ホンダが「シャトル」を一部改良し発売

2016.08.04 自動車ニュース
「ホンダ・シャトル ハイブリッドZ」

本田技研工業は2016年8月4日、コンパクトステーションワゴン「ホンダ・シャトル」の一部仕様変更を発表した。同年8月5日に販売を開始する。

「シャトル ハイブリッドX」のリアビュー。写真のボディーカラーはプレミアムクリスタルレッド・メタリック
「シャトル ハイブリッドZ」。写真のボディーカラーはルーセブラック・メタリック。
「シャトル ハイブリッドZ」。写真のボディーカラーはルナシルバー・メタリック。

今回、インテリアライトのLED化、カラーバリエーションの変更に加え、「ハイブリッドX」、「ハイブリッドZ」には、ステンレス製スポーツペダルやETC車載器など、2015年12月に発売した特別仕様車「STYLE EDITION(スタイルエディション)」の装備を標準化。内外装ともに、さらなる質感の向上を図っている。

各グレードの主な変更点や追加装備は以下の通り。
【全グレード共通】
・インテリアライト(フロントマップランプ、ルームランプ、ラゲッジルームランプ)のLED化
・新ボディーカラー(プレミアムクリスタルレッド・メタリック、ルーセブラック・メタリック、ルナシルバー・メタリック)の採用

【ハイブリッドX】
・フォグライト
・ステンレス製スポーツペダル
・ETC車載器(音声タイプ)

【ハイブリッドZ】
・本革巻きステアリングホイール(スムースレザー)
・ステンレス製スポーツペダル
・ETC車載器(音声タイプ)
・トノカバー

価格は「G」(FF車)の169万5000円からハイブリッドZ(4WD車)の255万7000円まで。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

シャトルの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ホンダ・シャトル ハイブリッドZ(FF/7AT)【試乗記】 2015.7.7 試乗記 「フィット」の名前を捨て、独り立ちした「シャトル」。フィットとの乗り味、使い勝手の違いは? ワゴンならではの魅力を最上級グレードで探った。
  • ホンダ・フリード/フリード+【試乗記】 2016.11.7 試乗記 ホンダのコンパクトミニバン&ハイトワゴンの「フリード」シリーズがフルモデルチェンジ。ハイブリッドのFF車、ハイブリッドの4WD車、そしてガソリンエンジンのFF車と、3つの仕様に一斉試乗し、2代目となった新型の実力を確かめた。
  • ホンダ・ステップワゴン モデューロX(FF/CVT)【試乗記】 2016.11.11 試乗記 ホンダのミニバン「ステップワゴン」に、純正カスタマイズブランド「モデューロ」のパーツを組み込んだスペシャルバージョンが登場。その走りや乗り心地は、ふつうのステップワゴンとどう違う? 8人乗りと7人乗りの2車種に試乗した。
  • マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.10 試乗記 デビューからおよそ4年がたち、マツダのフラッグシップモデル「アテンザ」にマイナーチェンジが施された。“人間中心の開発哲学”に基づき最新の技術を投入したという、改良版の仕上がりやいかに? ディーゼルのワゴンモデルで確かめた。
  • ホンダ・フリードG Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2016.10.21 試乗記 8年ぶりのフルモデルチェンジで2代目となった、ホンダのコンパクトミニバン「フリード」に試乗。7人乗り仕様のガソリンエンジン車を連れ出して、新型の走りや乗り心地、使い勝手をチェックした。
ホームへ戻る