「谷口信輝の新車試乗」――マクラーレン570Sクーペ(前編)

2016.08.04 mobileCG
 
「谷口信輝の新車試乗」――マクラーレン570Sクーペ(前編)の画像

「谷口信輝の新車試乗」――マクラーレン570Sクーペ(前編)

SUPER GTや86/BRZ Raceなど、数々のモータースポーツシーンで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回の試乗車は「マクラーレン570Sクーペ」である。570psの3.8リッターV8ツインターボユニットを搭載するマクラーレンのスーパースポーツカーに、谷口が果敢に挑む!

 
「谷口信輝の新車試乗」――マクラーレン570Sクーペ(前編)の画像
 
「谷口信輝の新車試乗」――マクラーレン570Sクーペ(前編)の画像
 
「谷口信輝の新車試乗」――マクラーレン570Sクーペ(前編)の画像
 
「谷口信輝の新車試乗」――マクラーレン570Sクーペ(前編)の画像

■恐ろしいほどのトラクション性能

「ウワッ、すごい速い! まるでオートバイみたいですね!!」
マクラーレン570Sでドライの箱根を存分に攻めながら、谷口信輝の口からそんな言葉がこぼれ出てきた。

「これ、まだキャビンのなかにいるから速度感は抑えられているはずなのに、それでもオートバイ並みの速さを感じるってすごいですよね。え? これターボエンジンなの? なんかそんな感じが全然しない。音もターボぽくないし……。それにこれ、後輪駆動でしょ? それなのに、ものすごいエンジンパワーを1ミリも無駄にしないで路面に伝えている。恐ろしいくらいのトラクション性能ですね」

マクラーレンのなかでは最も低廉な価格帯(といっても「540C」の2188万円がスターティングプライス)のスポーツシリーズに属する570Sは、同社自慢のカーボンモノコックをさらに進化させたモノセルIIシャシーに最高出力570psの3.8リッターV8ツインターボエンジンを搭載し、7段DCTを介して後輪を駆動するスーパースポーツカー。1313kgという軽量ボディーのためもあって、0-100km/h加速は3.2秒、最高速度は328km/hと、谷口の指摘どおりオートバイ並みのパフォーマンスを誇る。(続く)

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

(語り=谷口信輝/まとめ=大谷達也<Little Wing>/写真=小林俊樹)

 【mobileCGへのアクセス方法】

◇スマートフォンをお使いの方◇

「QRコード」読み取り機能搭載機種をお持ちの方はこちらからアクセスできます。
「mobileCG」「webCG」を検索いただいてもアクセスできます。

http://www.webcg.net

 

◇従来のケータイ版「mobileCG」はこちらから◇

「QRコード」からアクセスできます。

docomo:iMENU→メニュー/検索 → 趣味/娯楽 → クルマ/バイク → カーグラフィック
au:EZトップメニュー → カテゴリで探す → スポーツ・レジャー → 車・バイク→モバイルカーグラフィック
SoftBank:Yahoo!ケータイ → メニューリスト → 趣味・レジャー → クルマ・バイク → カーグラフィック

 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マクラーレン540Cクーペ(MR/7AT)【試乗記】 2016.9.5 試乗記 マクラーレンの最新モデルにして、そのラインナップにおけるエントリーモデルの役割を担う「540C」。フェラーリともランボルギーニとも、ポルシェとも一味ちがう、英国のスポーツカーならではのドライブフィールに触れた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTIクラブスポーツ ストリートエディション(FF/6AT)【試乗記】 2016.9.8 試乗記 「GTI」シリーズの誕生40周年を祝う限定モデル「フォルクスワーゲン・ゴルフGTIクラブスポーツ」に、第2弾となる「ストリートエディション」が登場。エンジンやドライブトレインなど、各所に施された独自のチューニングが織り成す走りを試した。
  • 第44回:巨乳にも限度がある 2017.6.6 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第44回は「巨乳にも限度がある」。「一生乗る!」との決意とともに2580万円で購入した「フェラーリ458イタリア」、筆者がその“お宝”を手放したワケとは? 進化しすぎたスーパーカーにモノ申す。
  • 第45回:スターの幸福感 2017.6.13 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第45回は「スターの幸福感」。“巨乳”の「フェラーリ458イタリア」を手放し、“ステキなCカップ”「フェラーリ328GTS」を手に入れた筆者。新入りの赤いフェラーリがもたらしたヨロコビとは? 
  • レクサスLC500h(FR/CVT)【試乗記】 2017.6.8 試乗記 「レクサスLC」の真価が流麗なスタイリングにあることは誰もが認めるだろう。しかし、ハイブリッドの「LC500h」と、ガソリンエンジンの「LC500」のどちらが主役なのか、という議論については意見が割れそうだ。LC500hに試乗して考えた。
ホームへ戻る