アウディQ2 1.0 TFSI デザイン(FF/6MT)/Q2 1.4 TFSI COD スポーツ(FF/7AT)/Q2 2.0 TDIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)

軽く見えてマジメ 2016.08.05 試乗記 既存の「Q3」よりも一段とコンパクトな、アウディの新型クロスオーバー「Q2」にスイスで試乗。その走行性能、そして若者層をターゲットにしたという仕立ては、今後日本市場で支持されるであろう魅力にあふれるものだった。

1リッターモデルは要注目

デューベンドルフにある元スイス軍の飛行場。ゼロハリかリモワのスーツケースのようなシルバースチールの倉庫の中に、われわれが試乗するアウディQ2がずらりと置かれていた。壁にはポップなグラフィティーが描かれており、よく見ればそれは「Audi Q2」の車名であった。
早速クルマ乗り込むと、目の前には巨大なスクリーンが。程なく映像によるプレゼンテーションが始まり、FMチューナーからはその画像と合わせたスピーチが各国の言葉で流れてきた。クラブミュージックとまではいかないが、軽快でハイビートなインストと共に今回のチェックポイントが語られ、スマートにプレゼンテーションが終わる。同時に倉庫の扉が開き、まぶしい光が差し込んできた。

Q2は、アウディが新たに提案するスタイリッシュSUV。生産はその本拠地であるインゴルシュタットで行われ、「A3」と同じラインで組み上げられる。その構造はA3や「TT」と共用化されたMQBプラットフォームを使用し、立ち位置的には同じSUVであるQ3がファミリー層狙いであるのに対し、Q2はさらなる若年層を狙う。

エンジンにはTFSI/TDI共に3種類のバリエーションがあり、今回試乗したのは「2.0 TDIクワトロ スポーツ」と「1.4 TFSI COD スポーツ」、そして「1.0 TFSI デザイン」の3台。これを丸一日で交互に乗り換えたが、今回は最初に日本導入予定となる1.0 TFSIを中心にインプレッションをお伝えしようと思う。

とはいえ実際筆者がイチ推しするのも、1.0 TFSIだ。「A1」にも搭載される1リッターターボ(116ps)は、3気筒ながらも回した途端にアウディらしさを感じさせる、とても気持ち良いエンジンだからである。街中での低回転域を多用するシーンではターボの過給が素早くかかり、かつそれがスナッチせずに十分なトルクを引き出してくれる。

試乗会のプレゼンテーション会場に並んだ、色とりどりの「アウディQ2」。本国では、全12色のボディーカラーがラインナップされる。
試乗会のプレゼンテーション会場に並んだ、色とりどりの「アウディQ2」。本国では、全12色のボディーカラーがラインナップされる。
「ブレード」と呼ばれるCピラーのパネルは、ボディー同色が基本。グレードにより、アイスシルバー(写真)やマンハッタングレーの仕上げとなる。
「ブレード」と呼ばれるCピラーのパネルは、ボディー同色が基本。グレードにより、アイスシルバー(写真)やマンハッタングレーの仕上げとなる。
コックピットの様子。インストゥルメントパネルは運転席側に向けて角度がつけられている。メーターパネル全体にカーナビのマップが表示できる「バーチャルコックピット」やヘッドアップディスプレイも用意される。
コックピットの様子。インストゥルメントパネルは運転席側に向けて角度がつけられている。メーターパネル全体にカーナビのマップが表示できる「バーチャルコックピット」やヘッドアップディスプレイも用意される。
アウディの伝統にのっとって、ドアパネルとガラスエリアの比率は2:1になるようデザインされている。最低地上高は145mm。
アウディの伝統にのっとって、ドアパネルとガラスエリアの比率は2:1になるようデザインされている。最低地上高は145mm。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Q2の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る