第128回:旧車修理工場を舞台にした日本のノワール
『ケンとカズ』

2016.07.29 エッセイ

低予算を映画愛がカバー

ハリウッドの超大作では、製作費に200億円以上かけることが珍しくない。人気俳優をキャスティングするには億単位のギャラが必要だし、派手なアクションを見せるためにCGに大金をかける。市場はグローバル化しているから、ヒットすれば莫大(ばくだい)な興行収入を得ることができる。中国マネーが投入され、製作費の高額化に拍車がかかる。コケると悲惨なことになるが、生き残るためにはリスクを取るしかない。

日本の映画製作の環境はまるで違う。市場は基本的に国内のみで、10億円も使えば堂々たる大作だ。日本の商業映画の製作費はアメリカの自主映画の半分しかないと、園子温監督がツイッターで嘆いていた。映画評論家の町山智浩によれば、日本映画の平均製作費では『マッド・マックス 怒りのデスロード』の3分間も作れないそうだ。劣悪な状況の中で、日本の映画監督は絶望的な戦いを強いられている。2011年に『監督失格』が絶賛された平野勝之は、その後5年もの長きにわたって新作を撮れず、家賃を払うのもままならない始末だった。

『ケンとカズ』も超低予算映画である。2014年にクラウドファンディングを行っているのだが、目標金額は50万円だった。監督自身が80万円を拠出していて、足りない分を補おうと考えたわけだ。集まったのは9万円。撮影だけで資金は尽き、編集には2年を費やすことになった。しかし、映画の質は金だけで決まるものではない。傑出した才能と映画愛が、見事な作品を生み出した。

(C)「ケンとカズ」製作委員会
(C)「ケンとカズ」製作委員会
 
第128回:旧車修理工場を舞台にした日本のノワール 『ケンとカズ』の画像
 
第128回:旧車修理工場を舞台にした日本のノワール 『ケンとカズ』の画像
 
第128回:旧車修理工場を舞台にした日本のノワール 『ケンとカズ』の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。