軽量化を徹底した「ロータス・エキシージ スポーツ350」登場

2016.08.01 自動車ニュース
「ロータス・エキシージ スポーツ350」
「ロータス・エキシージ スポーツ350」

ロータスの正規輸入元であるエルシーアイは2016年8月1日、「エキシージ スポーツ350」「エキシージ スポーツ350ロードスター」の販売を開始した。

 
軽量化を徹底した「ロータス・エキシージ スポーツ350」登場の画像
 
軽量化を徹底した「ロータス・エキシージ スポーツ350」登場の画像
 
軽量化を徹底した「ロータス・エキシージ スポーツ350」登場の画像
 
軽量化を徹底した「ロータス・エキシージ スポーツ350」登場の画像
 
軽量化を徹底した「ロータス・エキシージ スポーツ350」登場の画像
 
軽量化を徹底した「ロータス・エキシージ スポーツ350」登場の画像

■大幅な軽量化で動力性能を向上

エキシージ スポーツ350/エキシージ スポーツ350ロードスターは、「エキシージS」「エキシージSロードスター」の動力性能を高めた改良モデルである。

特に軽量化は従来モデル以上に徹底しており、エキシージSの全てのパーツを計量し、あらゆる面から再検討を行ったという。より軽量なバッテリーやエンジンマウントの採用、HVACパイプの軽量化、防音材の最適化と、その内容は多岐にわたり、クーペでは車両重量を従来モデルより51kg軽い1125kgに低減。ロードスターではさらに10kg軽い1115kgを実現している(ともにイギリス本国発表値)。

またトランスミッションの改良も図っており、6段MTについてはより正確ですばやいギアチェンジを可能にするとともに、オープンゲートタイプのセンターコンソールを採用することで軽量化も実現。一方、6段ATについてもギアチェンジの制御を最適化している。

さらに、足まわりでは硬めのダンパーを採用したり、ジオメトリーを変更したりといった改良を実施。外観ではグラステールゲートに代えて採用された軽量・高剛性のリアルーバー付きテールゲートが大きな特徴で、軽量化や低重心化に加え、エンジンベイの放熱性も改善しているという。

これらの改良により、エキシージ350はヘセルのテストコースにおいて1分29秒8というラップタイムを実現。同コースにおいてロータス車として初めて1分30秒を切るとともに、従来モデルのエキシージSから2.5秒タイムを短縮している。

両モデルの動力性能は以下の通り。

エキシージ350
・0-100km/h加速:3.9秒(MT)/3.8秒(AT)
・最高速:274km/h(MT)/261km/h(AT)

エキシージ350ロードスター
・0-100km/h加速:3.9秒(MT)/3.8秒(AT)
・最高速:233km/h(MT)/233km/h(AT)

このほかにも、エキシージ350ではインテリアのデザインも一部変更。「エレクトロニック・スタビリティ・プログラム(ESP)」における「スポーツ」および「レース」モードの選択を押しボタン式とし、ダッシュボード右端に、イグニッションスイッチなどと並べて配置した。また、新しいトリムパックとして、レッドおよびイエローのシートやドアパネルが特徴的な「タータンインテリア」を設定。オプションとしては、通常のものより5kg軽い軽量鍛造アルミホイールなども用意されており、全てを最軽量のオプションで組み合わせた場合、エキシージ スポーツ350の重量を1115kgに抑えることができるという。

ボディーカラーは「ソリッドイエロー」や「レーシンググリーン」など全10色(有償色含む)。標準仕様ではリアウイングやフロントアクセスパネル、ルーフパネル、ウイングミラー、リアトランサムはマットブラックだが、無料でボディーカラーと同色とすることもできる。

価格はクーペ、ロードスターともに972万円。ともに6段AT仕様は50万7600円高となっている。

(webCG)
 

関連キーワード:
エキシージロータス自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ロータス・エヴォーラ スポーツ410(MR/6MT)【試乗記】 2018.2.2 試乗記 従来モデルから最高出力がアップして車重はダウン。「ロータス・エヴォーラ」の新バージョン「スポーツ410」が日本に上陸。コーリン・チャップマンの理念「LESS MASS MEANS LOTUS」を体現したという新世代グランドツアラーを、箱根で試した。
  • ロータス・エキシージ スポーツ380(MR/6MT)【試乗記】 2018.2.1 試乗記 ロータスの製品群の中でも、より走りを突き詰めた「エキシージ」が“380”に進化。より強力になった3.5リッターV6スーパーチャージドエンジンと、さらなる軽量化が図られたボディー、それに合わせて最適化の図られた足まわりが織り成す走りに触れた。
  • マクラーレン570Sスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2018.2.7 試乗記 マクラーレンのエントリーレンジを担う「スポーツシリーズ」に、第4のモデル「570Sスパイダー」が登場。570psのV8ツインターボと開放的なオープンボディーが織り成す走りに加え、単なるエントリーモデルにはとどまらない走りの魅力をリポートする。
  • メルセデスAMG GT Cロードスター(FR/7AT)【試乗記】 2018.2.14 試乗記 「メルセデスAMG GT」のラインナップに新たに加わった「GT C」。シリーズで最もどう猛な「GT R」と、スポーティーな「GT S」の間に投じられた“微妙な立ち位置の豪華仕様”などと高をくくってはいけない! 「ロードスター」に試乗した。
  • マツダCX-8 XDプロアクティブ(6人乗り)(FF/6AT)【試乗記】 2018.2.15 試乗記 マツダが新たに開発した3列シートのSUV「CX-8」は、ミニバンに代わる選択肢になり得るか? ドライバーとその家族の目線で試乗してみると、このクルマならではの持ち味が見えてきた。
ホームへ戻る