ホンダが「シャトル」を一部改良し発売

2016.08.04 自動車ニュース
「ホンダ・シャトル ハイブリッドZ」
「ホンダ・シャトル ハイブリッドZ」

本田技研工業は2016年8月4日、コンパクトステーションワゴン「ホンダ・シャトル」の一部仕様変更を発表した。同年8月5日に販売を開始する。

「シャトル ハイブリッドX」のリアビュー。写真のボディーカラーはプレミアムクリスタルレッド・メタリック
「シャトル ハイブリッドX」のリアビュー。写真のボディーカラーはプレミアムクリスタルレッド・メタリック。
「シャトル ハイブリッドZ」。写真のボディーカラーはルーセブラック・メタリック。
「シャトル ハイブリッドZ」。写真のボディーカラーはルーセブラック・メタリック。
「シャトル ハイブリッドZ」。写真のボディーカラーはルナシルバー・メタリック。
「シャトル ハイブリッドZ」。写真のボディーカラーはルナシルバー・メタリック。

今回、インテリアライトのLED化、カラーバリエーションの変更に加え、「ハイブリッドX」、「ハイブリッドZ」には、ステンレス製スポーツペダルやETC車載器など、2015年12月に発売した特別仕様車「STYLE EDITION(スタイルエディション)」の装備を標準化。内外装ともに、さらなる質感の向上を図っている。

各グレードの主な変更点や追加装備は以下の通り。
【全グレード共通】
・インテリアライト(フロントマップランプ、ルームランプ、ラゲッジルームランプ)のLED化
・新ボディーカラー(プレミアムクリスタルレッド・メタリック、ルーセブラック・メタリック、ルナシルバー・メタリック)の採用

【ハイブリッドX】
・フォグライト
・ステンレス製スポーツペダル
・ETC車載器(音声タイプ)

【ハイブリッドZ】
・本革巻きステアリングホイール(スムースレザー)
・ステンレス製スポーツペダル
・ETC車載器(音声タイプ)
・トノカバー

価格は「G」(FF車)の169万5000円からハイブリッドZ(4WD車)の255万7000円まで。

(webCG)

関連キーワード:
シャトルホンダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・シャトル ハイブリッドZ(FF/7AT)【試乗記】 2015.7.7 試乗記 「フィット」の名前を捨て、独り立ちした「シャトル」。フィットとの乗り味、使い勝手の違いは? ワゴンならではの魅力を最上級グレードで探った。
  • ホンダ・シャトル ハイブリッドZ(FF/7AT)/シャトル ハイブリッドX(FF/7AT)/シャトルG(FF/CVT)【試乗記】 2015.6.9 試乗記 もはや派生車種にあらず。「フィット」の名に別れを告げ、車名も新たに「ホンダ・シャトル」となって登場したホンダの新型コンパクトワゴンの実力を探る。
  • ホンダ・フィット ハイブリッドS Honda SENSING(FF/7AT)【試乗記】 2017.9.27 試乗記 モデルライフ半ばのテコ入れが実施された、「ホンダ・フィット ハイブリッド」に試乗。目玉となる運転支援システムの使い勝手や実際に計測した燃費データも含め、売れ筋コンパクトカーの実力を報告する。
  • ホンダ・シャトル(後編) 2015.5.15 画像・写真
  • ホンダが「シャトル」に安全運転支援システムを標準装備 2017.9.14 自動車ニュース