「BMW M3クーペ」に30台限定の特別仕様車

2011.11.01 自動車ニュース

「BMW M3クーペ」に30台限定の特別仕様車

BMWジャパンは2011年11月1日、「BMW M3クーペ」の特別仕様車「Frozen Silver Edition(フローズン・シルバー・エディション)」の受注を開始した。全国30台の限定で、納車は2011年12月中頃からの予定。

今回の特別仕様車「BMW M3クーペ フローズン・シルバー・エディション」は、M3クーペのハイパフォーマンスなキャラクターを際立たせたモデルだ。

エクステリアでは、ボディーカラーにマット仕上げの特別限定色「フローズン・シルバー」を採用。さらに、マットブラックの19インチ・アロイホイールやダーククローム処理されたパーツ類、カーボン製のリアスポイラー/ミラーカバーなどの装着によって、スポーティーさが強調される。

インテリアでは、インストゥルメントパネルほか各部にカーボン素材をあしらうほか、グリップ部にアルカンターラを使用した専用ステアリングを装備。ブラックのノヴィロレザーシートにパラディウム・シルバーのアクセントとステッチを施すとともに、アームレストのカラーもパラディウム・シルバーでコーディネートした。ドアシルプレートも専用デザインとなる。

ドライビングダイナミクスにおいては、EDC(エレクトロニック・ダンパー・コントロール)を標準装備。DSC(ダイナミック・スタビリティー・コントロール)と共に特別セッティングを施すことで、よりスポーティーなドライビングを可能にしたとうたわれる。

価格は、1243万円。ハンドル位置は左右が選べる。

【BMW M3クーペ フローズン・シルバー・エディションの特別装備内容】
・外装色:フローズン・シルバー(メタリック)
・19インチMライトアロイホイール359M(マットブラック)
 フロント:9Jx19+245/35R19
 リア:10J×19+265/35R19
・ブラックのエンジンフードダクト
・ダーククローム仕上げのキドニーグリルのフレーム/サイドギル/エキゾーストテールパイプ
・カーボントランクスポイラー
・カーボンミラーカバー
・カーボンインテリアトリム(インストゥルメントパネル、ドアトリム、リアサイドトリム、フロント&リアコンソール)
・専用ステッチ入りパーキングブレーキレバー
・専用Mスポーツ・アルカンターラ・ステアリングホイール
・専用ドアシルプレート
・パラディウム・シルバーのハイライトならびにステッチを採用したノヴィロレザーインテリア
・パラディウム・シルバーのフロントドアアームレスト、センターアームレスト、リアアームレスト
・M Driveパッケージ
・M Drive
・EDC(エレクトロニック・ダンパー・コントロール)
・電動調節式サイドサポート(運転席&助手席)
・ランバー・サポート(運転席&助手席)
・EDCスポーツモードのセッティング変更
・DSCのセッティングをMライトアロイホイール359Mに最適化

(webCG)

「BMW M3クーペ フローズン・シルバー・エディション」
「BMW M3クーペ フローズン・シルバー・エディション」
 
「BMW M3クーペ」に30台限定の特別仕様車の画像
 
「BMW M3クーペ」に30台限定の特別仕様車の画像
 
「BMW M3クーペ」に30台限定の特別仕様車の画像

関連キーワード:
M3クーペBMW自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M2クーペ(FR/6MT)【試乗記】 2017.8.14 試乗記 BMWのMモデルならではのスポーツマインドが、最もコンパクトかつピュアな形で表現された「M2クーペ」。遅れて加わった6段MT仕様は、自らの意思で操る、スポーツカーの根源的な楽しさに満ちていた。
  • 「BMW 2シリーズ クーペ/カブリオレ」が新たなデザインで発売 2017.8.29 自動車ニュース BMWジャパンは2017年8月29日、「BMW 2シリーズ クーペ/カブリオレ」および「M2クーペ」に一部改良を実施し、販売を開始した。今回の改良では内外装デザインの刷新と、機能装備の拡充が行われた。
  • BMW G310R(MR/6MT)【レビュー】 2017.9.9 試乗記 小排気量セグメントという新たな市場に切り込むべく、ドイツの雄が送り込んだニューモデル「BMW G310R」がいよいよ登場。中型免許でも乗れる、お値段およそ60万円のストリートモデルでも、唯我独尊の世界をつらぬく“BMWらしさ”は健在なのか?
  • BMWが「1シリーズ」の内装デザインをリファイン 2017.8.23 自動車ニュース BMWジャパンは2017年8月23日、「BMW 1シリーズ」に一部改良を実施し、販売を開始した。今回は内装デザインの大幅変更と、一部装備の見直しが行われた。価格は「118i」の317万円から「M140i」の618万円まで。
  • スバルWRX STI タイプS(4WD/6MT)【試乗記】 2017.8.24 試乗記 マイナーチェンジを受けて、さらなる速さを手に入れた「スバルWRX STI」に試乗。新しい電子制御マルチモードDCCDを得た最新型の走りやいかに? 19インチタイヤを装着した上級モデル「タイプS」のステアリングを握った。
ホームへ戻る