レースのDNAを継ぐアストンマーティン、「ヴァンテージGT8」が上陸

2016.08.02 自動車ニュース
「アストンマーティン・ヴァンテージGT8」
「アストンマーティン・ヴァンテージGT8」

アストンマーティン・ジャパンは2016年8月2日、150台限定で生産される高性能モデル「ヴァンテージGT8」を国内で初公開した。

 
レースのDNAを継ぐアストンマーティン、「ヴァンテージGT8」が上陸の画像
スエード調の表皮で覆われたインテリア。
スエード調の表皮で覆われたインテリア。
軽量なマグネシウム製のホイール。オプションとして提供される。
軽量なマグネシウム製のホイール。オプションとして提供される。
自然吸気の4.7リッターV8エンジン。最高出力446ps(予測値)を発生する。
自然吸気の4.7リッターV8エンジン。最高出力446ps(予測値)を発生する。
この日披露されたもう一台の限定車「ヴァンキッシュ ザガート」(写真奥)とのツーショット。
この日披露されたもう一台の限定車「ヴァンキッシュ ザガート」(写真奥)とのツーショット。

■軽さと空力性能が武器

ヴァンテージGT8は、「V8ヴァンテージ」をベースとするFIA世界耐久選手権(WEC)用マシン「V8ヴァンテージGTE」の技術が生かされた高性能モデル。主に軽量化とエアロダイナミクスの向上を図ることで、動力性能が高められている。

ボディーは標準車よりもワイド化されており、カーボンファイバー製のフロントスプリッターやフロント/リアバンパー、フェンダー、サイドシル、リアディフューザーを採用。フロントのホイールアーチにはレーシングカーをほうふつとさせるカットアウェイ処理が施される。
さらにオプションとして、大型のリアウイングとフロントスプリッターコーナーエレメントで構成される「エアロパック」も用意。車重を削減するためにリチウムイオンバッテリーが採用されるほか、カーボンファイバールーフ、ポリカーボネート製のリアウインドスクリーンおよびリアサイドウィンドウ、センター出しのチタンエキゾーストシステムなどの軽量化オプションも用意される。

シートは、マニュアル調節式の軽量なカーボンファイバー製スポーツシートを採用。一方で、エアコンディショナーや160Wのオーディオシステム、AMi III インフォテインメントシステムなどは標準装備される。

4.7リッターV8エンジンは「ヴァンテージS」や「N430」を上回る最高出力446ps(予測値)を発生。トランスミッションは6段MTのほか、AT走行を可能とする「スポーツシフトII」が選べる。

ホイールは、標準の5スポークアロイホイールに加えて、オプションとして軽量なセンターロック式の7本スポークマグネシウムホイールもラインナップ。タイヤは「ミシュラン・パイロットスポーツ カップ2」が組み合わされる。

日本での価格は、MT車が2770万円で、スポーツシフトII搭載車が2827万2400円。国内では、後者のみ4台のオーダーがあり、年内にはオーナーの元に届けられる。なお、限定150台は完売とのこと。

(webCG)

→「ヴァンテージGT8」のフォトギャラリーはこちら

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティンDB11ローンチエディション(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.15 試乗記 アストンマーティン伝統の、「DB」の2文字を車名に冠したニューモデル「DB11」。端々に伝統を感じさせるデザインで、新開発の5.2リッターV12ツインターボエンジンと先進のエアロダイナミクスを包んだ新世代アストンの実力を試す。
  • アストンマーティンの新型スポーツカー、欧州でスパイショット公開 2017.8.3 自動車ニュース 欧州で、アストンマーティンのスポーツカー「ヴァンテージ」の後継モデルとされる新型車のスパイショットが公開された。「ヴァンテージ」の後継モデルは2017年の暮れに発表される予定で、AMG製のエンジンが搭載される可能性がある。
  • フェラーリ812スーパーファスト(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.8.1 試乗記 車名の「812」とは“800psの12気筒”の意。FRのロードゴーイング・フェラーリとしては、史上最強かつ最速を掲げる「812スーパーファスト」。その実力をフェラーリのホームグラウンド、フィオラーノ・サーキットで解き放った。
  • アストンマーティン、2017年モデルの概要を発表 2016.5.31 自動車ニュース アストンマーティンが日本で販売する各ラインナップの2017年モデルを発表した。ラインナップにおける大きな変更としては、「V8ヴァンテージ」シリーズの車種を高性能版の「V8ヴァンテージS」に統合。「DB11」の登場に伴い、「DB9」の車種も整理されている。
  • 第53回:カーマニア、堕落の選択 2017.8.8 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第53回は「カーマニア、堕落の選択」。5年後に還暦を迎える筆者が、次なる“牛丼車”として狙いを定めたのは、「BMW 320d」。その、安全性能は十分か否か? 「3シリーズ」の自動ブレーキとACCの進化の変遷に迫る。
ホームへ戻る