッド ホイールベース(EWB)」の後席におさまり、シュロス・ホテルまでおよそ1時間のドライブを楽しんだ。フェアチャイルド・メトロの小型バス並みの小さなシートから乗り換えると、そこはまさにファーストクラスであった。

独立2座でレッグレスト付き、大きくリクライニングする電動シートはソフトな革張りで、楽チンこの上ない。乗り心地は絨毯(じゅうたん)の上を粛々と走るがごとし。ただし、「ロールス・ロイス・ファントム」と違って雲の上をいくフワフワではない。あくまでフラットで落ち着いている。

それにしても、庶民がいきなり超ド級の高級車の後ろでふんぞり返るような事態になると妄想が暴走する。後席キャビンの両サイドとリアガラスには電動カーテンが標準で付いていて、これをスイッチで閉じればプライバシーを守ることができる。

大富豪。ビジー。移動中の車内。チャンス……白昼、カーテンを閉じた薄暗い超高級車のリアシートで、東洋から来た日本人某は妄想老人と化し内心ドキドキするのだった。

今回のマイナーチェンジで新たに設定された「エクステンデッド ホイールベース(EWB)」。標準車より250mm長いホイールベースを持つストレッチバージョンである。残念ながら日本市場への導入は予定されていない。
今回のマイナーチェンジで新たに設定された「エクステンデッド ホイールベース(EWB)」。標準車より250mm長いホイールベースを持つストレッチバージョンである。残念ながら日本市場への導入は予定されていない。

「EWB」の後席には、電動式のレッグレストを装備。センターコンソールには折りたたみ式のテーブルも用意されている。


	「EWB」の後席には、電動式のレッグレストを装備。センターコンソールには折りたたみ式のテーブルも用意されている。
ボンネットの前端に装着された、「フライングB」と呼ばれるベントレーのマスコット。
ボンネットの前端に装着された、「フライングB」と呼ばれるベントレーのマスコット。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ミュルザンヌの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ベントレー・ミュルザンヌ(FR/8AT)【海外試乗記】 2016.7.29 試乗記 2009年に発表された「ベントレー・ミュルザンヌ」。その“フェイスリフト版”の国際試乗会が、ドイツ南部のシュロス・エルマウというホテルを本拠地に催された。アルプス山麓でのドライビングを通して感じた、ベントレーの旗艦が放つ魅力を報告する。
  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2015.12.26 試乗記 ベントレー初のSUV「ベンテイガ」がいよいよ公道に降り立った。スピードとパワー、そしてラグジュアリー性において、他をしのぐべく開発された“世界最高峰のSUV”の実力を南スペインで試した。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュ(FR/8AT)【試乗記】 2016.11.8 試乗記 アストンマーティンのフラッグシップクーペ「ヴァンキッシュ」に試乗。6リッターのV12自然吸気エンジンを搭載するヴァンキッシュには神性すら漂う。人生の最後にはこんな車に乗るに相応(ふさわ)しい男になりたいものである。
ホームへ戻る