第461回:暗い照明で輝くセンス!
欧州の列車やクルマの明かりについて考える

2016.08.05 エッセイ

TGVの“暗さ”に驚く

パリからルマンに向かうため、フランスの高速鉄道TGVに初めて乗ったときのことだ。1990年代、まだ東京を生活の拠点としていたころである。
対面シートのテーブル上には、しゃれたデザインの暖色系スタンドが据え付けられていた。しかし天井の照明ともども薄暗い。1等車にもかかわらず、である。

その後イタリアに住み始めてみると、TGVに限らず、ヨーロッパ各地で、多くの列車の室内が暗いことに気がついた。市電を含む一般車両でも、間接照明を巧みに使っている。駅も暗めだ。

慣れとは恐ろしいもので、時折東京に出張して電車に乗ると、今度は明るすぎて戸惑うようになった。特に深夜、乗客の少ない郊外行き10両編成の通勤電車などで煌々(こうこう)とともる蛍光灯は目に痛い。
唯一ほっとするのは、横浜でFM番組の収録後、夕食をとるために中華街へ向かうときに乗る、「あかいくつ号」バスの暖色系照明だけである。

もちろん、ヨーロッパの列車を手放しで礼賛するわけではない。
パリ・モンパルナス駅から郊外に向かう電車は、発車時刻まで車内照明をすべて消してしまうことがある。駅のホームも暗いので、ちょっと怖い。あれだけは勘弁してほしいとボクは思うのだが、みんな平気である。

文中のTGVではないが、フランスの鉄道車両の例。暖色系の、控えめな照明が落ち着いた雰囲気を醸し出している。ナントにて。
パリ地下鉄における照明の一例。少々古い車両のもの。メンテナンス性には難がありそうだが、格子状の意匠は、蛍光灯の明かりを穏やかにできる良いアイデア。
パリ地下鉄アール・ゼ・メティエ駅。ホームの壁は、潜水艦をイメージしてデザインされている。
パリにて。車内照明をオフにして出発を待つ車両。さすがに日本人の目には暗い。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。