ホンダが「シャトル」を一部改良し発売

2016.08.04 自動車ニュース
「ホンダ・シャトル ハイブリッドZ」
「ホンダ・シャトル ハイブリッドZ」

本田技研工業は2016年8月4日、コンパクトステーションワゴン「ホンダ・シャトル」の一部仕様変更を発表した。同年8月5日に販売を開始する。

「シャトル ハイブリッドX」のリアビュー。写真のボディーカラーはプレミアムクリスタルレッド・メタリック
「シャトル ハイブリッドX」のリアビュー。写真のボディーカラーはプレミアムクリスタルレッド・メタリック。
「シャトル ハイブリッドZ」。写真のボディーカラーはルーセブラック・メタリック。
「シャトル ハイブリッドZ」。写真のボディーカラーはルーセブラック・メタリック。
「シャトル ハイブリッドZ」。写真のボディーカラーはルナシルバー・メタリック。
「シャトル ハイブリッドZ」。写真のボディーカラーはルナシルバー・メタリック。

今回、インテリアライトのLED化、カラーバリエーションの変更に加え、「ハイブリッドX」、「ハイブリッドZ」には、ステンレス製スポーツペダルやETC車載器など、2015年12月に発売した特別仕様車「STYLE EDITION(スタイルエディション)」の装備を標準化。内外装ともに、さらなる質感の向上を図っている。

各グレードの主な変更点や追加装備は以下の通り。
【全グレード共通】
・インテリアライト(フロントマップランプ、ルームランプ、ラゲッジルームランプ)のLED化
・新ボディーカラー(プレミアムクリスタルレッド・メタリック、ルーセブラック・メタリック、ルナシルバー・メタリック)の採用

【ハイブリッドX】
・フォグライト
・ステンレス製スポーツペダル
・ETC車載器(音声タイプ)

【ハイブリッドZ】
・本革巻きステアリングホイール(スムースレザー)
・ステンレス製スポーツペダル
・ETC車載器(音声タイプ)
・トノカバー

価格は「G」(FF車)の169万5000円からハイブリッドZ(4WD車)の255万7000円まで。

(webCG)

関連記事
  • ホンダ・シャトル ハイブリッドZ(FF/7AT)【試乗記】 2015.7.7 試乗記 「フィット」の名前を捨て、独り立ちした「シャトル」。フィットとの乗り味、使い勝手の違いは? ワゴンならではの魅力を最上級グレードで探った。
  • ホンダ・シャトル(前編) 2015.5.15 画像・写真 ホンダから新型コンパクトワゴン「シャトル」登場。その姿を写真で紹介する。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】  2017.3.13 試乗記 「マツダCX-5」がフルモデルチェンジ。新型は内外装を一新、G-ベクタリングコントロールなどの最新技術も新たに装備される。2.2リッターディーゼルエンジン搭載の「XD」で、春二番吹き荒れる如月(きさらぎ)の房総を走った。
  • 日産ノートe-POWER メダリスト(FF)【試乗記】 2017.1.11 試乗記 日産が、満を持して投入したシリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」。コンパクトカー「ノート」の好調を支える新しいパワープラントの実力を、最上級グレード「e-POWER メダリスト」の試乗を通して確かめた。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • ベントレー・フライングスパーW12 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.23 試乗記 「ベントレー・フライングスパー」に、最高速度325km/hの「W12 S」が登場! ベースモデルに上乗せされた10psと20Nmに、230万円のエクストラに見合う価値はある? ややコワモテの試乗車と対した筆者は、見て驚き、乗って驚き、走らせてまた驚いた。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”/日産ノートe-POWER メダリスト【試乗記(前編)】 2017.5.11 試乗記 外部から充電できるハイブリッド車「トヨタ・プリウスPHV」と、エンジンで発電した電力を使って走る「日産ノートe-POWER」。今が旬のエコカー2台をさまざまな道で乗り比べ、運転感覚や使い勝手の違いを詳しくリポートする。
ホームへ戻る