【スペック】全長×全幅×全高=4345×1800×1285mm/ホイールベース=2415mm/車重=1340kg/駆動方式=MR/3.4リッター水平対向6 DOHC24バルブ(330ps/7400rpm、37.7kgm/4750rpm)/価格=980万円(テスト車=1204万9000円)

ポルシェ・ケイマンR(MR/6MT)【試乗記】

レーシング・ポルシェの味 2011.11.02 試乗記 ポルシェ・ケイマンR(MR/6MT)
……1204万9000円

「ポルシェ・ケイマン」シリーズに、走りに磨きをかけた最強グレード「ケイマンR」が登場。実際のパフォーマンスは、どれほどのものなのか? 峠道で試した。

鍛えて絞ったケイマン

『webCG』では海外の試乗記(2011年3月)でしか紹介していなかった「ポルシェ・ケイマンR」が、とうとう日本上陸を果たした。「R」の名が付くことからも容易に想像がつくとは思うが、それは「ポルシェ・ケイマン」が本来持つ走りの性能を、見事なまでに研ぎ澄ましたモデルであった。

エンジンはシリーズの枠組みから飛び出すことなく3.4リッターのまま。しかしパワーは「ケイマンS」+10ps(「911カレラ」マイナス20psともいえる)の330psにまで高められている。いや、「高められている」というよりは、スペシャルモデルの名に恥じぬよう、一応パワーも上げておいた、というべきか。実際排気系とECUのチューニングで達成された数値だけに、既存のオーナーは慌てる必要まったくなしだ。

対するボディーは、通常モデルにはないアルミ製のドアパネルや、軽量(に見える?)セミバケットシートを装着しているのが羨ましいポイント。そこからさらにエアコンやオーディオをオプション化することで、約55kgの軽量化を実現したという。
そう、パワーこそ10psアップにとどまるけれど、車重を軽くすることで運動性能を上げる……ライトウェイトスポーツ王道の方法論こそが、ケイマンRのスペック的な魅力になっているのだ。

なんて盛り上げてみたが、実際の軽量化はドアパネルのみと考えてよいだろう。いまどき「911 GT3」でさえエアコンやオーディオは必要装備。いくらスポーツ性能を第一としていても、これらを取り去ってまでストイックに走る時代ではない。実際試乗車にも、快適装備はきちんと装着されていた。

そこに19インチホイールと締め上げた足まわりが組み合わされて、ケイマンRは完成する。生い立ちとしては、「ボクスター」のスペシャルモデルである「ボクスター スパイダー」とまったく同じである。

「ポルシェ・ケイマンR」は2010年11月のロサンゼルスオートショーでデビュー。翌12月には日本市場でも受注が始まった。
「ポルシェ・ケイマンR」は2010年11月のロサンゼルスオートショーでデビュー。翌12月には日本市場でも受注が始まった。
レーシーな雰囲気をかもし出す運転席まわり。軽量化を図るべく、ドアの開閉レバーはプルタブに変更されている。12kgの軽量化と引き換えにエアコンは省略。オプション扱いとなる。
レーシーな雰囲気をかもし出す運転席まわり。軽量化を図るべく、ドアの開閉レバーはプルタブに変更されている。12kgの軽量化と引き換えにエアコンは省略。オプション扱いとなる。
関連記事
  • ポルシェ718ケイマン(MR/6MT)【試乗記】 2016.12.19 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンを搭載する、ポルシェのスポーツカー「718ケイマン」。ワインディングロードや高速道路を走らせてみると、これまでの6気筒モデルとは違った走りのよさが見えてきた。
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【試乗記】 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
  • 第501回:あなたの愛車も文化遺産に!?
    ドイツでヒストリックカーに“モテ期”到来!
    2017.5.12 マッキナ あらモーダ! 「ポルシェ911カレラ2.7RS」が1億円!? ヒストリックカーの価格が高騰するドイツでは、良質な旧車を文化遺産として保護するためのシステムも存在する。今週は、そんな“Hナンバー”に関する話題をお届けしよう。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.5.8 試乗記 ユニークなシューティングブレークボディーをまとう「フェラーリGTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12エンジンが発する咆哮(ほうこう)に浴すれば、この異形のフェラーリが、正統派の系譜にあることがすぐに理解できるだろう。
  • ランボルギーニ・ウラカンRWDスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2017.4.27 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン スパイダー」の後輪駆動モデル「ウラカンRWDスパイダー」に試乗した。前輪の駆動機構を捨てたことによって生まれた軽快感を、風とたわむれながら味わうこと。それこそが、このクルマの醍醐味(だいごみ)と言えそうだ。
  • ニュルブルクリンクを走る新型「ホンダ・シビック タイプR」を写真で紹介 2017.4.24 画像・写真 ホンダが、ドイツ・ニュルブルクリンクの北コースで、新型「シビック タイプR」の走行テストを実施。FFモデルで最速となる7分43秒80のラップタイムを記録したと発表した。同コースを走るシビック タイプRの姿を写真で紹介する。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • 今夏発売の「ホンダ・シビック タイプR」、ニュルでFF最速記録を更新 2017.4.24 自動車ニュース ホンダがニュルブルクリンク北コースで新型「シビック タイプR」の走行テストを実施。FFモデルで最速となる7分43秒80のラップタイムを記録したと発表した。新型シビック タイプRは2017年夏に発売される予定となっている。
ホームへ戻る