ディーゼルの「ボルボS60/V60」に洗練された内外装の特別仕様車

2016.07.26 自動車ニュース

セダンのS60 D4 ダイナミックエディションとワゴンのV60 D4 ダイナミックエディションは、内外装をドレスアップすることで、S60/V60のダイナミックなドライビングにさらなる洗練とスポーティーな印象を与えたという特別仕様車。以下の装備がセリングポイントとなっている。ボルボ・カー・ジャパンは2016年7月26日、ディーゼルの「ボルボS60/V60」に特別仕様車「D4 Dynamic Edition(ダイナミックエディション)」を設定し、同年8月10日 に発売すると発表した。

【外装】
・専用グロッシーブラック仕上げ(フロントバンパー下部、ウィンドウフレーム、リアバンパー下部、ドアミラーフット部)
・専用フロントグリル(グロッシーブラック仕上げ、横格子はクローム仕上げ)
・専用18インチアルミホイール 8.0J×18“Tucan”ダイヤモンドカット(グロッシーブラック、235/40R18タイヤ付き)

【内装】
・オフブラックおよびソフトベージュのスポーツレザーシート
・アンスラサイトブラックのインテリア
・チャコールのルーフライニング

【装備】
・PCC/キーレスドライブ
・フロント8ウェイパワーシート
・フロントシートヒーター
・12セグ地上デジタルTV(リモートコントロール付き)

ボディーカラーは、アイスホワイト、クリスタルホワイトパール、オニキスブラックメタリック、ルミナスサンドメタリック、マッセルブルーメタリックの全5色。

価格は以下の通り。
・S60 D4 ダイナミックエディション:479万円
・V60 D4 ダイナミックエディション:499万円

(webCG)

ボルボの「S60 D4 ダイナミックエディション」(写真左)および「V60 D4 ダイナミックエディション」。
ボルボの「S60 D4 ダイナミックエディション」(写真左)および「V60 D4 ダイナミックエディション」。

関連キーワード:
V60S60ボルボ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「オートモビル カウンシル2017」の会場から(ボルボ) 2017.8.5 画像・写真 最新モデル「V90」の特別仕様車に加え、歴代の人気モデルが展示されていたボルボのブース。「240」「850」といった人気モデルや、ベルトーネがデザインを手がけた貴重な2ドアクーペ「780」などの姿を、写真でリポートする。
  • ボルボV90 T6 AWD インスクリプション/S90 T6 AWD インスクリプション【試乗記】 2017.2.22 試乗記 ボルボのラインナップに、新たなフラッグシップモデル「V90」「S90」が登場。新世代プラットフォームや、2つの過給機を持つエンジンがもたらす走りの質を、試乗して確かめた。
  • ホンダ・シビック タイプR(FF/6MT)【試乗記】 2017.9.23 試乗記 いよいよわれわれの目の前に現れた新型「ホンダ・シビック タイプR」。そのステアリングを、ホンダの鷹栖プルービンググラウンドで握った。“リトル・ニュルブルクリンク”ともいえるワインディングコースで、新型タイプRはいかなる走りを見せたのか?
  • ボルボXC60 T6 AWD(4WD/8AT)/XC60 D5 AWD(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.6.29 試乗記 2017年秋に日本での発売が予定される2代目「ボルボXC60」に、スペインで試乗。ボルボ全販売台数の30%を占めるという売れ筋SUVはどう変わったのか、ガソリン車の「T6 AWD」とディーゼル車「D5 AWD」でチェックした。
  • ボルボV90 T6 AWD R-Design(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.20 試乗記 “スポーツドライビングを愛するあなたのための”とカタログでアピールされる、「ボルボV90」のスポーティーグレード「T6 AWD R-Design」に試乗。引き締められた専用サスペンションシステムがもたらす、その運動性能やいかに? デザインや使い勝手も含めてつぶさにチェックした。
ホームへ戻る