ジャガーXF 20dプレステージ(FR/8AT)

2代目は正統派 2016.08.09 試乗記 モジュラー構造のアルミボディーなど、先端技術が惜しみなく投じられているジャガーの新型「XF」。その真骨頂は、個性の過剰な演出にあるのではなく、ジャーマンスリーを向こうに回しても善戦できる、誰もが受け入れやすい“オーソドックスないいクルマ”を目指しているところにあるといえそうだ。インジニウム・ディーゼルエンジンを搭載する中核グレードに試乗した。

“モジュラー”が生んだ3兄弟

ジャガーはわずか1年ほどの間に、「XE」「XF」「Fペース」という完全新開発モデルを3つも発売した。実際の開発作業はほぼ同時並行でおこなわれたはずで、ジャガーの企業規模としては、これまでの常識ではちょっと信じられないくらいの大事業である。

最新のモジュラー設計技術では、今回のXEとXFのように、完全にクラスちがいのモデルまで同時進行で開発できるわけだ。ただ、基本構造や開発時期が一緒だと、見た目も乗った感覚も似てしまうが、ジャガーとしてはそれも意図的な戦略の一環だろう。

“新世代ジャガー”としてブランドと商品イメージを短期間で定着させる。そして、実際のショールームでは「こちらがお気に召さないなら、あちらもございます。どちらも最新モデルです」という売りかたができる。

モジュラー設計の利点を最大限に活用して、大量のフルモデルチェンジを短期集中させるという意味では、日本の「マツダ」のスカイアクティブ戦略も、ジャガーとは規模も顧客層もちがうが、ねらいは同じである。

ただ、XFは新世代ジャガーで唯一、既存機種の後継商品であり、ジャガー全体のラインナップでも中庸モデルの位置づけだ。XEやFペースとはちがって、既存ユーザーの代替需要も意識せざるをえない。

私たちのような職業の人間は新しモノ好き・目立つモノ好きなので、どうしても前例のない新種や、振幅の大きいタイプに目がいく。よって、ジャガーの新世代商品群でも、メディアの注目はXEやFペースにかたよってしまいがちだ。

……といった自省の念をいだきつつも、XFがXEやFペースと比較して、とんがった部分が少ないことも事実である。完成度が高い優秀なクルマであることは確かだが、あるポイントを取り上げて「ここがスゴイ!」といった表現がしづらいタイプでもある。

ディーゼルエンジンを搭載する「XF」には、ラグジュアリーな「プレステージ」のほか、ベーシックな「ピュア」の2グレードが用意される。
ディーゼルエンジンを搭載する「XF」には、ラグジュアリーな「プレステージ」のほか、ベーシックな「ピュア」の2グレードが用意される。
円柱形のシフトセレクターや回転式のエアベント(ただしインパネ両端のみ)など、ユニークなディテールは新型にも受け継がれている。インパネの中央のワイドスクリーン(10.2インチ)や、液晶メータークラスター(12.3インチ)が新しい。
円柱形のシフトセレクターや回転式のエアベント(ただしインパネ両端のみ)など、ユニークなディテールは新型にも受け継がれている。インパネの中央のワイドスクリーン(10.2インチ)や、液晶メータークラスター(12.3インチ)が新しい。
「プレステージ」グレードにはトーラスレザーシートが標準で装着される。
「プレステージ」グレードにはトーラスレザーシートが標準で装着される。
下向きの弧を描いて発光するリアコンビランプ。片側2つ、計4つある。なお、弟分の「XE」や「Fペース」では弧は片側1つずつになる。
下向きの弧を描いて発光するリアコンビランプ。片側2つ、計4つある。なお、弟分の「XE」や「Fペース」では弧は片側1つずつになる。
関連記事
  • ジャガーXE 20dピュア(FR/8AT)【試乗記】 2016.4.1 試乗記 スポーティーな走りが身上のジャガーのDセグメントセダン「XE」に、待望のディーゼルモデルが登場。完全自社開発の新世代パワーユニットと、今日のジャガーの特徴ともいえる絶妙なドライブフィールが織り成す走りに触れた。
  • ジャガー、「XE」「XF」のディーゼルモデルに充実装備の特別仕様車 2016.11.4 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2016年11月1日、ジャガーの4ドアセダン「XE」と「XF」の特別仕様車「ジェットディーゼルエディション」を設定し、受注を開始した。XEジェットディーゼルエディションは限定100台、XFジェットディーゼルエディションは限定30台の販売となる。
  • ジャガーXF 20dプレステージ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.9 試乗記 モジュラー構造のアルミボディーなど、先端技術が惜しみなく投じられているジャガーの新型「XF」。その真骨頂は、実は “オーソドックスないいクルマ”を目指しているところにあるといえそうだ。ディーゼルエンジンを搭載する中核グレードに試乗した。
  • ジャガー、新型「XFスポーツブレイク」のティーザー画像を公開 2017.5.18 自動車ニュース 英ジャガー・ランドローバーは2017年5月17日、新型「ジャガーXFスポーツブレイク」のティーザー画像を公開した。イギリスでは6月14日に正式発表される予定だ。
  • ジャガーが一部車種・グレードの価格を改定 2016.9.16 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2016年9月16日、ジャガーの一部車種・グレードについて価格を改定すると発表した。新価格は同年10月1日より適用される。
  • ジャガーXE S(FR/8AT)【ブリーフテスト】 2015.10.5 試乗記 ジャガーのミドルクラスサルーン「XE」、そのフラッグシップモデル「XE S」に試乗した。340psの3リッターV6スーパーチャージドエンジンを搭載するスポーツサルーンの実力を探る。
  • 第41回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    GLCクーペはレスポンスキング!?
    2017.5.16 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第41回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! GLCクーペはレスポンスキング!?」。2.2リッター4気筒ディーゼルターボエンジンは静かで快適。メルセデス・ベンツのスタイリッシュSUVの○と×とは?
  • 新型「アストンマーティン・ヴァンキッシュS」日本上陸 2017.4.24 自動車ニュース アストンマーティンは2017年4月24日、フラッグシップモデル「アストンマーティン・ヴァンキッシュS」の新型を東京都内で披露した。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • ボルボV90 T6 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.6 試乗記 ボルボのフラッグシップエステート「V90」に試乗。新世代プラットフォーム「SPA」の上に“スウェディッシュ・ラグジュアリー”を体現した新型は、ドイツのライバルとはひと味違う、北欧の良心にあふれていた。
ホームへ戻る