スバル、AUTOMOBILE COUNCIL 2016の出展概要を発表

2016.08.01 自動車ニュース

「スバル1000」


	「スバル1000」

富士重工業は2016年7月29日、千葉・幕張メッセで開催される「AUTOMOBILE COUNCIL 2016(オートモビル カウンシル2016)」(開催期間:2016年8月5日~7日)の出展概要を発表した。

「EA52」型水平対向エンジン。
「EA52」型水平対向エンジン。
新型「インプレッサ」
新型「インプレッサ」

スバルは、今年が同社初の水平対向エンジン搭載車「スバル1000」の発売(1966年5月14日)から50年にあたることから、「ボクサーエンジン50周年」をテーマにブースを構成。スバルと水平対向エンジンの歴史を、車両とエンジンの双方の展示を通して紹介するとしている。

主な展示内容は以下の通り。
・スバル1000(スバル初の水平対向エンジン搭載車)
・新型インプレッサ(2016年秋に発売予定)
・栄エンジン(中島飛行機製 星形エンジン)
・EAエンジン(スバル1000に搭載した、スバル初の水平対向エンジン)
・FBエンジン(新型インプレッサに搭載予定、2リッター直噴NAエンジン)

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。