メルセデス「Eクラスクーペ」一部改良で燃費向上

2011.11.02 自動車ニュース

メルセデス「Eクラスクーペ」一部改良で燃費向上

メルセデス・ベンツ日本は2011年11月1日、ミドルサイズクーペモデル「E250クーペ」「E550クーペ」を一部改良し、発売した。

1.8リッター直4直噴ターボエンジンを積む「E250ブルーエフィシェンシー クーペ」には、従来の5段ATに代えて最新の7段AT「7Gトロニック プラス」を搭載、アイドリングストップ機能「ECOスタートストップ」も新たに搭載した。これによって従来モデル比で約23%の燃費向上を図り、エコカー減税(75%減税)対象車の認定を取得した。

装備面では、上級モデル「E350クーペ」と同じ5ツインスポークアルミホイールを採用。ダイヤモンドホワイトのボディーカラー(18万円のオプション)も選べるようになった。

「E550ブルーエフィシェンシー クーペ」は、搭載エンジンを従来の5.5リッターV8から、新開発の4.7リッターV8直噴ツインターボへと変更。排気量をダウンサイジングしながら、ピエゾインジェクターを用いたスプレーガイデッド・ガソリン直噴式燃料噴射システムや、100分の1秒以内に点火スパークを最大4回発生するマルチスパーク・イグニッションなどの採用により、性能アップを果たした。

トランスミッションは「7Gトロニック プラス」が組み合わされ、「ECOスタートストップ機能」も搭載。さらに、これまでの油圧式に代わって電動モーターを用いてアシスト量を調整する「電動パワーステアリング」を採用することで、燃費向上とCO2排出量の削減も図られたとのこと。

スペックは、最高出力408ps(従来モデル比+21ps)、最大トルク61.2kgm(同+7.2kgm)。10・15モード燃費は、従来モデル比で約21%改善しているという。

価格は、「E250ブルーエフィシェンシー クーペ」が665万円、「E550ブルーエフィシェンシー クーペ」は1110万円。

(webCG ワタナベ)

「E250ブルーエフィシェンシー クーペ」
「E250ブルーエフィシェンシー クーペ」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Eクラス クーペの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW 540i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.4.4 試乗記 長年の歴史を誇るBMWの基幹モデル「5シリーズ」がフルモデルチェンジ。新開発のプラットフォームが用いられた7代目の実力はどれほどのものか、上級グレード「540i」の試乗を通し、ライバル車との比較を交えながら確かめた。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICクーペ スポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.4.5 試乗記 「メルセデス・ベンツGLC」に優雅なルーフラインが印象的な「GLCクーペ」が登場。2.2リッターの直4ディーゼルターボエンジンを搭載した新型クロスオーバーで、春の淡雪が木々を白く染める富士の裾野を走った。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • ボルボV90 T6 AWD R-Design(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.20 試乗記 “スポーツドライビングを愛するあなたのための”とカタログでアピールされる、「ボルボV90」のスポーティーグレード「T6 AWD R-Design」に試乗。引き締められた専用サスペンションシステムがもたらす、その運動性能やいかに? デザインや使い勝手も含めてつぶさにチェックした。
  • キャデラックATS/CTS/CT6【試乗記】 2017.4.17 試乗記 キャデラックのセダンを乗り継いで、都内と群馬県を往復するツアーに参加。オールラインナップに一気乗りしたことでわかった、今のキャデラックセダンの実力とは? そしていまだ三分咲きの桜を眺め、リポーターは何を思う?
ホームへ戻る