トップ > ニュース >メルセデス「Eクラスクーペ」一部改良で燃費向上 (2011.11.2)
「E250ブルーエフィシェンシー クーペ」
メルセデス「Eクラスクーペ」一部改良で燃費向上

メルセデス「Eクラスクーペ」一部改良で燃費向上

メルセデス・ベンツ日本は2011年11月1日、ミドルサイズクーペモデル「E250クーペ」「E550クーペ」を一部改良し、発売した。

1.8リッター直4直噴ターボエンジンを積む「E250ブルーエフィシェンシー クーペ」には、従来の5段ATに代えて最新の7段AT「7Gトロニック プラス」を搭載、アイドリングストップ機能「ECOスタートストップ」も新たに搭載した。これによって従来モデル比で約23%の燃費向上を図り、エコカー減税(75%減税)対象車の認定を取得した。

装備面では、上級モデル「E350クーペ」と同じ5ツインスポークアルミホイールを採用。ダイヤモンドホワイトのボディーカラー(18万円のオプション)も選べるようになった。

「E550ブルーエフィシェンシー クーペ」は、搭載エンジンを従来の5.5リッターV8から、新開発の4.7リッターV8直噴ツインターボへと変更。排気量をダウンサイジングしながら、ピエゾインジェクターを用いたスプレーガイデッド・ガソリン直噴式燃料噴射システムや、100分の1秒以内に点火スパークを最大4回発生するマルチスパーク・イグニッションなどの採用により、性能アップを果たした。

トランスミッションは「7Gトロニック プラス」が組み合わされ、「ECOスタートストップ機能」も搭載。さらに、これまでの油圧式に代わって電動モーターを用いてアシスト量を調整する「電動パワーステアリング」を採用することで、燃費向上とCO2排出量の削減も図られたとのこと。

スペックは、最高出力408ps(従来モデル比+21ps)、最大トルク61.2kgm(同+7.2kgm)。10・15モード燃費は、従来モデル比で約21%改善しているという。

価格は、「E250ブルーエフィシェンシー クーペ」が665万円、「E550ブルーエフィシェンシー クーペ」は1110万円。

(webCG ワタナベ)

  • mixi
  • linkedin
  • rss
mobileCGご紹介

週間アクセスランキング (ニュース)

注目の情報[PR]