第2回 地球史3大事件(後編)

2016.08.02 エッセイ
イタリアにあるフェラーリのテストコース、「フィオラノサーキット」入り口にて。マリオ高野氏と筆者記念撮影。

我がカーライフを地球史3大事件になぞらえてお送りしている当連載だが、最後の、そして未来へと続く3番目の大事件とは何か。

マリオ高野。弊社では「マリオ二等兵」の地位にあった。
弊社フォッケウルフのスタッフ3名(09年当時)。軍隊式の階級制度で位置づけられていた。右から伊達軍曹、MJ参謀長(筆者)、そしてマリオ二等兵。

地球史3大事件その3/カンブリア紀の生命大爆発

約5億年前、全球凍結から脱した地球は、突如として多種多様な多細胞生物に満ち溢れる世界へと変貌した。これがカンブリア紀の生命大爆発である。
我がカーライフにおける生命大爆発、それは2009年に発生した。それまでフェラーリ一神教に凝り固まり、「フェラーリ以外は全部『ハイエース』の親戚」としてバクテリア扱いしていた私が、突如生命の多様性に目覚め、神話時代から脱して人類愛ともいうべき節約道、すなわちエコカーのヨロコビに打ち震えるようになったのだ!
今思えば、これこそカーマニア人間国宝への入り口であった。

序章は2009年3月。ド中古の初代「プリウス」を43万円で購入したところから始まった。しかしより決定的だったのは、同年5月の欧州遠征であった。
この遠征の目的は、主に我が編集プロダクションスタッフのマリオ高野二等兵の鍛錬にあった。極貧でしかも極度の方向音痴、英語はカタコトどころか一片も解さず彼女もおらず、海外旅行など考えもしなかったマリオを、自動車の本場であるヨーロッパに連れて行き、その神髄を味わわせて生命大爆発的な飛躍を期したのである。つまり、私が20年前に経験したあの南仏ショックをマリオにも与えることで、バクテリアから多細胞生物への進化を狙ったのだ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本唯一の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算44台、うち10台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。