「谷口信輝の新車試乗」――マクラーレン570Sクーペ(前編)

2016.08.04 mobileCG
 
「谷口信輝の新車試乗」――マクラーレン570Sクーペ(前編)の画像

「谷口信輝の新車試乗」――マクラーレン570Sクーペ(前編)

SUPER GTや86/BRZ Raceなど、数々のモータースポーツシーンで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回の試乗車は「マクラーレン570Sクーペ」である。570psの3.8リッターV8ツインターボユニットを搭載するマクラーレンのスーパースポーツカーに、谷口が果敢に挑む!

 
「谷口信輝の新車試乗」――マクラーレン570Sクーペ(前編)の画像
 
「谷口信輝の新車試乗」――マクラーレン570Sクーペ(前編)の画像
 
「谷口信輝の新車試乗」――マクラーレン570Sクーペ(前編)の画像
 
「谷口信輝の新車試乗」――マクラーレン570Sクーペ(前編)の画像

■恐ろしいほどのトラクション性能

「ウワッ、すごい速い! まるでオートバイみたいですね!!」
マクラーレン570Sでドライの箱根を存分に攻めながら、谷口信輝の口からそんな言葉がこぼれ出てきた。

「これ、まだキャビンのなかにいるから速度感は抑えられているはずなのに、それでもオートバイ並みの速さを感じるってすごいですよね。え? これターボエンジンなの? なんかそんな感じが全然しない。音もターボぽくないし……。それにこれ、後輪駆動でしょ? それなのに、ものすごいエンジンパワーを1ミリも無駄にしないで路面に伝えている。恐ろしいくらいのトラクション性能ですね」

マクラーレンのなかでは最も低廉な価格帯(といっても「540C」の2188万円がスターティングプライス)のスポーツシリーズに属する570Sは、同社自慢のカーボンモノコックをさらに進化させたモノセルIIシャシーに最高出力570psの3.8リッターV8ツインターボエンジンを搭載し、7段DCTを介して後輪を駆動するスーパースポーツカー。1313kgという軽量ボディーのためもあって、0-100km/h加速は3.2秒、最高速度は328km/hと、谷口の指摘どおりオートバイ並みのパフォーマンスを誇る。(続く)

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

(語り=谷口信輝/まとめ=大谷達也<Little Wing>/写真=小林俊樹)

 【mobileCGへのアクセス方法】

◇スマートフォンをお使いの方◇

「QRコード」読み取り機能搭載機種をお持ちの方はこちらからアクセスできます。
「mobileCG」「webCG」を検索いただいてもアクセスできます。

http://www.webcg.net

 

◇従来のケータイ版「mobileCG」はこちらから◇

「QRコード」からアクセスできます。

docomo:iMENU→メニュー/検索 → 趣味/娯楽 → クルマ/バイク → カーグラフィック
au:EZトップメニュー → カテゴリで探す → スポーツ・レジャー → 車・バイク→モバイルカーグラフィック
SoftBank:Yahoo!ケータイ → メニューリスト → 趣味・レジャー → クルマ・バイク → カーグラフィック

 

関連キーワード:
570Sマクラーレン

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マクラーレン720S(MR/7AT)【海外試乗記】 2017.8.2 試乗記 マクラーレンロードカーの中核をなすスーパーシリーズ、その最新作である「720S」にイタリアで試乗。新しいシャシーと4リッターまで拡大されたV8ターボエンジンがもたらす走りは、ピュアなスポーツドライビングの歓びに満ちていた。
  • マクラーレン570GT(MR/7AT)【試乗記】 2017.7.11 試乗記 マクラーレン・スポーツシリーズの第3弾となる「570GT」のコンセプトは、日常的な使いやすさと快適性の改善にある。その狙い通り、570GTは毎日乗りたくなるスーパーカーに仕上がっていたのだろうか。それとも……? 雨の箱根で試乗した。
  • マクラーレン540Cクーペ(MR/7AT)【試乗記】 2016.9.5 試乗記 マクラーレンの最新モデルにして、そのラインナップにおけるエントリーモデルの役割を担う「540C」。フェラーリともランボルギーニとも、ポルシェとも一味ちがう、英国のスポーツカーならではのドライブフィールに触れた。
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.8 試乗記 伝説的なフランスのコンパクトスポーツ「アルピーヌA110」が、40年の時を経て復活。アルミボディーに直噴ターボエンジンと、モダンな技術が惜しみなく用いられた新型は、同時に往年のアルピーヌに通じるテイストを持つ一台に仕上がっていた。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア クアドリフォリオ(FR/8AT)【試乗記】 2017.12.22 試乗記 新型「ジュリア」はアルファ・ロメオの復活を印象付ける力作だ。ドライバーズシートに収まり、久しぶりのFRシャシーを操ると、かつて馴染(なじ)んだあの感覚がよみがえる。まるで悪友に再会したような気分だ。510psを誇る「クアドリフォリオ」に試乗した。
ホームへ戻る