「レクサスRX」の“Fスポーツ”にFF車が登場

2016.08.03 自動車ニュース
「レクサスRX200t“Fスポーツ”」のFF車。ボディーカラーは新色の「ヒートブルーコントラストレイヤリング」。
「レクサスRX200t“Fスポーツ”」のFF車。ボディーカラーは新色の「ヒートブルーコントラストレイヤリング」。

トヨタ自動車は2016年8月3日、レクサスのSUV「RX」の“Fスポーツ”にFF車を追加し、販売を開始した。

 
「レクサスRX」の“Fスポーツ”にFF車が登場の画像

レクサスの“Fスポーツ”は、専用チューニングの足まわりや他のモデルとは異なる内外装の意匠を特徴とするスポーティーグレードである。これまでは「200t“Fスポーツ”」「450h“Fスポーツ”」ともに4WD車のみの設定だったが、今回新たにFF車が追加されることとなった。

また外装色の設定についても変更しており、今回“Fスポーツ”の専用色として「ヒートブルーコントラストレイヤリング」を新採用。同色は2014年に登場した「RC F」から導入を進めているもので、1500度以上の高温時の青白い炎をイメージしているという。

価格は、200t“Fスポーツ”のFF車が579万円、450h“Fスポーツ”のFF車が716万5000円。ともに4WD車の26万円安となる。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

RXの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • レクサスRX200t“Fスポーツ”(4WD/6AT)【試乗記】 2016.2.1 試乗記 内外装の刷新だけでなく、走りの質感向上を大きなセリングポイントに掲げる、新型「レクサスRX」。その実力を、2リッターターボエンジンを搭載するスポーティーグレードで試した。
  • 「レクサスNX」にブラックで引き締めた特別仕様車 2016.11.24 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月24日、レクサスブランドのコンパクトSUV「NX」に特別仕様車「Urban Style」を設定し、販売を開始した。「Iパッケージ」グレードをベースに、ブラック塗装のスピンドルグリル、ドアミラー、アルミホイールが採用されている。
  • レクサスRX450h“バージョンL”(4WD/CVT)/RX200t“Fスポーツ”(4WD/6AT)【レビュー】 2015.11.13 試乗記 北米での販売の約30%を占めるなど、レクサスの世界戦略を支えるミドルサイズSUV「RX」がフルモデルチェンジ。「RXでありながら、RXであることを超えていく」というコンセプトのもとに開発された新型は目標を達成できたのか? その実力をリポートする。
  • 第24回 300万円は出せません!! 2017.1.10 エッセイ 清水草一の話題の連載。第24回は「300万円は出せません!!」。新春から新テーマに突入。ヨーロッパでディーゼル車の魅力にハマった筆者が、日本で買えるお手ごろ価格のモデルを次々と斬る! 果たして、カーマニアの眼鏡にかなうのは? 
  • 日産ノートe-POWER メダリスト(FF)【試乗記】 2017.1.11 試乗記 日産が、満を持して投入したシリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」。コンパクトカー「ノート」の好調を支える新しいパワープラントの実力を、最上級グレード「e-POWER メダリスト」の試乗を通して確かめた。
ホームへ戻る