ルノー・ルーテシア ルノースポール トロフィー(FF/6AT)/プジョー208GTi by PEUGEOT SPORT(FF/6MT)/MINIジョンクーパーワークス(FF/6MT)

乗り手を選ばぬ高性能 2016.07.30 試乗記 走行性能に磨きをかけたルノーのホットハッチ「ルーテシアR.S.トロフィー」。その実力を探るべく、レーシングドライバーの谷口信輝が筑波サーキットで試乗した。ライバル車との乗り比べを交え、走りの特徴を報告する。

走り自慢の三つどもえ

じりじりと日が照りつけ、早朝にも関わらず気温計が30度に達しようかという筑波サーキット。レーシングドライバーの谷口信輝さんの前に、3台のホットハッチが並んだ。
ルノー・ルーテシアR.S.トロフィー、「プジョー208GTi by PEUGEOT SPORT」、そして「MINIジョンクーパーワークス」。いずれも各社のハイパフォーマンス車を担当する部門が開発に関与した最高性能版で、合法的なチューニングカーだと表現しても差し支えないだろう。
各社の秘伝のタレで味付けされた高性能車のパフォーマンスをフルに発揮するには、やはりサーキットがふさわしい。

谷口さんについては説明不要かもしれないが、あらためて紹介すると、国内ツーリングカーレースの最高峰であるSUPER GTに参戦するトップドライバー。86/BRZ Raceでは2年連続でシリーズチャンピオンに輝く、“ハコのスペシャリスト”だ。
間もなくオリンピックが開幕するけれど、今回は谷口さんの力をお借りして「ホットハッチの金メダル」を決めようという企画だ。といっても、タイムが速ければ金メダルというわけではない。技術点、芸術点、技の難易度(?)その他もろもろを勘案して、それぞれのモデルの特徴を浮き彫りにしようというのが企画の趣旨である。
では、谷口さんがストレッチを済ませてレーシングスーツに着替えるまでの時間を利用して、3台のスペックを簡単におさらいしておこう。

ルノー・ルーテシアR.S.トロフィーの1.6リッターターボは、最高出力220ps/6050rpm、最大トルク26.5kgm/2000rpm。2ペダルで操る6段デュアルクラッチのトランスミッションと組み合わされる。車重は1290kg。

プジョー208GTi by PEUGEOT SPORTも同じく1.6リッターターボを積み、こちらは最高出力208ps/6000rpm、最大トルク30.6kgm/2000rpm。ルーテシアよりも最高出力は低いがトルクが厚いというエンジン特性が、タイムやドライブフィールにどう影響するのかが見ものだ。6段MTが組み合わされ、車重は1200kgとなる。

MINIジョンクーパーワークスのエンジンは2リッターターボと、他の2台より排気量が大きい。最高出力231ps/5000rpm、最大トルク32.6kgm(オーバーブースト時は35.7kgm)/1250-4800rpmはともにライバル2台を凌(しの)ぐものの、排気量の差ほどの違いはないともいえる。このパワーを6段MTで操る。車重は1250kgである。

準備のできた谷口さんは、コース状況のチェックも兼ねて、ルノー・ルーテシアR.S.トロフィーでコースインした。

2015年末に国内販売がスタートした「ルノー・ルーテシアR.S.トロフィー」。高性能ハッチバック「ルーテシアR.S.」の中でも、特にサーキット向けの仕立てとされている。


	2015年末に国内販売がスタートした「ルノー・ルーテシアR.S.トロフィー」。高性能ハッチバック「ルーテシアR.S.」の中でも、特にサーキット向けの仕立てとされている。
今回試乗とタイム計測を行った「筑波サーキット」の「コース2000」は、1周2045m。スタート/フィニッシュラインは図の左上に見えるストレート上にあり、時計回りで走行する。
今回試乗とタイム計測を行った「筑波サーキット」の「コース2000」は、1周2045m。スタート/フィニッシュラインは図の左上に見えるストレート上にあり、時計回りで走行する。
「ルーテシアR.S.トロフィー」の1.6リッター直4エンジン。ターボで過給され、最高出力220psを絞り出す。
「ルーテシアR.S.トロフィー」の1.6リッター直4エンジン。ターボで過給され、最高出力220psを絞り出す。
黒と赤のツートンカラーが目を引く「MINIジョンクーパーワークス」のスポーツシート。今回のテスト車は、右ハンドルのMT仕様車。
黒と赤のツートンカラーが目を引く「MINIジョンクーパーワークス」のスポーツシート。今回のテスト車は、右ハンドルのMT仕様車。
谷口信輝(たにぐち のぶてる)
1971年生まれのレーシングドライバー。「トヨタ・アルテッツァ ワンメイクレース」を皮切りに、30歳で本格的にレース活動を開始。以来、スーパー耐久のST1クラスやSUPER GTのGT300クラスでチャンピオンを獲得するなど、国内のレースで数々の勝利を重ねる。
谷口信輝(たにぐち のぶてる)
	1971年生まれのレーシングドライバー。「トヨタ・アルテッツァ ワンメイクレース」を皮切りに、30歳で本格的にレース活動を開始。以来、スーパー耐久のST1クラスやSUPER GTのGT300クラスでチャンピオンを獲得するなど、国内のレースで数々の勝利を重ねる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ルーテシアR.S.の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
  • 「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード発売 2016.11.28 自動車ニュース 富士重工業は2016年11月28日、新型「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード「1.6i-L EyeSight」を同年12月20日に発売すると発表した。最高出力は115ps、最大トルクは15.1kgmで、トランスミッションにはCVTを採用する。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • ルノー・カングー ゼンEDC(FF/6AT)【試乗記】 2016.9.2 試乗記 「ルノー・カングー」に、1.2リッター直噴ターボエンジンとデュアルクラッチ式6段ATを搭載した新グレード「ゼンEDC」が登場。フランスの知日家エンジニアが取りまとめたという“日本向けカングー”の乗り味とは?
  • 5段MTを搭載した「フィアット500S」発売 2016.12.6 自動車ニュース FCAジャパンは、「フィアット500」の5段MTモデル「500S」を、2016年12月10日に発売する。エンジンは85psと14.8kgmを発生する0.9リッター直2ターボの「ツインエア」を搭載。150台の限定販売で、価格は234万3600円。
ホームへ戻る