アストンマーティンDB11(FR/8AT)

次世代を見据えて 2016.08.06 試乗記 2016年3月のジュネーブショーで世界初公開された、アストンマーティンの新しい基幹モデル「DB11」。完全新設計のアルミプラットフォームに独自開発の5.2リッターV12ツインターボエンジンを搭載した、新世代のグランドツアラーの出来栄えを確かめた。

複雑に見えて実はシンプル

つい先日も「ヴァンテージGT8」と「ヴァンキッシュ ザガート」というリミテッドモデルが日本でお披露目されたアストンマーティン。一体どのモデルが何を目指しているのかがよくわからないという読者も少なからずいらっしゃるかもしれない。

実は彼らのモデルレンジはすっきりと3つのカテゴリーにくくられる。「スポーツ」としてくくられるのはショートホイールベースでコンパクトな体躯(たいく)に収められた「ヴァンテージ」系。ダイナミックなスタイリングとポテンシャルを与えられた「ヴァンキッシュ」系は「スーパー」としてくくられ、スーパーカーカテゴリーにいるあまたのライバルと対峙(たいじ)する。そして、その間を取り持つ「GT」系として据えられるのが「DB」系だ。

このカテゴライズは21世紀に入るや否や、初代ヴァンキッシュの登場とともに確定し、以降、揺らいだことはない。「DBS」だの「V12ヴァンテージS」だのと展開された派生車種もすべてこの趣旨にのっとっている。時に「ヴィラージュ」だの「ラピード」だのとセグメントしづらいモデルもあったが、これらはDBの系譜に属するとみていいだろう。あるいは時折現れる「One−77」のような“とんでもモデル”は、フェラーリでいうところの「スペチアーレ」に同義で、これはスーパーカービジネスにおいて周辺への示威として欠かせないものだ。

「DB9」の後継を担う4座の2ドアクーペ「DB11」。車両構造やエンジン、内外装の意匠など、すべてが従来モデルから一新されている。
「DB9」の後継を担う4座の2ドアクーペ「DB11」。車両構造やエンジン、内外装の意匠など、すべてが従来モデルから一新されている。
「DB11」のインストゥルメントパネルまわり。異形タイプのリムが目を引くステアリングホイールのレシオは13:1、ロック・トゥ・ロックは2.4回転となっている。
「DB11」のインストゥルメントパネルまわり。異形タイプのリムが目を引くステアリングホイールのレシオは13:1、ロック・トゥ・ロックは2.4回転となっている。
ヘッドレストに施された「DB11」のロゴ。「DB9」の次は「DB10」と思われそうだが、その名称は映画『007 スペクター』に登場する劇中車に使われた。
ヘッドレストに施された「DB11」のロゴ。「DB9」の次は「DB10」と思われそうだが、その名称は映画『007 スペクター』に登場する劇中車に使われた。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

DB11の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュ(FR/8AT)【試乗記】 2016.11.8 試乗記 アストンマーティンのフラッグシップクーペ「ヴァンキッシュ」に試乗。6リッターのV12自然吸気エンジンを搭載するヴァンキッシュには神性すら漂う。人生の最後にはこんな車に乗るに相応(ふさわ)しい男になりたいものである。
  • ポルシェ718ボクスターS(MR/7AT)【試乗記】 2016.11.17 試乗記 350psの2.5リッターフラット4ターボエンジン搭載の「718ボクスターS」に試乗。パワーはもちろん、乗り心地もハンドリングも抜かりなしの718ボクスターSだが、ポルシェにだってできないことはある。それは……。箱根の山道を目指した。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • 「メルセデスAMG GT R」、ドイツで受注を開始 2016.11.22 自動車ニュース 独ダイムラーは2016年11月21日(現地時間)、「メルセデスAMG GTロードスター/AMG GT Cロードスター/AMG GT R」の受注をドイツ本国で開始した。デリバリーは2017年春を予定している。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
ホームへ戻る