「谷口信輝の新車試乗」――アウディR8 V10クーペ 5.2 FSIクワトロ(後編)

2016.07.28 mobileCG
 
「谷口信輝の新車試乗」――アウディR8 V10クーペ 5.2 FSIクワトロ(後編)の画像

「谷口信輝の新車試乗」――アウディR8 V10クーペ 5.2 FSIクワトロ(後編)

SUPER GTや86/BRZ Raceなど、数々のモータースポーツシーンで活躍中のレーシングドライバー、谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回も引き続き、「アウディR8」に試乗する。外観からは“穏やかな進化形”に見える新型も、乗れば実はアグレッシブ。ヤンチャなクルマに仕上がっているという。さて、谷口の結論は?

 
「谷口信輝の新車試乗」――アウディR8 V10クーペ 5.2 FSIクワトロ(後編)の画像
 
「谷口信輝の新車試乗」――アウディR8 V10クーペ 5.2 FSIクワトロ(後編)の画像
 
「谷口信輝の新車試乗」――アウディR8 V10クーペ 5.2 FSIクワトロ(後編)の画像
 
「谷口信輝の新車試乗」――アウディR8 V10クーペ 5.2 FSIクワトロ(後編)の画像

■この外観に惑わされるな!

「あのね、R8のマイナスポイントを3つ挙げましょう」 出た! 本企画ではおなじみの“後編辛口タイム”の始まりである。「まずね、ブレーキペダルの位置が高い。だからアクセルから踏み換えようとして右足を横に動かすと、足の側面がブレーキペダルにぶつかっちゃう。自分で買うならここは調整したいところだけど、どうかな、できるかな……」

ほほう、これはいかにもレーシングドライバーらしい指摘である。では、次は? 「2番目は、もしも僕がこのクルマを買ったら、助手席のヨメが間違いなく『テレビが見られない!』と言いそうなところ。だって、R8はメーターパネルにナビの地図まで表示させるバーチャルコックピットになっているから、ダッシュボードの中央にはなにもついてないじゃないですか。ああ、ヨメがブツブツ言っている様子が目に浮かぶなあ(笑)」

ふーむ、ドライビングに関する真剣な話題から一気にテレビか。まあ、谷口が家族思いであることはよくわかった。そして3番目は? 「R8って、アウディのフラッグシップモデルでしょ? なんで、もっと見た目で強くアピールしようとしなかったのか、そこは不思議で仕方ありません」

どちらかといえばおとなしいアウディのスタイリングが谷口の趣味にあわないことは本連載でも何度か取り上げたが、今回はただ「好みでない」という以上の意味を持っているようだった。「だって、この外観なのに、このアグレッシブさでしょ。前に乗ったR8に比べると、かなり過激な感じですよね」

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

(語り=谷口信輝/まとめ=大谷達也<Little Wing>/写真=小林俊樹)

 【mobileCGへのアクセス方法】

◇スマートフォンをお使いの方◇

「QRコード」読み取り機能搭載機種をお持ちの方はこちらからアクセスできます。
「mobileCG」「webCG」を検索いただいてもアクセスできます。

http://www.webcg.net

 

◇従来のケータイ版「mobileCG」はこちらから◇

「QRコード」からアクセスできます。

docomo:iMENU→メニュー/検索 → 趣味/娯楽 → クルマ/バイク → カーグラフィック
au:EZトップメニュー → カテゴリで探す → スポーツ・レジャー → 車・バイク→モバイルカーグラフィック
SoftBank:Yahoo!ケータイ → メニューリスト → 趣味・レジャー → クルマ・バイク → カーグラフィック

 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

R8の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • アウディR8 V10クーペ 5.2 FSIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.8.4 試乗記 より強力な5.2リッターV10エンジンや、新開発の4WDシステムを得て、一段とダイナミックに生まれ変わった「アウディR8」に試乗。アウディ史上、最も強力なスーパースポーツは、同時に高度な技術に裏打ちされたアウディの旗艦モデルでもあった。
  • BMW M4 GTS(FR/7AT)【試乗記】 2017.1.10 試乗記 BMW M社が、そのモータースポーツテクノロジーを集約して開発した“公道走行も可能”なレーシングマシン「BMW M4 GTS」。巨大なリアスポイラーに、室内から鈍い光を放つロールバーなど、見た目からしてただ者ではないモンスターマシンの走りをリポートする。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
ホームへ戻る