ジャガーFペース35t Rスポーツ(4WD/8AT)/Fペース20d プレステージ(4WD/8AT)

見どころのある初モノ 2016.08.01 試乗記 ジャガー初のSUV「Fペース」に試乗。「ポルシェ・マカン」や「BMW X4」に真っ向から勝負を挑む新種のスポーツカーは、どのような走りを見せるのか。ガソリン車とディーゼル車の2車種について、その仕上がりを報告する。

意気込みが伝わってくる

“F”という頭文字から、私はてっきりFペースを「XF」サイズのSUVと思いこんでいた。しかし、実際のFペースはDセグメント=「XE」のクラスに相当するSUVである。すなわち、「BMW X3」に端を発して、今や世界中のメーカーひしめくあの市場だ。
もっとも、ジャガーの場合はXEもXFも基本骨格設計が共通なので、これを“XEベース”と断定するのも正確でない。また、あえてFを名乗らせることで、クラスレスの上級イメージを演出する意図がありそうだ。ただ、車体サイズのみならず、XEに酷似した内装デザインを見ても、Fペースはやはり、XEベースと定義すると理解しやすい。

XE以降のジャガーはまさに社運をかけた新世代商品群で、デザインやテイストといった趣味的な科目以前に、数値であらわせる商品性科目のほぼすべてでクラストップ、あるいはトップ級になるべく開発されている。それはFペースも例外ではない……どころか、セダンよりもはるかに競合が多いSUVにおいて「トップを張る」との意気込みは、XEやXF以上に強い印象だ。

新世代ジャガー商品群は「○○の形をしたスポーツカー」という開発思想も共通しており、Fペースは「SUVの形をしたスポーツカー」となる。Fペースの競合車は膨大に存在するが、先日の報道関係向け説明会でジャガー自身が連呼していたのは「ポルシェ・マカン」だった。主要科目以外の細部では他の競合車にゆずる部分があっても、マカンにだけはなにひとつ負けるべからず……が裏開発目標だったであろうことは、その説明っぷりからもにじみ出ていた。

2015年9月のフランクフルトモーターショーでデビューした、ジャガー初のSUV「Fペース」。日本では、2016年7月下旬にデリバリーが始められた。
2015年9月のフランクフルトモーターショーでデビューした、ジャガー初のSUV「Fペース」。日本では、2016年7月下旬にデリバリーが始められた。
ジャガーのラインナップにおいて、今後ライフスタイル提案型の車種には「PACE」の名が与えられる。
ジャガーのラインナップにおいて、今後ライフスタイル提案型の車種には「PACE」の名が与えられる。
コックピットは、スポーツセダン「XE」に近いデザインが採用されている。写真は「35t Rスポーツ」のもの。
コックピットは、スポーツセダン「XE」に近いデザインが採用されている。写真は「35t Rスポーツ」のもの。
メーターパネルは液晶表示。画面のサイズは12.3インチで、表示する情報の種類やテーマカラーが変更できる。
メーターパネルは液晶表示。画面のサイズは12.3インチで、表示する情報の種類やテーマカラーが変更できる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Fペースの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る