クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

アウディQ2 1.0 TFSI デザイン(FF/6MT)/Q2 1.4 TFSI COD スポーツ(FF/7AT)/Q2 2.0 TDIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)

軽く見えてマジメ 2016.08.05 試乗記 既存の「Q3」よりも一段とコンパクトな、アウディの新型クロスオーバー「Q2」にスイスで試乗。その走行性能、そして若者層をターゲットにしたという仕立ては、今後日本市場で支持されるであろう魅力にあふれるものだった。

1リッターモデルは要注目

デューベンドルフにある元スイス軍の飛行場。ゼロハリかリモワのスーツケースのようなシルバースチールの倉庫の中に、われわれが試乗するアウディQ2がずらりと置かれていた。壁にはポップなグラフィティーが描かれており、よく見ればそれは「Audi Q2」の車名であった。
早速クルマ乗り込むと、目の前には巨大なスクリーンが。程なく映像によるプレゼンテーションが始まり、FMチューナーからはその画像と合わせたスピーチが各国の言葉で流れてきた。クラブミュージックとまではいかないが、軽快でハイビートなインストと共に今回のチェックポイントが語られ、スマートにプレゼンテーションが終わる。同時に倉庫の扉が開き、まぶしい光が差し込んできた。

Q2は、アウディが新たに提案するスタイリッシュSUV。生産はその本拠地であるインゴルシュタットで行われ、「A3」と同じラインで組み上げられる。その構造はA3や「TT」と共用化されたMQBプラットフォームを使用し、立ち位置的には同じSUVであるQ3がファミリー層狙いであるのに対し、Q2はさらなる若年層を狙う。

エンジンにはTFSI/TDI共に3種類のバリエーションがあり、今回試乗したのは「2.0 TDIクワトロ スポーツ」と「1.4 TFSI COD スポーツ」、そして「1.0 TFSI デザイン」の3台。これを丸一日で交互に乗り換えたが、今回は最初に日本導入予定となる1.0 TFSIを中心にインプレッションをお伝えしようと思う。

とはいえ実際筆者がイチ推しするのも、1.0 TFSIだ。「A1」にも搭載される1リッターターボ(116ps)は、3気筒ながらも回した途端にアウディらしさを感じさせる、とても気持ち良いエンジンだからである。街中での低回転域を多用するシーンではターボの過給が素早くかかり、かつそれがスナッチせずに十分なトルクを引き出してくれる。

試乗会のプレゼンテーション会場に並んだ、色とりどりの「アウディQ2」。本国では、全12色のボディーカラーがラインナップされる。
試乗会のプレゼンテーション会場に並んだ、色とりどりの「アウディQ2」。本国では、全12色のボディーカラーがラインナップされる。 拡大
「ブレード」と呼ばれるCピラーのパネルは、ボディー同色が基本。グレードにより、アイスシルバー(写真)やマンハッタングレーの仕上げとなる。
「ブレード」と呼ばれるCピラーのパネルは、ボディー同色が基本。グレードにより、アイスシルバー(写真)やマンハッタングレーの仕上げとなる。 拡大
コックピットの様子。インストゥルメントパネルは運転席側に向けて角度がつけられている。メーターパネル全体にカーナビのマップが表示できる「バーチャルコックピット」やヘッドアップディスプレイも用意される。
コックピットの様子。インストゥルメントパネルは運転席側に向けて角度がつけられている。メーターパネル全体にカーナビのマップが表示できる「バーチャルコックピット」やヘッドアップディスプレイも用意される。 拡大
アウディの伝統にのっとって、ドアパネルとガラスエリアの比率は2:1になるようデザインされている。最低地上高は145mm。
アウディの伝統にのっとって、ドアパネルとガラスエリアの比率は2:1になるようデザインされている。最低地上高は145mm。 拡大
注目の記事PR
  • 「レンジローバー ヴェラール」に試乗。その走りはライバルと一線を画すものだった!
    「レンジローバー ヴェラール」に試乗。その走りはライバルと一線を画すものだった! レンジローバー特集
注目の記事一覧へ

流してよし、曲がってよし

今回、高速走行は130km/hが上限だったが、Q2はこれもバッチリこなした。エキゾーストマニホールドが短いターボゆえの排気干渉を多少は許しつつも、高回転になるにつれ「ヴーン!」と音色がそろうサウンドは、精密機械を回している実感にあふれており、小排気量エンジンながらまったく手抜きを感じさせない。レブリミットの6250rpmまでサージングせずにきっちりと回りきる、この“血の通わないロボタイズ感”こそが、アウディの個性である。

惜しいのは試乗車が6MTだったこと。そのタッチやシンクロナイザーの強さは素晴らしいのだが、小排気量の1リッターターボを回すには、いまひとつギア比が合ってなかった。特にワインディングの急な上り坂では、2速の立ち上がりにトルクのなさを感じた。これは完全に、高速巡航主体のヨーロッパ用ギア比だ。

とはいえ日本仕様はギアがひとつ多い乾式の7段Sトロニックが用意されるはずだから、筆者はあまり心配していない。ダウンサイジングが主流の現代で、クルマの動力性能はトランスミッションの協調性やレスポンス、ギア比が大きく影響する。逆に言うと、7段Sトロニック抜きでこれだけ気持ち良い走りができたのだから、早く日本仕様に乗ってみたい! と思えた。

215/55R17とエアボリュームがたっぷりとられた細身のタイヤを履いているのも良かった。フロントシートでの乗り心地はシッカリとしていて、ステアリングを切ればスィッとクルマが反応してくれる。Q2は全車に、微小舵角(だかく)ではギア比がスローだが切り込むとクイックになる「プログレッシブステアリング」が標準装備されているらしいが、それは、わざとらしさを感じさせない自然なハンドリングだった。

SUVでありながら、エアロダイナミクスにも配慮したとアピールされる「Q2」。空力性能を示すCd値は0.30と公表される。
SUVでありながら、エアロダイナミクスにも配慮したとアピールされる「Q2」。空力性能を示すCd値は0.30と公表される。 拡大
ガソリンターボエンジン「TFSI」は、1リッター、1.4リッター、2リッターの3タイプが用意される。このうち1.4リッターには、燃費性能を向上させる気筒休止システムが備わる。
ガソリンターボエンジン「TFSI」は、1リッター、1.4リッター、2リッターの3タイプが用意される。このうち1.4リッターには、燃費性能を向上させる気筒休止システムが備わる。 拡大
センターコンソールには、インフォテインメントシステムの操作デバイスが備わる。本国では、データ通信量無制限のインターネット接続が可能となる「Audi connect SIM」も提供される。
センターコンソールには、インフォテインメントシステムの操作デバイスが備わる。本国では、データ通信量無制限のインターネット接続が可能となる「Audi connect SIM」も提供される。 拡大
「Q2」全車には、切り込み量によってギア比が変化する「プログレッシブステアリング」が備わる。
「Q2」全車には、切り込み量によってギア比が変化する「プログレッシブステアリング」が備わる。 拡大

「1.4」は“若さ”があれば……

サスペンションのダンピングも非常にプレーンで乗り心地がよい。ただリアシートは乗員の視線を確保するためか座面が高く、革シートも、新車ゆえに“バネ感”が強かった。一応SUVだから荷物を満載し、4人乗車しないと最終判断はできないが、ベイビーと一緒にママが後ろに乗る場合は、ウィッシュボーン式リアサスペンションのQ3に軍配が上がると思う。ちなみにQ2のFFモデルはリアサスがトーションビーム式だが、クワトロモデルは4リンク式。ディーゼルターボで4WDを試したが、トラクション性能の優劣は、オンロードでは体感できなかった。ちなみにガソリンモデルは2.0 TFSIがクワトロとなる。

参考までにまだその動向が不明確な1.4 TFSIについても記したい。理由は、この1.4を試したことによってQ2の立ち位置がより明確になったと筆者は感じたからだ。

率直に言って、1.4 TFSI(FF)の走りは素晴らしかった。150psに高出力化されたことを踏まえタイヤは18インチとなっており、サスペンションの剛性も圧倒的に高い。ビタッと路面に吸い付く様はアウディならではのもので、新開発の7段Sトロニックはギア比も抜群。これに乗った瞬間「あぁ、1リッターはないわ……」的な考えが頭をよぎるのだが、ジックリ乗るにつけ、どうにも違和感が生じてきたのだ。

オクタゴン(八角形)のシングルフレームを軸に、サイドエアインレットにポリゴン(多角形)モチーフをあしらい、キャラクターラインをフェンダーアーチで大胆に切り、リアドアのハンドル部分にはペンタゴンのプレスを配したQ2。その狙いはユーザーの若返りにあり、ボディーを眺めるほどにその意図は強く伝わってくる。
しかし1.4 TFSIの乗り味はどっしりガッシリしており、またそのブラック基調でレザートリムされたインテリアや、上級モデルと同じ小径のパンチングレザーステアリングホイール、スポーティーなセミバケットシートを見るにつけ、ちっとも若々しくないのである。

高速道路を行く「Q2」。写真はディーゼルモデルで、日本市場への導入は、現時点では未定。
高速道路を行く「Q2」。写真はディーゼルモデルで、日本市場への導入は、現時点では未定。 拡大
フロントシート。視界のよさと乗り降りのしやすさに配慮しつつ、スポーツカーを思わせるスポーティーな乗り心地を実現したという。
フロントシート。視界のよさと乗り降りのしやすさに配慮しつつ、スポーツカーを思わせるスポーティーな乗り心地を実現したという。 拡大
アウディの象徴たる「シングルフレームグリル」。「Q2」では、8つのエッジを持つ直線的なデザインが採用されている。
アウディの象徴たる「シングルフレームグリル」。「Q2」では、8つのエッジを持つ直線的なデザインが採用されている。 拡大
荷室の幅は、最も狭くなるホイールアーチ間で1m以上を確保。容量は標準が405リッターで、後席の背もたれを倒すことにより最大1050リッターにまで拡大できる。(写真をクリックすると荷室のアレンジが見られます)
荷室の幅は、最も狭くなるホイールアーチ間で1m以上を確保。容量は標準が405リッターで、後席の背もたれを倒すことにより最大1050リッターにまで拡大できる。(写真をクリックすると荷室のアレンジが見られます) 拡大

MINIのライバルとして十分

対して1.0 TFSIはその乗り味からして軽やかでフレッシュ。トンネルに入るとブルーに光る(10色が選べるという)オプションの「LEDライティングパッケージング」はやり過ぎに思えたが、クラブカルチャーに親しんだ若者なら簡単になじむこともできるのだろう。
USBポートにiPhoneをつないで音楽を鳴らし、アウディコネクトでネット検索をして、メーターナセルに広がるバーチャルコックピットのナビを見ながら友達4人で目的地を目指す。若いからトーションビームの乗り心地なんてへっちゃらだ。

そんな使い方をするユーザーこそアウディのターゲットであり、それと同時にアウディがひそかに目指す“若返り”でもあると思うのだ。
アウディ自身は「このクラスのSUVはないから、Q2にはライバルはいない」と強気なことを言っていたが、そのライバルはガチでMINIだろう。そしてQ2は、それに十分対抗しうる魅力があると思えた。

だから上級志向の1.4 TFSIは、若返りたいオジサン、もしくは自分が若いと思ってるオジサンが乗ればいい。そういう意味で注文をつけるなら、Q2のインテリアには、もう少し簡素なクールさが必要だとも思った。もちろんA3と多くを共用することでコストが抑えられているのはわかるが、MINIのトグルスイッチやセンターメーターに勝てる工夫があってもよかったと思う。

いまさらながらアウディは、バカがつくほどまじめなメーカーだと思う。その彼らが若返りをめざし、懸命に出した答えがこのQ2だ。最後はセンスで「行っちゃえ!」するライバルたちとは違って、最後まで悪ノリを許さないその不器用さも筆者は好きである。価格も意欲的に、A3と同等の300万円前後を狙うというし、日本ではある種サチュレートした感のあるMINIに対して、Q2がカウンタービークルになってくれることを願う。
まぁ……カッコいいSUVに乗る若造を見るのは悔しいけど!

(文=山田弘樹/写真=アウディ)

インストゥルメントパネルやセンターコンソールをライトアップできるオプション「LEDライティングパッケージ」。10色の中から、好みのカラーに変えられる。(写真をクリックするとカラーバリエーションが見られます)
インストゥルメントパネルやセンターコンソールをライトアップできるオプション「LEDライティングパッケージ」。10色の中から、好みのカラーに変えられる。(写真をクリックするとカラーバリエーションが見られます) 拡大
多角形をテーマにデザインされたリアコンビランプ。ウインカーのランプは、光源が車体外側に移動するように見える「ダイナミックターンシグナル」が採用されている。
多角形をテーマにデザインされたリアコンビランプ。ウインカーのランプは、光源が車体外側に移動するように見える「ダイナミックターンシグナル」が採用されている。 拡大
リアシートの定員は3人。本国仕様車の場合、背もたれは標準で6:4の2分割式となる。オプションで4:2:4の3分割式とすることも可能。
リアシートの定員は3人。本国仕様車の場合、背もたれは標準で6:4の2分割式となる。オプションで4:2:4の3分割式とすることも可能。 拡大
欧州では、2016年秋にも発売される「アウディQ2」。日本でも、2017年の前半には販売される見込みとなっている。
欧州では、2016年秋にも発売される「アウディQ2」。日本でも、2017年の前半には販売される見込みとなっている。 拡大
アウディQ2 1.0 TFSI デザイン
アウディQ2 1.0 TFSI デザイン 拡大

テスト車のデータ

アウディQ2 1.0 TFSI デザイン

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4.19×1.79×1.51m
ホイールベース:2.6m
車重:1205kg
駆動方式:FF
エンジン:1リッター直3 DOHC 12バルブ ターボ 
トランスミッション:6段MT
最高出力:116ps(85kW)/5500rpm
最大トルク:20.4kgm(200Nm)/2000-3500rpm
タイヤ:(前)215/55R17/(後)215/55R17
燃費:--km/リッター
価格:--万円/テスト車=--万円
オプション装備:--

テスト車の年式:2016年型
テスト開始時の走行距離:--km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
使用燃料:--リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:--km/リッター

アウディQ2 1.4 TFSI COD スポーツ
アウディQ2 1.4 TFSI COD スポーツ 拡大

アウディQ2 1.4 TFSI COD スポーツ

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4.19×1.79×1.51m
ホイールベース:2.6m
車重:--kg
駆動方式:FF
エンジン:1.4リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ 
トランスミッション:7段AT
最高出力:150ps(110kW)/5000-6000rpm
最大トルク:25.5kgm(250Nm)/1500-3500rpm
タイヤ:(前)215/50R18/(後)215/50R18
燃費:5.4リッター/100km(約18.5km/リッター、欧州複合モード)
価格:--万円/テスト車=--万円
オプション装備:--

テスト車の年式:2016年型
テスト開始時の走行距離:--km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
使用燃料:--リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:--km/リッター

アウディQ2 2.0 TDIクワトロ スポーツ
アウディQ2 2.0 TDIクワトロ スポーツ 拡大

アウディQ2 2.0 TDIクワトロ スポーツ

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4.19×1.79×1.51m
ホイールベース:2.6m
車重:--kg
駆動方式:4WD
エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ 
トランスミッション:7段AT
最高出力:190ps(140kW)/--rpm
最大トルク:34.7kgm(340Nm)/1750-3300rpm
タイヤ:--
燃費:--km/リッター
価格:--万円/テスト車=--万円
オプション装備:--

テスト車の年式:2016年型
テスト開始時の走行距離:--km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
使用燃料:--リッター(軽油)
参考燃費:--km/リッター

関連キーワード:
Q2アウディ試乗記

あなたにおすすめの記事