「レクサスRX」の“Fスポーツ”にFF車が登場

2016.08.03 自動車ニュース
「レクサスRX200t“Fスポーツ”」のFF車。ボディーカラーは新色の「ヒートブルーコントラストレイヤリング」。
「レクサスRX200t“Fスポーツ”」のFF車。ボディーカラーは新色の「ヒートブルーコントラストレイヤリング」。 拡大

トヨタ自動車は2016年8月3日、レクサスのSUV「RX」の“Fスポーツ”にFF車を追加し、販売を開始した。

レクサスの“Fスポーツ”は、専用チューニングの足まわりや他のモデルとは異なる内外装の意匠を特徴とするスポーティーグレードである。これまでは「200t“Fスポーツ”」「450h“Fスポーツ”」ともに4WD車のみの設定だったが、今回新たにFF車が追加されることとなった。

また外装色の設定についても変更しており、今回“Fスポーツ”の専用色として「ヒートブルーコントラストレイヤリング」を新採用。同色は2014年に登場した「RC F」から導入を進めているもので、1500度以上の高温時の青白い炎をイメージしているという。

価格は、200t“Fスポーツ”のFF車が579万円、450h“Fスポーツ”のFF車が716万5000円。ともに4WD車の26万円安となる。

(webCG)

関連キーワード:
RXレクサス自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスRX450hL(4WD/CVT)【試乗記】 2018.4.3 試乗記 「レクサスRX」のラインナップに加わった「RX450hL」。全長を延長して、3列シートレイアウトを採用した新たなフラッグシップモデルは、ラグジュアリーSUVの分野にいかなる価値を創出したのだろうか。都市部での試乗を通じてじっくり考えた。
  • レクサスRX450hL/NX300“Fスポーツ”/CT200h“バージョンL”【試乗記】 2018.2.20 試乗記 電動格納式サードシートを採用した、7人乗りのロングバージョン「RX450hL」が登場。レクサスブランドを支えるSUVモデル、そのアドバンテージとは? 昨年登場した「NX」「CT200h」のマイナーチェンジモデルとともにリポートする。
  • レクサスRX200t“Fスポーツ”(4WD/6AT)【試乗記】 2016.2.1 試乗記 内外装の刷新だけでなく、走りの質感向上を大きなセリングポイントに掲げる、新型「レクサスRX」。その実力を、2リッターターボエンジンを搭載するスポーティーグレードで試した。
  • レクサスES300h(FF/CVT)【海外試乗記】 2018.6.21 試乗記 1989年にデビューしながら日本未導入だった「レクサスES」。7代目となって、2018年秋からようやく日本でも販売されるようになる。レクサスの主力モデルは、ハイレベルなクオリティーと快適性を持つ優等生タイプの中型FFサルーンに仕上がっていた。
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
ホームへ戻る