ボルボS90 T6 AWD(4WD/8AT)/V90 D5 AWD(4WD/8AT)

新時代のフラッグシップ 2016.08.02 試乗記 ボルボの新しいフラッグシップモデル「S90/V90」に試乗。ジャーマンスリーが牛耳るラグジュアリークラスに投じられた“スカンジナビアの良心”は、われわれの期待にしっかり応えてくれる実力派だった。南スペイン・マラガからの第一報。

2019年までにすべてが新世代へ

現在の「XC90」は、2019年までに“最も古いボルボ車”となる――地中海に面したスペイン南部の都市、マラガの近郊で開催されたボルボの最新セダンとステーションワゴン、S90/V90の国際試乗会は、そんなインパクトに満ちたフレーズが盛り込まれたカンファレンスで幕を開けた。

現行XC90は、日本では今年になって発売されたばかりの、まだまだ最新モデルの雰囲気が色濃いボルボ車。そこに“古い”なる形容詞があてはめられたのだから、一瞬「聞き間違えか!?」と思ったのも無理はないだろう。

が、冷静に解釈すればそんな冒頭のコメントは、「2019年までには現行ボルボ車のすべてが、新世代骨格の持ち主へと刷新される」と読み換えられることが分かる。

実際、XC90で初採用された“SPA(スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー)”と呼ばれる中型モデル以上を対象とした新骨格は、早くもこのS90/V90へと展開されたし、「S60/V60」や「V40」などよりコンパクトなモデルにも2017年以降に、新開発の骨格“CMA(コンパクト・モジュラー・アーキテクチャー)”を採用すると、先だって発表済みだ。

加えれば、すでにプラグインハイブリッド・モデルが設定されている前出“SPA”を用いるモデルには、さらに2019年になるとピュアEV仕様が追加をされることも示唆されているのだ。

つまり、この時点ですべてのボルボが新骨格採用車となり、その中でもXC90は“最も古くなる”と宣言をされているわけだ。

試乗会場には「T6」および「D5」グレードの、ともに4WD仕様が用意されていた。今回はT6は主に「S90」で、D5は「V90」でテストしている。
「V90」のボディーサイズは4936×1890×1475mm。車重は1833~1927kg(欧州仕様)。
フラッグシップセダン「S90」。ボディーサイズは4963×1890×1443mm。車重は1801~1892kg(欧州仕様)。
「S90」のリアビュー。ボディーのCd値は0.26~0.29。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

S90の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ボルボV90クロスカントリー 2016.9.28 画像・写真 スウェーデンのボルボはパリモーターショー2016(プレスデー:2016年9月29日~9月30日、一般公開日:10月1日~10月16日)で「V90クロスカントリー」を公開する予定。その姿を画像で紹介する。
  • ボルボS60ポールスター(4WD/8AT)【試乗記】 2016.9.20 試乗記 モータースポーツのテクノロジーが注ぎ込まれたハイパフォーマンスモデル「ボルボS60ポールスター」に試乗。エンジンを3リッター直6ターボから2リッター直4ツインチャージャーに変更し、さらにパワーアップした新型の走りをリポートする。
  • アウディR8スパイダー 5.2 FSIクワトロ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2016.11.30 試乗記 アウディの新型「R8スパイダー」に試乗。アルミとカーボンからなる最新世代の骨格を備えた540psのスーパースパイダーは、より快適に進化しただけでなく、乗り手の魂を激しく揺さぶる官能性をも手にしていた。
  • ポルシェ718ボクスターS(MR/7AT)【試乗記】 2016.11.17 試乗記 350psの2.5リッターフラット4ターボエンジン搭載の「718ボクスターS」に試乗。パワーはもちろん、乗り心地もハンドリングも抜かりなしの718ボクスターSだが、ポルシェにだってできないことはある。それは……。箱根の山道を目指した。
  • マセラティ・レヴァンテ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.11.9 試乗記 続々とニューモデルが現れるプレミアムSUV市場に、マセラティが送り込んだのが「レヴァンテ」である。イタリアの老舗が満を持してリリースした同車には、ドイツ勢に比肩する走りの実力と、このブランドだけに許された官能性が備わっていた。
ホームへ戻る