メルセデス「Eクラスクーペ」一部改良で燃費向上

2011.11.02 自動車ニュース

メルセデス「Eクラスクーペ」一部改良で燃費向上

メルセデス・ベンツ日本は2011年11月1日、ミドルサイズクーペモデル「E250クーペ」「E550クーペ」を一部改良し、発売した。

1.8リッター直4直噴ターボエンジンを積む「E250ブルーエフィシェンシー クーペ」には、従来の5段ATに代えて最新の7段AT「7Gトロニック プラス」を搭載、アイドリングストップ機能「ECOスタートストップ」も新たに搭載した。これによって従来モデル比で約23%の燃費向上を図り、エコカー減税(75%減税)対象車の認定を取得した。

装備面では、上級モデル「E350クーペ」と同じ5ツインスポークアルミホイールを採用。ダイヤモンドホワイトのボディーカラー(18万円のオプション)も選べるようになった。

「E550ブルーエフィシェンシー クーペ」は、搭載エンジンを従来の5.5リッターV8から、新開発の4.7リッターV8直噴ツインターボへと変更。排気量をダウンサイジングしながら、ピエゾインジェクターを用いたスプレーガイデッド・ガソリン直噴式燃料噴射システムや、100分の1秒以内に点火スパークを最大4回発生するマルチスパーク・イグニッションなどの採用により、性能アップを果たした。

トランスミッションは「7Gトロニック プラス」が組み合わされ、「ECOスタートストップ機能」も搭載。さらに、これまでの油圧式に代わって電動モーターを用いてアシスト量を調整する「電動パワーステアリング」を採用することで、燃費向上とCO2排出量の削減も図られたとのこと。

スペックは、最高出力408ps(従来モデル比+21ps)、最大トルク61.2kgm(同+7.2kgm)。10・15モード燃費は、従来モデル比で約21%改善しているという。

価格は、「E250ブルーエフィシェンシー クーペ」が665万円、「E550ブルーエフィシェンシー クーペ」は1110万円。

(webCG ワタナベ)

「E250ブルーエフィシェンシー クーペ」
「E250ブルーエフィシェンシー クーペ」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Eクラス クーペの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツC180クーペ スポーツ+(FR/7AT)【試乗記】 2016.4.27 試乗記 セダン、ステーションワゴンの2モデルに続いて、現行型「メルセデス・ベンツCクラス」の2ドアクーペが日本に上陸。その上級グレードにあたる「C180クーペ スポーツ+」に試乗し、出来栄えを確かめた。
  • メルセデス・ベンツSLC180スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2016.8.11 試乗記 メルセデス・ベンツがラインナップするオープンモデルの“末っ子”が「SLC」。新設定の1.6リッターターボエンジンを積んだ「SLC180スポーツ」に試乗し、マイナーチェンジとともに新しい名前を冠することとなった、同車の実力を確かめた。
  • 「メルセデス・ベンツCクラス」に直4+4WDの新グレードが登場 2017.2.2 自動車ニュース メルセデス・ベンツが「Cクラス」シリーズの仕様やラインナップを変更。セダンとステーションワゴンに直4+4WDの、クーペに500万円を切る新グレードを設定したほか、直4ガソリン車のトランスミッションに9段ATを採用した。
  • メルセデスAMG GT R(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.1.23 試乗記 「メルセデスAMG GT」シリーズの頂点に君臨するハイパフォーマンスモデル「AMG GT R」に試乗。エンジン、シャシー、空力性能が磨かれたフラッグシップスポーツは、まさに公道に降り立ったレーシングカーだった。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――アストンマーティン・ヴァンキッシュ(後編) 2017.2.2 mobileCG レーシングドライバーの谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす当企画。今回も引き続き「アストンマーティン・ヴァンキッシュ」がテーマ。高い走行性能だけでなく、優雅なスタイリングを併せ持つヴァンキッシュの魅力を、同車と恋に落ちた谷口が力説する!
ホームへ戻る