クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

ボルボS90 T6 AWD(4WD/8AT)/V90 D5 AWD(4WD/8AT)

新時代のフラッグシップ 2016.08.02 試乗記 ボルボの新しいフラッグシップモデル「S90/V90」に試乗。ジャーマンスリーが牛耳るラグジュアリークラスに投じられた“スカンジナビアの良心”は、われわれの期待にしっかり応えてくれる実力派だった。南スペイン・マラガからの第一報。

2019年までにすべてが新世代へ

現在の「XC90」は、2019年までに“最も古いボルボ車”となる――地中海に面したスペイン南部の都市、マラガの近郊で開催されたボルボの最新セダンとステーションワゴン、S90/V90の国際試乗会は、そんなインパクトに満ちたフレーズが盛り込まれたカンファレンスで幕を開けた。

現行XC90は、日本では今年になって発売されたばかりの、まだまだ最新モデルの雰囲気が色濃いボルボ車。そこに“古い”なる形容詞があてはめられたのだから、一瞬「聞き間違えか!?」と思ったのも無理はないだろう。

が、冷静に解釈すればそんな冒頭のコメントは、「2019年までには現行ボルボ車のすべてが、新世代骨格の持ち主へと刷新される」と読み換えられることが分かる。

実際、XC90で初採用された“SPA(スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー)”と呼ばれる中型モデル以上を対象とした新骨格は、早くもこのS90/V90へと展開されたし、「S60/V60」や「V40」などよりコンパクトなモデルにも2017年以降に、新開発の骨格“CMA(コンパクト・モジュラー・アーキテクチャー)”を採用すると、先だって発表済みだ。

加えれば、すでにプラグインハイブリッド・モデルが設定されている前出“SPA”を用いるモデルには、さらに2019年になるとピュアEV仕様が追加をされることも示唆されているのだ。

つまり、この時点ですべてのボルボが新骨格採用車となり、その中でもXC90は“最も古くなる”と宣言をされているわけだ。

試乗会場には「T6」および「D5」グレードの、ともに4WD仕様が用意されていた。今回はT6は主に「S90」で、D5は「V90」でテストしている。
試乗会場には「T6」および「D5」グレードの、ともに4WD仕様が用意されていた。今回はT6は主に「S90」で、D5は「V90」でテストしている。 拡大
「V90」のボディーサイズは4936×1890×1475mm。車重は1833~1927kg(欧州仕様)。
「V90」のボディーサイズは4936×1890×1475mm。車重は1833~1927kg(欧州仕様)。 拡大
フラッグシップセダン「S90」。ボディーサイズは4963×1890×1443mm。車重は1801~1892kg(欧州仕様)。
フラッグシップセダン「S90」。ボディーサイズは4963×1890×1443mm。車重は1801~1892kg(欧州仕様)。 拡大
「S90」のリアビュー。ボディーのCd値は0.26~0.29。
「S90」のリアビュー。ボディーのCd値は0.26~0.29。 拡大

伸びやかなプロポーション

かくして基本骨格に“SPA”を採用し、ハードウエア面では最新のXC90と多くの共通項を備えるS90/V90。
一方で、フラッグシップSUVのXC90に対し、セダンのS90、ステーションワゴンのV90でまず趣を大きく異にするのは、当然ながらまずはそのルックスということになる。

何だかボルボ車らしくなく、妙にスタイリッシュだな……と、S90とV90を目にしてそんな褒め言葉(?)が思い浮かんでしまうとしたら、恐らくそれは前輪位置が前に出されてフロントのオーバーハングが短く、ノーズもすらりと長いという、「FFレイアウトの持ち主らしからぬ伸びやかなプロポーション」が、ひとつの要因となっているに違いない。

ボディー骨格のみならず、エンジンやシャシー、さらには生産設備までを含めたすべての組織構造を一挙に改革するために、「スウェーデン史上で最大級の110億USドルを投資」というニュースは、まだ記憶に新しいところ。そして、その結果に生まれたひとつの結論が、「エンジンは4気筒(か、それ以下)のみ」というものだ。

こうなると、エンジンルーム周りも当然それに照準を合わせた、無駄のないパッケージングを構築できるという理屈だ。過大なオーバーハングを廃した“FR車のように伸びやかなプロポーション”は、見た目から判断できる新世代ボルボ車の証しでもあるわけだ。

すらりと長いノーズに短いフロントオーバーハングと、「S90」「V90」ともにFR車的なプロポーションを持つ。
すらりと長いノーズに短いフロントオーバーハングと、「S90」「V90」ともにFR車的なプロポーションを持つ。 拡大
インテリアの造形はシンプルでクリーン。いかにも“スカンジナビアン・デザイン”を感じさせるもの。
インテリアの造形はシンプルでクリーン。いかにも“スカンジナビアン・デザイン”を感じさせるもの。 拡大
シンプルでありながら、吟味した素材で贅(ぜい)を尽くした仕上がりは、何とも新鮮で魅力的だ。
シンプルでありながら、吟味した素材で贅(ぜい)を尽くした仕上がりは、何とも新鮮で魅力的だ。 拡大

ボルボらしさの再考

北欧の神話に描かれる雷神が手にする“トールハンマー”をモチーフとしたヘッドライトを、文字通りのアイキャッチャーとしたフロントマスクは、XC90以降に登場する最新ボルボ車に共通するアイコンだ。
ちなみに、最近それを採用したV40とすれ違った際には、まるで完全なニューモデルがやって来たのかと、その“フェイスリフト効果”の高さにビックリしたものでもある。

全長が5mに迫ろうというサイズの持ち主ならば、それも当然! と言われてしまうかもしれないが、S90の後席の居住性はやはり相当なものだし、コンビネーションランプのグラフィックなどからリアビューに「ボルボのワゴン」の雰囲気を強く残したV90では、視覚的な重心がグンと後ろ寄りとなったことで、またセダンとは異なった固有の雰囲気の持ち主に仕立てられているあたりがなかなかうまい演出だ。

そんなV90で、旧来のボルボVシリーズと大きく異なる考え方を示すのが、バックライト(リアウィンドウ)の強い前傾度だ。
理詰めに考えれば、そんな手法は当然、積載量を減少させてしまうもの。が、そこは「とことん積みたいのであればXC90を」という割り切りの判断が働いているに違いない。

こうして、これまでのボルボ車ではちょっとお目に掛かれなかった、自身の立ち位置までをも踏まえた巧みなマーケティングが感じられるところも、「なるほど、さすがは新世代」という印象なのである。

“トールハンマー”をモチーフにしたヘッドライト。
“トールハンマー”をモチーフにしたヘッドライト。 拡大
ゆったりとしたサイズのシートはボルボの良き伝統。
ゆったりとしたサイズのシートはボルボの良き伝統。 拡大
「S90」の後席。優れた居住性を誇る。
「S90」の後席。優れた居住性を誇る。 拡大
「V90」のサイドビュー。傾斜の強いリアウィンドウが印象的。
「V90」のサイドビュー。傾斜の強いリアウィンドウが印象的。 拡大

センターディスプレイの功罪

そして、そんなS90/V90のさらなる“見せ場”は――XC90での実績から、半ば予想が付いたものではあったが――そのインテリアにあった。

基本はシンプルでクリーンな、いかにも“スカンジナビアン・デザイン”を感じさせるものでありつつも、そこに贅(ぜい)を尽くした素材の吟味感や華やかさを加えた仕上がりは、何とも新鮮で魅力的だ。加えて、シートのゆったりとしたサイズ感やボディーカラー/インテリアカラーの豊富さが、ボルボ車の良き伝統だ。

一方、XC90に続いて採用された、大型のセンターディスプレイ内に表示されたさまざまなアイコンを操作するタッチ式のスイッチは、残念ながら必ずしも機能的とは言い難い印象。操作の完了まで目視が欠かせず、そもそも走行中は振動で指先をアイコンに“命中”させるのが困難になるこの方式は、「必ずしも自動車の操作系には向いていない」という印象を新たにせざるを得なかったからだ。

装備の増加や機能の多様化に伴って増え続けるスイッチの数を、「もうこのあたりで何とかしたい」というデザイナーの思いは理解ができる。が、事は安全性に直結する問題だ。

今回も、ライバルに先んじた多くのハイテクデバイスの採用などで、「安全」には一家言を持つボルボが、この点をブレークスルーできなかったのは残念。本来は、優れた視界を確保するためのアイテムであるドアミラーが、その取り付け位置と大きさのため、背後に大きな死角を生み出してしまう点も含めて、“視界”と“操作性”にはまだ課題を残すことになっている。

メーターは2眼式。左がスピードメーターで、右がタコメーター。
メーターは2眼式。左がスピードメーターで、右がタコメーター。 拡大
インパネの中央には、タッチパネル式の大型センターディスプレイが配置されている。
インパネの中央には、タッチパネル式の大型センターディスプレイが配置されている。 拡大
「XC90」と同様に、バウワース&ウィルキンス(B&W)のサウンドシステムが用意される。
「XC90」と同様に、バウワース&ウィルキンス(B&W)のサウンドシステムが用意される。 拡大
「V90」のラゲッジスペースを車両の前方から見る。荷室容量は560~1526リッター。
「V90」のラゲッジスペースを車両の前方から見る。荷室容量は560~1526リッター。 拡大

スカンジナビアの良心

試乗会場に用意されたS90/V90は、いずれも4WDシャシーと組み合わされた「T6」と「D5」グレード。ターボとメカニカルスーパーチャージャーの双方を備え、320psの最高出力を発する2リッターのガソリンエンジンを搭載する前者は主にS90で。また、最高出力235psを発するターボ付き2リッターのディーゼルエンジンを搭載する後者は、主にV90でテストドライブした。

まず、S90でのスタート直後に感じたのは、同じコンポーネンツを採用するXC90に対して、明確に静粛性が優れる印象だった。
エンジン音が静かというにとどまらず、ノイズ全般のマネジメントが、XC90よりも向上している。あえて高回転域まで引っ張れば、確かに“4気筒音”が耳に届く。が、そもそも8段ATとの組み合わせで0-100km/h加速のタイムが5.9秒という俊足ぶりゆえ、そんな音が気になるまで回す機会など、まずあり得ないのだ。

一方、そんな静かさではディーゼルのV90も「負けず劣らず」。
パワー値は劣ってもトルク値では逆転するD5グレードは、常用するエンジン回転域がT6よりも低いことが大きな美点。“スムーズで静かで、速くて、頭打ち感ナシ”となれば、「当初はガソリンから」という日本にも、ディーゼルの早期の導入を期待したくなるのは当然だ。

レベライザー機能を目的とした後輪への設定にとどまり、XC90のように4輪に向けての設定はないエアサスペンションだが、S90でもV90でも基本的な乗り味は「それ」をほうふつとさせる、ゆったりとしなやかな印象。
ただし、路面状況により、大きく煽(あお)られるようなシーンに遭遇すると、絶対的なサス・ストロークはさほどではない印象……というのは、実はやはりXC90と共通するものであったりもする。

決して“鈍い”わけではないものの、ステアリング操作に対してややおっとりとした応答感が得られるのは、最近妙に「敏捷さ」を売り物としたがる一部のドイツ発のモデルたちとは、異なる狙いどころが認められるもの。

そんな“ジャーマンスリー”を中心としたライバルたちをキャッチアップしつつ、故郷であるスカンジナビアの地に対する思いをしっかり詰め込んだ仕上がりを示すのがS90とV90。なるほどそれは、新世代ボルボ車に対する期待値に、しっかり応えてくれる実力の持ち主であるのだ。

(文=河村康彦/写真=ボルボ)

「S90 T6 AWD」の動力性能は、0-100km/h加速が5.9秒で、最高速は250km/h。
「S90 T6 AWD」の動力性能は、0-100km/h加速が5.9秒で、最高速は250km/h。 拡大
「S90 T6 AWD」の走りは、「XC90」と比較して静かなのが印象的だった。
「S90 T6 AWD」の走りは、「XC90」と比較して静かなのが印象的だった。 拡大
320psの最高出力を誇る、2リッター直4ターボ+スーパーチャージャーの「T6」ユニット。
320psの最高出力を誇る、2リッター直4ターボ+スーパーチャージャーの「T6」ユニット。 拡大
「V90 D5 AWD」の動力性能は、0-100km/h加速が7.2秒で、最高速は240km/h。
「V90 D5 AWD」の動力性能は、0-100km/h加速が7.2秒で、最高速は240km/h。 拡大
2リッター直4ディーゼルのD5ユニットは、常用するエンジン回転域がT6よりも低く、スムーズで静かなのが美点。
2リッター直4ディーゼルのD5ユニットは、常用するエンジン回転域がT6よりも低く、スムーズで静かなのが美点。 拡大
ボルボS90 T6 AWD
ボルボS90 T6 AWD 拡大
 
ボルボS90 T6 AWD/V90 D5 AWD【海外試乗記】の画像 拡大

テスト車のデータ

ボルボS90 T6 AWD

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4963×1890×1443mm
ホイールベース:2941mm
車重:--kg
駆動方式:4WD
エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ+スーパーチャージャー
トランスミッション:8段AT
最高出力:320ps(235kW)/5700rpm
最大トルク:40.8kgm(400Nm)/2200-5400rpm
タイヤ:(前)--/(後)--
燃費:7.2リッター/100km(約13.9km/リッター)(欧州複合サイクル)
価格:--円/テスト車=--円
オプション装備:--

テスト車の年式:2016年型
テスト開始時の走行距離:--km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
使用燃料:--リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:--km/リッター

ボルボV90 D5 AWD
ボルボV90 D5 AWD 拡大
 
ボルボS90 T6 AWD/V90 D5 AWD【海外試乗記】の画像 拡大

ボルボV90 D5 AWD

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4936×1890×1475mm
ホイールベース:2941mm
車重:--kg
駆動方式:4WD
エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ディーゼル ツインターボ
トランスミッション:8段AT
最高出力:235ps(173kW)/4000rpm
最大トルク:48.9kgm(480Nm)/1750-2250rpm
タイヤ:(前)--/(後)--
燃費:4.9リッター/100km(約20.4km/リッター)(欧州複合サイクル)
価格:--円/テスト車=--円
オプション装備:--

テスト車の年式:2016年型
テスト開始時の走行距離:--km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
使用燃料:--リッター(軽油)
参考燃費:--km/リッター