「スバルXVハイブリッド」にSTIチューンの「tS」が登場

2016.07.28 自動車ニュース
「スバルXVハイブリッドtS」
「スバルXVハイブリッドtS」

富士重工業のモータースポーツ活動を担うスバルテクニカインターナショナル(STI)は2016年7月28日、特別仕様車「スバルXVハイブリッドtS」を発表し、先行予約の受け付けを開始した。

STI製フレキシブルタワーバーフロント
STI製フレキシブルタワーバーフロント
STI製フロントストラット&コイルスプリング
STI製フロントストラット&コイルスプリング
STI製リアダンパー&コイルスプリング
STI製リアダンパー&コイルスプリング
高剛性クランプスティフナー(左右)
高剛性クランプスティフナー(左右)
STI製フレキシブルドロースティフナーフロント
STI製フレキシブルドロースティフナーフロント
「XVハイブリッドtS」のインテリア。
「XVハイブリッドtS」のインテリア。
「XVハイブリッドtS」のシート。
「XVハイブリッドtS」のシート。
「XVハイブリッドtS」のフロントビュー。
「XVハイブリッドtS」のフロントビュー。
「XVハイブリッドtS」のサイドビュー。
「XVハイブリッドtS」のサイドビュー。
「XVハイブリッドtS」のリアビュー。
「XVハイブリッドtS」のリアビュー。

■ハイブリッド車でもSTIの走りが楽しめる

今回発表されたXVハイブリッドtSは、スバルのクロスオーバー車「XVハイブリッド」をベースに足まわりに専用チューニングを施すとともに、内外装に専用装備を追加したSTIのコンプリートカーである。

製品コンセプトは「Enjoy Driving Hybrid」というもので、「誰がどこで乗っても気持ちがよく、運転が上手くなるクルマ」を目指して開発を実施。足まわりについてはハンドリング性能と乗り心地を高度に両立するために、フレキシブルタワーバーはじめとしたSTI独自のパーツ類に加え、専用チューニングのダンパーとコイルスプリングや高剛性クランプスティフナーを装備している。

内外装については、エクステリアには専用装備のフロントスポイラーやサイドアンダースポイラー、ルーフエンドスポイラーにオレンジのピンストライプを採用。インテリアにはブラックのウルトラスエードとオレンジの合成皮革、アイボリーのトリコットを組み合わせたSTIのロゴ入り専用シートを装備しており、また各所にオレンジ色のステッチを施している。

これらを含む主要な特別装備は、以下の通り。

【足まわり/メカニズム】
・STI製フロントストラット&コイルスプリング
・STI製リアダンパー&コイルスプリング
・STI製フレキシブルタワーバーフロント
・STI製フレキシブルドロースティフナーフロント
・17インチアルミホイール(オレンジ塗装&切削光輝)

【視界】
・HIDロービームランプ(ブルーインナーレンズ、ブラックアイライン)(ヘッドランプレベライザー<オート>、ポップアップ式ヘッドランプウオッシャー付き)

【操作性・計器盤・警告灯】
・インストゥルメントパネルセンターバイザー(レザー調素材巻き)
・本革巻きセレクトレバー(オレンジステッチ、ダークキャストメタリック加飾)+ピアノブラック調加飾パネル
・シフトブーツ(オレンジステッチ)
・本革巻きステアリングホイール(オレンジステッチ、STIオーナメント、シルバー/ブラック加飾+ダークキャストメタリック加飾)
・左右独立温度調整機能付きフルオートエアコン(抗アレルゲンフィルター付き)(メッキリング/シルバー&ピアノブラック調&オレンジベゼル付きエアコンダイヤル)
・高剛性クランプスティフナー(左右)付き電動パワーステアリング

【シート】
・専用シート(メイン:ウルトラスエード&本革<ブラック>/サイド:合成皮革<オレンジ>&トリコット<アイボリー>、オレンジステッチ、STIロゴ型押し、フロントシートヒーター付き)
・可倒式&上下調整式フロントシートヘッドレスト(オレンジステッチ)
・リアシートヘッドレスト(オレンジステッチ)

【内装】
・インパネ加飾パネル(ピアノブラック調+ダークキャストメタリック)
・ドアトリム加飾(アイボリー、オレンジステッチ)
・ドアアームレスト(オレンジ表皮、オレンジステッチ)
・パワーウィンドウスイッチパネル(ダークキャストメタリック加飾、メッキ加飾付きスイッチ)
・STIロゴ入りステンレス製サイドシルプレート(フロント)
・フロントコンソール(ダークキャストメタリック加飾パネル、レザー調素材巻き+オレンジステッチ)
・スライド機構付きコンソールリッド(オレンジステッチ)
        
【外装】
・STI製フロントスポイラー(オレンジピンストライプ)
・STI製サイドアンダースポイラー(オレンジピンストライプ)
・フロントフォグランプカバーデカール(STIロゴ入り)
・ダークメッキ加飾付きフロントグリル
・ブラック電動格納式リモコンドアミラー(LEDサイドターンランプ&ターンインジケーター付き)
・カラードドアハンドル
・ルーフエンドスポイラー(LEDハイマウントストップランプ内蔵、オレンジピンストライプ)
・STIオーナメント(フロント、リア)
・tSオーナメント(リア)

ボディーカラーは「クリスタルブラック・シリカ」「ハイパーブルー」に3万2400円の有償色「クリスタルホワイト・パール」を加えた全3色。価格は332万6400円で、2016年秋の発売が予定されている。

※ここで紹介される仕様、装備、価格はすべて予定のもの。予告なく変更される場合がある。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • スバルXVハイブリッドtS(4WD/CVT)【レビュー】 2016.12.6 試乗記 富士重工業のモータースポーツ部門を担うSTIが手がけた「スバルXVハイブリッドtS」。オレンジが大胆に配された外観からはカジュアルな印象を受けるが、果たしてその走りの方向性は? “スバリスト”の筆者がリポートする。
  • スバルXVハイブリッド 2.0i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2015.12.14 試乗記 足まわりの改良、燃費の改善、安全装備や運転支援システムの強化と、2012年のデビュー以来、度重なる改良を通して進化を遂げてきた「スバルXV」。ハイブリッドシステムを搭載した上級グレードの試乗を通し、今日におけるその実力を測った。
  • 【デトロイトショー2017】レクサスから新型「LS」登場 2017.1.10 自動車ニュース レクサスが最上級セダン「LS」の新型をデトロイトショーで発表。新世代プラットフォームの「GA-L」をはじめ、新開発の直噴ターボエンジン、自動操舵機能と連動したプリクラッシュセーフティーなど、さまざまな新技術が取り入れられている。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
  • フォルクスワーゲン、新型「ティグアン」を発売 2017.1.17 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2017年1月17日、新型「ティグアン」を発表し、同日発売した。「TSIコンフォートライン」「TSIハイライン」「TSI Rライン」の全3グレード構成で、車両価格は360万円から。
ホームへ戻る