アウディR8 V10クーペ 5.2 FSIクワトロ(4WD/7AT)

完璧というより潔癖 2016.08.04 試乗記 より力強い5.2リッターV10エンジンや、新開発のクワトロ4WDドライブなどを得て、一段とダイナミックに生まれ変わった「アウディR8」。アウディのロードカー史上、最も強力な新型スーパースポーツは、同時にきわめて高度な技術に裏打ちされた、潔癖なまでのフラッグシップ・アウディでもあった。

軽いことのクオリティー

最初の数mどころか、ほんのひと転がりで、これは、と驚かされた。スッと軽く動き出す挙動が、実に滑らかでさりげない。“せーの”と反動をつけて前に出る感覚ではなく、武道や踊りなどその道の達人が予備動作をまったく見せずに瞬時に静から動へと移行する、あのような身のこなしに似ている。といってさまざまな部分を削ぎ落とした頼りなさとも無縁だ。余分なものをぎりぎりまで削って追求した軽量化は、時に粗さや頼りなさにつながるものだが、R8の軽さはそんなプリミティブなものではない。

これまでのアルミスペースフレームに加えCFRP(カーボンファイバー強化プラスチック)をセンタートンネルやバルクヘッドに使用し、さらに軽量高剛性のボディーを実現したという新型R8だが、実際の車重は1690kg(車検証値)と、5.2リッターV10の4WDスーパースポーツとしては比較的軽量ではあるものの、絶対的には軽くはない。それが滑らかに軽く動くのは、あらゆる可動部分が精密に作られているからに他ならない。アクセルペダルの動きにほんの少し渋さがあるだけで台無しになってしまうだろう。また全体の均整が取れているからこそ、ゆっくりとした挙動にも、美しさと緊張感がある。驚くほどイージーなだけでなく、恐ろしく上質で洗練されている。たとえば「A8」と比べても遜色ないと感じるほどだ。最高速320km/hを豪語する超高性能車が、歩むような速度でもスルリと走れることは、きわめて高度な技術の証拠である。フラッグシップ・スーパースポーツであるだけでなく、一番高価なアウディであることを嫌でも納得させられる。

新型は5.2リッターV10エンジン搭載車のみ。540psの「R8 V10」と、610psの「R8 V10プラス」の2機種がある。試乗車は前者。車両価格は2456万円。
新型は5.2リッターV10エンジン搭載車のみ。540psの「R8 V10」と、610psの「R8 V10プラス」の2機種がある。試乗車は前者。車両価格は2456万円。
試乗車は、オプションのレーザーハイビーム付きのLEDヘッドランプ装着車。上級の「R8 V10プラス」では標準装備となる。
試乗車は、オプションのレーザーハイビーム付きのLEDヘッドランプ装着車。上級の「R8 V10プラス」では標準装備となる。
「R8 V10」には120km/hで自動展開されるリアスポイラーが備わる。それに対し、「R8 V10プラス」には固定式のリアウイングが装着される。
「R8 V10」には120km/hで自動展開されるリアスポイラーが備わる。それに対し、「R8 V10プラス」には固定式のリアウイングが装着される。
新型のボディーストラクチャー(ASF)にはアルミに加えてCFRPが用いられている。単体重量は200kg。従来のASFより10kg軽い。
新型のボディーストラクチャー(ASF)にはアルミに加えてCFRPが用いられている。単体重量は200kg。従来のASFより10kg軽い。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

R8の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る