第359回:ラグジュアリーでスポーティー
新型「パナメーラ」の詳細をドイツからリポート

2016.08.04 エディターから一言
新型「ポルシェ・パナメーラ ターボ」
新型「ポルシェ・パナメーラ ターボ」 拡大

いよいよ発表された新型「ポルシェ・パナメーラ」。本国ドイツで開催されたワークショップの会場から、「ケイマンGT4」をも超える動力性能を持つというニューモデルの第一印象を報告する。

ベルリンで行われた発表会において、プレゼンテーションを行う独ポルシェのオリバー・ブルーメ社長。
ベルリンで行われた発表会において、プレゼンテーションを行う独ポルシェのオリバー・ブルーメ社長。 拡大
新型「パナメーラ」のボディー素材は、箇所に応じてスチールとアルミが使い分けられている。
新型「パナメーラ」のボディー素材は、箇所に応じてスチールとアルミが使い分けられている。 拡大
新型「パナメーラ4S」
新型「パナメーラ4S」 拡大
新型「パナメーラ4Sディーゼル」
新型「パナメーラ4Sディーゼル」 拡大

新開発のプラットフォーム「MSB」を採用

去る6月にベルリンで発表され、7月末からは日本での予約受注も開始された新型パナメーラ。その全容をつぶさにチェックするべく、早速ドイツへと飛んだ。といっても、実は今回の対面での試乗は、残念ながらパッセンジャーシートからのみ。今後に予定されている国際試乗会を前に、その予習ともいうべきワークショップが開催されたのだ。

ポルシェ自らが「コンフォート性に富んだラグジュアリーセダンと、純血スポーツカーを融合させた」と紹介する2代目パナメーラのボディーは、フォルクスワーゲン・グループ内にあってポルシェが開発を主導した「MSB」と呼ばれるモジュラー式の新骨格。軽さと強靱(きょうじん)さの両立を目指して開発されたそれは、すでに従来型でアルミ化されていた部位に加え、ルーフパネルやリアフェンダーを含むサイドパネルまでをアルミ化した構造へと進化した。

ボディーサイズは全長が34mm、全幅が6mm、全高が5mmとわずかずつ拡大され、ホイールベースは30mm延長された。が、そうした数値以上にスリークで低く見えるのは、前輪位置がより前に移動し、フロントのオーバーハングが短縮された一方で、リアのオーバーハングは大きくなって、結果ロングノーズ感がより強調された……と、そんなプロポーションの変化の影響が大きそうだ。

従来型よりもルーフ後端の位置が20mm下方に移動し、ポルシェが“フライライン”と呼ぶ「911」に端を発するルーフの後ろ下がり形状はより鮮明に。キャビン後方が左右から強く絞られ、リアフェンダー周りが大胆なフレア形状となるので、なるほどちょっと離れた後方から眺めると、911とみまごうばかりのルックスだ。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ・パナメーラ(FR/8AT)【試乗記】 2017.9.14 試乗記 「ポルシェ・パナメーラ」のベーシックモデルに試乗。とかくパワーとスピードで語られがちな高性能サルーンの世界ではあるが、“素”のパナメーラを見くびってはいけない! そこには他のグレードでは味わえない、独自のバランスがあったからだ。
  • スバルWRX STIタイプRA-R(4WD/6MT)【試乗記】 2018.7.25 試乗記 スバルテクニカインターナショナル(STI)の創立30周年を記念したコンプリートカー「スバルWRX STIタイプRA-R」。“要らないものはそぎ落とす”という古式ゆかしき方法で調律された限定モデルの実力を、クローズドコースで試した。
  • 日本が生んだ孤高のサルーン
    新型「センチュリー」はここがすごい!
    2018.8.10 デイリーコラム 2018年7月、3代目となる新型「トヨタ・センチュリー」の車両説明会が開かれた。脈々と作られてきた国内専用ショーファードリブンカーの、ほかの高級車では得がたい魅力とは何か? 試乗した印象も含めてリポートする。
  • ボルボXC60 D4 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.5 試乗記 ガソリンエンジン車の発売から半年、ようやく上陸した「ボルボXC60」のクリーンディーゼル搭載車に試乗。その見どころは、燃費と力強さだけにあらず。ガソリン車よりもさらに心地いいクルマに仕上がっていた。
  • ポルシェ・カイエン/カイエンS/カイエン ターボ【海外試乗記】 2017.12.8 試乗記 新型「ポルシェ・カイエン」に試乗。車体の軽量化に始まり、車載機器のデジタル化やパワーユニットの強化など、全方位的な進化を遂げた“3代目”の出来栄えやいかに!? ギリシャ・クレタ島からのリポート。
ホームへ戻る