「BMW M3クーペ」に30台限定の特別仕様車

2011.11.01 自動車ニュース

「BMW M3クーペ」に30台限定の特別仕様車

BMWジャパンは2011年11月1日、「BMW M3クーペ」の特別仕様車「Frozen Silver Edition(フローズン・シルバー・エディション)」の受注を開始した。全国30台の限定で、納車は2011年12月中頃からの予定。

今回の特別仕様車「BMW M3クーペ フローズン・シルバー・エディション」は、M3クーペのハイパフォーマンスなキャラクターを際立たせたモデルだ。

エクステリアでは、ボディーカラーにマット仕上げの特別限定色「フローズン・シルバー」を採用。さらに、マットブラックの19インチ・アロイホイールやダーククローム処理されたパーツ類、カーボン製のリアスポイラー/ミラーカバーなどの装着によって、スポーティーさが強調される。

インテリアでは、インストゥルメントパネルほか各部にカーボン素材をあしらうほか、グリップ部にアルカンターラを使用した専用ステアリングを装備。ブラックのノヴィロレザーシートにパラディウム・シルバーのアクセントとステッチを施すとともに、アームレストのカラーもパラディウム・シルバーでコーディネートした。ドアシルプレートも専用デザインとなる。

ドライビングダイナミクスにおいては、EDC(エレクトロニック・ダンパー・コントロール)を標準装備。DSC(ダイナミック・スタビリティー・コントロール)と共に特別セッティングを施すことで、よりスポーティーなドライビングを可能にしたとうたわれる。

価格は、1243万円。ハンドル位置は左右が選べる。

【BMW M3クーペ フローズン・シルバー・エディションの特別装備内容】
・外装色:フローズン・シルバー(メタリック)
・19インチMライトアロイホイール359M(マットブラック)
 フロント:9Jx19+245/35R19
 リア:10J×19+265/35R19
・ブラックのエンジンフードダクト
・ダーククローム仕上げのキドニーグリルのフレーム/サイドギル/エキゾーストテールパイプ
・カーボントランクスポイラー
・カーボンミラーカバー
・カーボンインテリアトリム(インストゥルメントパネル、ドアトリム、リアサイドトリム、フロント&リアコンソール)
・専用ステッチ入りパーキングブレーキレバー
・専用Mスポーツ・アルカンターラ・ステアリングホイール
・専用ドアシルプレート
・パラディウム・シルバーのハイライトならびにステッチを採用したノヴィロレザーインテリア
・パラディウム・シルバーのフロントドアアームレスト、センターアームレスト、リアアームレスト
・M Driveパッケージ
・M Drive
・EDC(エレクトロニック・ダンパー・コントロール)
・電動調節式サイドサポート(運転席&助手席)
・ランバー・サポート(運転席&助手席)
・EDCスポーツモードのセッティング変更
・DSCのセッティングをMライトアロイホイール359Mに最適化

(webCG)

「BMW M3クーペ フローズン・シルバー・エディション」
「BMW M3クーペ フローズン・シルバー・エディション」
 
「BMW M3クーペ」に30台限定の特別仕様車の画像
 
「BMW M3クーペ」に30台限定の特別仕様車の画像
 
「BMW M3クーペ」に30台限定の特別仕様車の画像

関連キーワード:
M3クーペBMW自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M2クーペ(FR/6MT)【試乗記】 2017.8.14 試乗記 BMWのMモデルならではのスポーツマインドが、最もコンパクトかつピュアな形で表現された「M2クーペ」。遅れて加わった6段MT仕様は、自らの意思で操る、スポーツカーの根源的な楽しさに満ちていた。
  • BMW M240iクーペ(FR/6MT)【試乗記】 2016.12.8 試乗記 コンパクトなボディーに、最高出力340psを発生する3リッター直6ターボエンジンを搭載した「BMW M240iクーペ」。MT仕様の試乗を通し、同門の高性能スポーツモデル「M2」に対するオルタナティブとしての実力を試す。
  • フォルクスワーゲン・アルテオンRライン4MOTIONアドバンス(4WD/7AT)【試乗記】 2018.1.22 試乗記 フォルクスワーゲンから新しい上級モデル「アルテオン」が登場。カッコよさに使いやすさ、そして快適な乗り心地と、およそジドーシャに求められるすべての要素を満たしたニューモデルに触れ、資本主義社会における商品のあり方について思いを巡らせた。
  • BMW 440iクーペ Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.23 試乗記 BMWがスペシャリティーモデル「4シリーズ」のエンジンラインナップを一新。各モデルに、モジュラー設計の新世代パワーユニットを採用した。最もパワフルな3リッター直6ターボが搭載された「440iクーペ」に試乗し、その実力を報告する。
  • 前編:新型「メガーヌGT」で駆ける 2018.1.31 最新ルノー・スポールを愉しむ<PR> ルノーのスポーツモデルには、同社のモータースポーツ活動を担うルノー・スポールの知見と技術が生かされている。その醍醐味(だいごみ)を、まずは新型「メガーヌGT」の走りを通して堪能した。
ホームへ戻る