第3回 カンブリア紀の生命大爆発

2016.08.09 エッセイ

野暮天の極致、ド中古の初代「プリウス」

2009年5月、カーマニアとしての養分の補給および大進化を目的に敢行した欧州5カ国レンタカー行脚。その時たまたまレンタカー屋にあてがわれた「フォード・フォーカス エステート 1.6ディーゼル」は、まさしく欧州の吉野家牛丼(並)であり、その土着性に激しい憧れを抱いた不肖清水草一だったわけなのだが、折しもそのわずか3カ月前、私は初代「プリウス」のド中古を43万円にて購入していた。

フォード・フォーカス エステート 1.6ディーゼルが欧州の吉野家牛丼(並)なら、9年落ち走行5万km、43万円の初代プリウスは、かつて神童とうたわれたけど今はさえないドブネズミ色サラリーマン(43歳)、という感じだろうか。

なにしろ見た目が泣きたいほどダサかった。かつて斬新に思えたスタイリングは野暮天の極致、同じく斬新に思えたインテリアはさびれた遊園地。そこに座っていること自体が苦行に近かった。

嫌々、カーマニア道は修行の道。さすがに愛車がこれ1台だったら窒息するが、私にはフェラーリ様がある。めったに乗らないがとにかく持っている。世間的にも「清水草一=フェラーリ」というイメージを持っていただいている。なのに普段はあえて野暮天な初代プリウスに乗る! それがたまらなくオシャレさん! そう思うことにした。

欧州の吉野家牛丼(並)こと「フォード・フォーカス エステート 1.6ディーゼル」。

オークションにて43万円で落札当時の初代「プリウス」。高度に野暮天なルックスを誇った。

神であるフェラーリと野暮天な初代「プリウス」という組み合わせが超絶オシャレなのだ!(写真=池之平昌信)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本唯一の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算44台、うち10台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。