ジャガーXF 20dプレステージ(FR/8AT)

2代目は正統派 2016.08.09 試乗記 モジュラー構造のアルミボディーなど、先端技術が惜しみなく投じられているジャガーの新型「XF」。その真骨頂は、個性の過剰な演出にあるのではなく、ジャーマンスリーを向こうに回しても善戦できる、誰もが受け入れやすい“オーソドックスないいクルマ”を目指しているところにあるといえそうだ。インジニウム・ディーゼルエンジンを搭載する中核グレードに試乗した。

“モジュラー”が生んだ3兄弟

ジャガーはわずか1年ほどの間に、「XE」「XF」「Fペース」という完全新開発モデルを3つも発売した。実際の開発作業はほぼ同時並行でおこなわれたはずで、ジャガーの企業規模としては、これまでの常識ではちょっと信じられないくらいの大事業である。

最新のモジュラー設計技術では、今回のXEとXFのように、完全にクラスちがいのモデルまで同時進行で開発できるわけだ。ただ、基本構造や開発時期が一緒だと、見た目も乗った感覚も似てしまうが、ジャガーとしてはそれも意図的な戦略の一環だろう。

“新世代ジャガー”としてブランドと商品イメージを短期間で定着させる。そして、実際のショールームでは「こちらがお気に召さないなら、あちらもございます。どちらも最新モデルです」という売りかたができる。

モジュラー設計の利点を最大限に活用して、大量のフルモデルチェンジを短期集中させるという意味では、日本の「マツダ」のスカイアクティブ戦略も、ジャガーとは規模も顧客層もちがうが、ねらいは同じである。

ただ、XFは新世代ジャガーで唯一、既存機種の後継商品であり、ジャガー全体のラインナップでも中庸モデルの位置づけだ。XEやFペースとはちがって、既存ユーザーの代替需要も意識せざるをえない。

私たちのような職業の人間は新しモノ好き・目立つモノ好きなので、どうしても前例のない新種や、振幅の大きいタイプに目がいく。よって、ジャガーの新世代商品群でも、メディアの注目はXEやFペースにかたよってしまいがちだ。

……といった自省の念をいだきつつも、XFがXEやFペースと比較して、とんがった部分が少ないことも事実である。完成度が高い優秀なクルマであることは確かだが、あるポイントを取り上げて「ここがスゴイ!」といった表現がしづらいタイプでもある。

ディーゼルエンジンを搭載する「XF」には、ラグジュアリーな「プレステージ」のほか、ベーシックな「ピュア」の2グレードが用意される。
ディーゼルエンジンを搭載する「XF」には、ラグジュアリーな「プレステージ」のほか、ベーシックな「ピュア」の2グレードが用意される。
円柱形のシフトセレクターや回転式のエアベント(ただしインパネ両端のみ)など、ユニークなディテールは新型にも受け継がれている。インパネの中央のワイドスクリーン(10.2インチ)や、液晶メータークラスター(12.3インチ)が新しい。
円柱形のシフトセレクターや回転式のエアベント(ただしインパネ両端のみ)など、ユニークなディテールは新型にも受け継がれている。インパネの中央のワイドスクリーン(10.2インチ)や、液晶メータークラスター(12.3インチ)が新しい。
「プレステージ」グレードにはトーラスレザーシートが標準で装着される。
「プレステージ」グレードにはトーラスレザーシートが標準で装着される。
下向きの弧を描いて発光するリアコンビランプ。片側2つ、計4つある。なお、弟分の「XE」や「Fペース」では弧は片側1つずつになる。
下向きの弧を描いて発光するリアコンビランプ。片側2つ、計4つある。なお、弟分の「XE」や「Fペース」では弧は片側1つずつになる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

XFの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ジャガーXE 20dピュア(FR/8AT)【試乗記】 2016.4.1 試乗記 スポーティーな走りが身上のジャガーのDセグメントセダン「XE」に、待望のディーゼルモデルが登場。完全自社開発の新世代パワーユニットと、今日のジャガーの特徴ともいえる絶妙なドライブフィールが織り成す走りに触れた。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――BMW 540i Mスポーツ(前編) 2017.3.23 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回のテーマは新型「BMW 540i」。全方位的進化を遂げた“駆けぬける歓び”を、谷口はどう評価するのだろうか?
  • アウディA3スポーツバック2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.3.24 試乗記 マイナーチェンジを受けた「アウディA3」に、スポーティーな足まわりが特徴の新グレード「スポーツ」が登場。新開発の2リッター直噴ターボに7段Sトロニックを組み合わせた、最新モデルの走りをリポートする。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • 第3回:話題のモデルが続々登場!
    輸入車チョイ乗りリポート~400万円から600万円編~
    2017.2.28 特集 ディーゼルの魅力とスポーティーな走りを追求した「ボルボV40」に、話題の新型「フォルクスワーゲン・ティグアン」、3気筒の「BMW 3シリーズ」、そして四駆の「アウディTT」。webCG編集部員が注目した、400万円から600万円のオススメモデルを紹介する。
ホームへ戻る