メルセデスAMG C63 Sクーペ(FR/7AT)

実用的モンスター 2016.08.10 試乗記 500psオーバーの高出力を誇る、高性能クーペ「メルセデスAMG C63 Sクーペ」に試乗。高速道路やワインディングロードを走らせてみると、速さだけではない、このハイパフォーマンスカーならではの魅力が見えてきた。

すごみの伝わるたたずまい

メルセデスAMG C63 Sクーペを初めて見た時、あまりのかっこよさにしばし目を奪われた。セダン、ステーションワゴンに次ぐAMG C63第3のボディーがクーペである。後ろのドアがない分、ボディー後半があっさりしていて、マグロとかサバとか、流体力学的に正しい形であるところの魚類を思わせる。

視線をリアエンドに移すと、丸みを帯びた曲面と細長いテールライトが2座スポーツカーの「メルセデスAMG GT」との血縁関係を直感的に悟らせる。「メルセデスV8トップパフォーマンスのリアルスポーツクーペ」というメーカーの主張が瞬時に理解される。

DTM参戦車両を思わせる張り出したフロントフェンダーを見よ。「C180クーペ」のトレッドと比べると、前は60mm、後ろは35mm幅広い。ボディーからはみ出たタイヤをフェンダーが無理やり覆っている。これはあなた、隠そうにも隠せない膨らみ、いや、隠そうともしない、むしろ強調した男性的膨らみである。

ロードラッグ(マグロ)→AMG GT(スポーツカー)→DTM(モータースポーツ)という連環がC63 Sクーペの周りでは回っていて、それがC63 Sクーペにただならぬたたずまいを醸し出している。タイヤなんて、前255/35、後ろ285/30の、ともに19インチという超偏平具合だ。

「メルセデスAMG C63 Sクーペ」は、「メルセデス・ベンツCクラス クーペ」の頂点に位置付けられる高性能モデル。国内では2016年4月に発表され、同年8月にデリバリーが始められた。


	「メルセデスAMG C63 Sクーペ」は、「メルセデス・ベンツCクラス クーペ」の頂点に位置付けられる高性能モデル。国内では2016年4月に発表され、同年8月にデリバリーが始められた。
ブラック基調のインテリア。ブラックアッシュウッドやアルミニウムのパネルで飾られる。ハンドル位置は左右とも選べる。
ブラック基調のインテリア。ブラックアッシュウッドやアルミニウムのパネルで飾られる。ハンドル位置は左右とも選べる。
320km/hまで目盛りが刻まれた速度計(写真左)。エンジン回転計(右)のレッドゾーンは7000rpmからとなる。
320km/hまで目盛りが刻まれた速度計(写真左)。エンジン回転計(右)のレッドゾーンは7000rpmからとなる。
マットブラックペイントが施された、鍛造の19インチアルミホイール。タイヤはコンチネンタルの「コンチスポーツコンタクト5P」が組み合わされていた。
マットブラックペイントが施された、鍛造の19インチアルミホイール。タイヤはコンチネンタルの「コンチスポーツコンタクト5P」が組み合わされていた。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Cクラス クーペの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る