第30回:「制限速度120km/hへ引き上げ」の背景にあるもの(その3)
「なぜ120km/hなのか」のわけ

2016.08.04 エッセイ

設計速度の話

高速道路の設計速度の最高値は120km/h。

なぜ120km/hなのか?
気になって調べだしたら『道路構造令の解説と運用』にたどり着いたのは、若かりし時分のことである。
こう書いてあった。

「自動車専用道路の設計速度の最高値120km/hは、自動車の性能、諸外国の実績、更には人間の感覚的機能の限界を考慮して決められた値である」

こういうのは読書とはいわないだろうが、読み進めるうちに疑問がひとつひとつ解消されていくものだから、ある意味、ミステリー小説のページをめくるような感覚さえあったのを思いだす。

特に興味深いのは、この数値(=120km/h)を規定した道路構造令ができた時期である。まだ日本に高速道路がなかった1958年(昭和33年)、そのときの道路構造令では設計速度の最高値は100km/h。それから5年後、最高値を120km/hにするとの局長通達がだされる。つまり、設計速度120km/hは、1963年前後の「自動車の性能、諸外国の実績、更には人間の感覚的機能の限界を考慮して」決められた数値なのだ。

今となっては50年以上も前の、たとえば初代の「トヨタ・コロナ」とか「日産ブルーバード」といった国産車の性能を考慮してはじきだされた120km/hという設計速度。現在の自動車の性能は、言うまでもなく当時とは比較にならないほど劇的に向上している。その分、安全の幅に余裕がでたというのは誰にもわかる理屈である。しかし、実は、当時の自動車の性能でも余裕の幅は確保してあった。「150km/hくらいで走らせたい」と言った道路設計者(その1参照)が、私にこう話している。

「『道路構造令の解説と運用』には『天候が良好で平均的なドライバー』と走行条件を書いているけれど、実際には、ぬれた路面で走行実験をしていた」

と、設計速度にまつわる知識を頭に入れたうえで、建設省(当時=国土交通省)道路局高速道路課にあらためて尋ねてみた。

設計速度とは?

私の質問への回答である。

「道路構造的には安全を保証できる速度」

つまり、一連の事実をまとめると、「設計速度120km/h」とは、50年前、当時の国産車に乗る平均的なドライバーが、雨で路面がぬれた高速道路を120km/hで走らせたとしても安全が保てた道路構造という意味になる。

道路構造令が言う「平均的なドライバー」とは何か。それについての記述はないけれど、ドライバーの運転技能の平均なんてわかるわけがない。だから、国が定めた一定の運転技能の基準をクリアしたドライバーを「平均的」と考えれば「平均的」の意味がわかる。要するに、運転免許試験にパスした人のこと。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

矢貫 隆

矢貫 隆

1951年生まれ。長距離トラック運転手、タクシードライバーなど、多数の職業を経て、ノンフィクションライターに。現在『CAR GRAPHIC』誌で「矢貫 隆のニッポンジドウシャ奇譚」を連載中。『自殺―生き残りの証言』(文春文庫)、『刑場に消ゆ』(文藝春秋)、『タクシー運転手が教える秘密の京都』(文藝春秋)など、著書多数。