「BMW M3クーペ」に30台限定の特別仕様車

2011.11.01 自動車ニュース

「BMW M3クーペ」に30台限定の特別仕様車

BMWジャパンは2011年11月1日、「BMW M3クーペ」の特別仕様車「Frozen Silver Edition(フローズン・シルバー・エディション)」の受注を開始した。全国30台の限定で、納車は2011年12月中頃からの予定。

今回の特別仕様車「BMW M3クーペ フローズン・シルバー・エディション」は、M3クーペのハイパフォーマンスなキャラクターを際立たせたモデルだ。

エクステリアでは、ボディーカラーにマット仕上げの特別限定色「フローズン・シルバー」を採用。さらに、マットブラックの19インチ・アロイホイールやダーククローム処理されたパーツ類、カーボン製のリアスポイラー/ミラーカバーなどの装着によって、スポーティーさが強調される。

インテリアでは、インストゥルメントパネルほか各部にカーボン素材をあしらうほか、グリップ部にアルカンターラを使用した専用ステアリングを装備。ブラックのノヴィロレザーシートにパラディウム・シルバーのアクセントとステッチを施すとともに、アームレストのカラーもパラディウム・シルバーでコーディネートした。ドアシルプレートも専用デザインとなる。

ドライビングダイナミクスにおいては、EDC(エレクトロニック・ダンパー・コントロール)を標準装備。DSC(ダイナミック・スタビリティー・コントロール)と共に特別セッティングを施すことで、よりスポーティーなドライビングを可能にしたとうたわれる。

価格は、1243万円。ハンドル位置は左右が選べる。

【BMW M3クーペ フローズン・シルバー・エディションの特別装備内容】
・外装色:フローズン・シルバー(メタリック)
・19インチMライトアロイホイール359M(マットブラック)
 フロント:9Jx19+245/35R19
 リア:10J×19+265/35R19
・ブラックのエンジンフードダクト
・ダーククローム仕上げのキドニーグリルのフレーム/サイドギル/エキゾーストテールパイプ
・カーボントランクスポイラー
・カーボンミラーカバー
・カーボンインテリアトリム(インストゥルメントパネル、ドアトリム、リアサイドトリム、フロント&リアコンソール)
・専用ステッチ入りパーキングブレーキレバー
・専用Mスポーツ・アルカンターラ・ステアリングホイール
・専用ドアシルプレート
・パラディウム・シルバーのハイライトならびにステッチを採用したノヴィロレザーインテリア
・パラディウム・シルバーのフロントドアアームレスト、センターアームレスト、リアアームレスト
・M Driveパッケージ
・M Drive
・EDC(エレクトロニック・ダンパー・コントロール)
・電動調節式サイドサポート(運転席&助手席)
・ランバー・サポート(運転席&助手席)
・EDCスポーツモードのセッティング変更
・DSCのセッティングをMライトアロイホイール359Mに最適化

(webCG)

「BMW M3クーペ フローズン・シルバー・エディション」
「BMW M3クーペ フローズン・シルバー・エディション」
 
「BMW M3クーペ」に30台限定の特別仕様車の画像
 
「BMW M3クーペ」に30台限定の特別仕様車の画像
 
「BMW M3クーペ」に30台限定の特別仕様車の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.4 試乗記 デビューから3年半を経て、7代目「ゴルフGTI」にマイナーチェンジが施された。伝統のホットハッチは、モデルライフ半ばのテコ入れでどう変わったのか。ワインディングロードを含むさまざまな道でチェックした。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフR(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.12 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のマイナーチェンジに合わせて、最強グレード「ゴルフR」も最新型へとアップデート。ノーマルモデルと同様に最新の安全装備とインフォテインメントシステムを手にしたほか、パワートレインも強化された。雨中のドライブでその性能を試した。
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWDサマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.7.5 試乗記 全長5mに迫る、ボルボの最上級クロスオーバーモデル「V90クロスカントリー」。その“GT性能”を確かめるべく、1000km超のロングドライブを敢行した。北海道から東京まで、1泊2日のグランドツーリングを通して感じた、その魅力とは?
  • BMW M2クーペ(FR/7AT)【試乗記】 2016.6.10 試乗記 最もコンパクトなBMW Mモデルとなる「M2クーペ」に試乗。その引き締まったボディーと、3リッターの直6ターボエンジンが織り成す走りは、われわれがBMWと聞いて期待するスポーティーさにあふれていた。
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
ホームへ戻る