ホンダの軽「N-BOX」「N-BOXカスタム」に装備充実の特別仕様車

2016.08.04 自動車ニュース
「ホンダN-BOXカスタム SSパッケージ 2トーンカラースタイル
「ホンダN-BOXカスタム SSパッケージ 2トーンカラースタイル」

本田技研工業は、軽乗用車「N-BOX」「N-BOXカスタム」に装備充実の特別仕様車「SSパッケージ」「ターボSSパッケージ」を設定、ツートンカラーを特徴とする「2トーンカラースタイル」も選択可能としたうえで、2016年8月5日に販売を開始する。
さらに、ブラックのパーツでドレスアップした「N-BOXカスタム」ベースの特別仕様車「SSブラックスタイルパッケージ」「ターボSSブラックスタイルパッケージ」も、同時に発売する。

N-BOXカスタム SSパッケージ」のインテリア。
「N-BOXカスタム SSパッケージ」のインテリア。
N-BOXカスタム SSパッケージ
「N-BOXカスタム SSパッケージ」

各モデルの価格と主な特別装備は、以下の通り。
(※価格はFF車のもの。4WD車はすべて13万円高)

【N-BOX SSパッケージ(146万円)/SSパッケージ 2トーンカラースタイル(151万9400円)/ターボSSパッケージ(162万円)/ターボSSパッケージ 2トーンカラースタイル(167万9400円)】
・ディスチャージヘッドライト
・パワースライドドア(リア右側)
・オートリトラミラー
・チップアップ&ダイブダウン機構付きスライドリアシート
・運転席&助手席シートヒーター
・シートバックテーブル
・親水/ヒーテッドドアミラー+フロントドア撥水(はっすい)ガラス
・LEDルームランプ(フロントマップ/ラゲッジルーム)
・あんしんパッケージ(ターボ車のみ。ほかはオプション扱い)

【N-BOXカスタム SSパッケージ(164万5000円)/SSパッケージ 2トーンカラースタイル(170万4400円)/ターボSSパッケージ(175万円)/ターボSSパッケージ 2トーンカラースタイル(180万9400円)】
・エアコンアウトレットダブルリング
・パワースライドドア(リア右側)
・チップアップ&ダイブダウン機構付きスライドリアシート
・運転席&助手席シートヒーター
・シートバックテーブル
・親水/ヒーテッドドアミラー+フロントドア撥水ガラス
・LEDポジションランプ
・LEDフォグライト/フォグライトガーニッシュ
・あんしんパッケージ(ターボ車のみ。ほかはオプション扱い)
 

 
ホンダの軽「N-BOX」「N-BOXカスタム」に装備充実の特別仕様車の画像

【N-BOXカスタム SSブラックスタイルパッケージ(164万5000円)/ターボSSブラックスタイルパッケージ(175万円)】
・オールブラック14インチアルミホイール(ターボ車は15インチ)
・黒塗装フロントグリル
・エアコンアウトレットダブルリング
・パワースライドドア(リア右側)
・チップアップ&ダイブダウン機構付きスライドリアシート
・運転席&助手席シートヒーター
・シートバックテーブル
・親水/ヒーテッドドアミラー+フロントドア撥水ガラス
・LEDポジションランプ
・LEDフォグライト/フォグライトガーニッシュ
・あんしんパッケージ(ターボ車のみ。ほかはオプション扱い)
・ブルーステッチ(ステアリングホイール/合皮コンビシート)

(webCG)

関連キーワード:
N-BOXN-BOXカスタムホンダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダN-BOX 2017.8.31 画像・写真 トールワゴンタイプではもちろん、軽自動車全体でも“ナンバーワン”の販売台数を誇るホンダの人気モデル「N-BOX」がフルモデルチェンジを受けた。一新された内外装やスーパーロングスライド機構付きの助手席など、新型のディテールを写真で紹介する。
  • 「ホンダN-BOX」がフルモデルチェンジ 2017.8.31 自動車ニュース ホンダの軽トールワゴン「N-BOX」がフルモデルチェンジ。2代目となる新型は、新開発のプラットフォームを採用するなど、車両のすべてを従来モデルから一新。助手席ロングスライド機構をはじめ、さまざまな新機軸が取り入れられている。
  • ホンダN-BOXプロトタイプ/N-BOXカスタム プロトタイプ【試乗記】 2017.9.4 試乗記 2011年のデビュー以来、高い人気を保ち続けているホンダの軽トールワゴン「N-BOX」シリーズが、いよいよ2代目にモデルチェンジ! 従来モデルからすべてが一新されたという新型の実力を、走りと使い勝手の両面からリポートする。
  • ホンダN-BOXカスタム 2017.8.31 画像・写真 軽乗用車初のシーケンシャルウィンカーなど、他のモデルにはないディテールが目を引く新型「ホンダN-BOXカスタム」。クロームメッキで飾られたボディーや、黒を基調としたインテリアなど、標準車とは一味違うその姿を写真で紹介する。
  • BMW G310R(MR/6MT)【レビュー】 2017.9.9 試乗記 小排気量セグメントという新たな市場に切り込むべく、ドイツの雄が送り込んだニューモデル「BMW G310R」がいよいよ登場。中型免許でも乗れる、お値段およそ60万円のストリートモデルでも、唯我独尊の世界をつらぬく“BMWらしさ”は健在なのか?
ホームへ戻る