メルセデス・ベンツSLC180スポーツ(FR/9AT)

やんちゃな末っ子 2016.08.11 試乗記 メルセデス・ベンツがラインナップするオープンモデルの“末っ子”が「SLC」。新設定の1.6リッターターボエンジンを積んだ「SLC180スポーツ」に試乗し、マイナーチェンジとともに新しい名前を冠することとなった、同車の実力を確かめた。

“前の名前”はなんだっけ?

メルセデス・ベンツのモデル名の整理が進んだので、編集部から「メルセデス・ベンツSLC180スポーツに乗っていただきます」というメールをもらった時、一瞬、SLCってどんなモデルだっけと首をひねった。そうだ、SLCは元「SLK」だ。
メルセデスのロードスターを表す「SL」と、「Cクラス」相当の車格を表す「C」を組み合わせたのがSLC。銀行や政党の再編が進んだ時期に、「りそな銀行(あるいは日本新党)ってもともとはなんだっけ?」と思ったのに似ている。

2016年初夏に導入されたSLCは、3代目SLKのビッグマイナーチェンジ版。試乗前にあれこれ予想するのもこういう仕事の楽しみのひとつ。あれやこれや想像してみる。
SLKというモデルは代々、カッティングエッジな走りよりも、スポーティーさと優雅さがバランスしたスポーツカーだった。SLCも、さらに洗練されたスポーツカーに仕上がっていると予想する。

モデル名に「C」とあるように、SLCは同社のCクラスの系列にある。開発時期が異なるし、現行Cクラスのホイールベースは2840mm、一方SLCが2430mmだから、もちろん性質は異なるだろう。けれどもここ最近のCクラスのドライブフィールがどんどん上質になっているという傾向は、SLCにも引き継がれていると想像する。

と、あれやこれや考えながら集合場所に赴くと、ちょうど編集部のスタッフがSLC180スポーツのフロントマスクを撮影しているところだった。男っぽくなった、と感じたのはフロントのエアダム開口部が大きくなっているからだ。

インテリアは最近のメルセデス・ベンツのテイストで、色使いはシンプルでありながら、造形に凝ることで華やかさを演出している。渋ハデという言葉が頭に浮かぶ。高級感とスポーティーさがうまくブレンドした、なかなかかっちょいい内装だ。
ここで、メルセデス・ベンツSLC180スポーツが搭載する、最高出力156psの1.6リッター直列4気筒直噴ターボエンジンを始動する。

メルセデス・ベンツの小型オープンスポーツモデルである「SLC」。3代目「SLK」の進化版にあたり、2016年6月の改良に伴い、現在の車名となった。
メルセデス・ベンツの小型オープンスポーツモデルである「SLC」。3代目「SLK」の進化版にあたり、2016年6月の改良に伴い、現在の車名となった。
スイッチ一つで開閉する「バリオルーフ」。車速40km/h以下なら、走行中でも屋根を開閉できる。(写真をクリックすると、ルーフの開く様子が見られます)
スイッチ一つで開閉する「バリオルーフ」。車速40km/h以下なら、走行中でも屋根を開閉できる。(写真をクリックすると、ルーフの開く様子が見られます)
内装色はブラックのみ。装飾パネルはグレードによって異なり「180」と「180スポーツ」にはブラッシュドアルミニウムトリムが用いられる。
内装色はブラックのみ。装飾パネルはグレードによって異なり「180」と「180スポーツ」にはブラッシュドアルミニウムトリムが用いられる。
「SLC180スポーツ」に装備される本革シート。メモリー機能付きの電動調整機構が備わる。
「SLC180スポーツ」に装備される本革シート。メモリー機能付きの電動調整機構が備わる。
テールゲートに装着された「SLC180」のバッジ。
テールゲートに装着された「SLC180」のバッジ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
  • メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.11.28 試乗記 メルセデス・ベンツのトップエンドモデルに、44年ぶりとなる「カブリオレ」が復活。ぜいたくなオープン4シーターが実現する世界とは……? パワフルな5.5リッターV8ツインターボを積む「メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ」で確かめた。
  • メルセデス・ベンツC180クーペ スポーツ+(FR/7AT)【試乗記】 2016.4.27 試乗記 セダン、ステーションワゴンの2モデルに続いて、現行型「メルセデス・ベンツCクラス」の2ドアクーペが日本に上陸。その上級グレードにあたる「C180クーペ スポーツ+」に試乗し、出来栄えを確かめた。
  • レクサスLS 2017.1.10 画像・写真 レクサスが、デトロイトショーで5代目となる新型「LS」を世界初公開した。新世代プラットフォーム「GA-L」や自動操舵機能つきプリクラッシュセーフティーなど、先進技術が採用されたフラッグシップセダンの姿を写真で紹介する。
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
ホームへ戻る