第358回:日本人選手の活躍にも注目
「GTアジアシリーズ 第8戦 富士」観戦記

2016.07.27 エッセイ
富士スピードウェイで開催された、GTアジアシリーズ第8戦の様子。
富士スピードウェイで開催された、GTアジアシリーズ第8戦の様子。

2016年7月17日、アジア地域のサーキットを転戦して行われる「GTアジアシリーズ」の第8戦が、富士スピードウェイで開催された。名だたるメーカーの高性能スポーツモデルが参戦するレースの様子をリポートする。

各メーカーのGT3車両やカップカーベースの競技車両によって競われるGTアジアシリーズ。コース上ではフェラーリやポルシェ、ベントレー、アストンマーティンなどによるバトルが繰り広げられる。
各メーカーのGT3車両やカップカーベースの競技車両によって競われるGTアジアシリーズ。コース上ではフェラーリやポルシェ、ベントレー、アストンマーティンなどによるバトルが繰り広げられる。
グリッド上でスタートを待つ、シンハー モータースポーツ チームの「フェラーリ458イタリアGT3」。
グリッド上でスタートを待つ、シンハー モータースポーツ チームの「フェラーリ458イタリアGT3」。
グリッドウオークの様子。ドライバーやチームクルーはもちろん、観客やレーシングクイーンも国際色豊かだ。
グリッドウオークの様子。ドライバーやチームクルーはもちろん、観客やレーシングクイーンも国際色豊かだ。

フェラーリやポルシェがサーキットで覇を競う

「GTアジア」という名のチャンピオンシップをご存じだろうか? マカオGPのスーパーカーレースなどを主催するスーパーカー・クラブ・香港、そしてアジア各地を転戦するレースシリーズのオーガナイザーで、マレーシアに本拠を置くモータースポーツ・アジアが協力して「GT3アジア・チャレンジ」を設立したのは2009年のこと。当初は「アジアン・フェスティバル・スピード」と呼ばれるイベントの一部として開催され、上海、セパン、センチュール、マカオ、そして日本のオートポリスなどを転戦していたが、2011年にはGTアジアとして独立。2016年からはスーパーカー・クラブ・香港が運営から外れ、モータースポーツ・アジアが単独で主催するイベントに生まれ変わり、韓国国際サーキット、ブリーラム国際サーキット(タイ)、岡山国際サーキット、富士スピードウェイ、中国の上海国際サーキット、浙江サーキットの6カ所を転戦するまでに成長している。

エントリーはいわゆるGT3車両が中心で、7月16~17日に富士で開催された第7、8戦には「ポルシェ911 GT3R」「フェラーリ488 GT3」「アウディR8 LMS GT3」「ベントレー・コンチネンタルGT3」「アストンマーティン・ヴァンテージGT3」「ランボルギーニ・ウラカンGT3」などが参戦。このほか、GTCクラスとして3台の「フェラーリ458チャレンジ」が出場し、合計16台のスーパーカーが覇を競う一大ページェントが繰り広げられた。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ