「トヨタ・プリウス」に充実装備で低価格な特別仕様車が登場

2016.08.08 自動車ニュース
「トヨタ・プリウスS“セーフティープラス”」
「トヨタ・プリウスS“セーフティープラス”」 拡大

トヨタ自動車は2016年8月8日、「プリウス」に特別仕様車「S“セーフティープラス”」を設定し、販売を開始した。

プリクラッシュセーフティーの作動イメージ。
プリクラッシュセーフティーの作動イメージ。 拡大
シンプルインテリジェントパーキングアシストの作動イメージ。
シンプルインテリジェントパーキングアシストの作動イメージ。 拡大
カラーヘッドアップディスプレイ
カラーヘッドアップディスプレイ 拡大

今回の特別仕様車は、標準グレードの「S」をベースに、ミリ波レーダー+単眼カメラ方式の運転支援システム「Toyota Safety Sense P」などを特別装備したものである。

具体的な特別装備は以下の通り。

・Toyota Safety Sense P(プリクラッシュセーフティー<歩行者検知機能付き衝突回避支援タイプ/ミリ波レーダー+単眼カメラ方式>、レーダークルーズコントロール<全車速追従機能付き>、レーンディパーチャーアラート<ステアリング制御付き>、オートマチックハイビーム)
・インテリジェントクリアランスソナー
・シンプルインテリジェントパーキングアシスト
・カラーヘッドアップディスプレイ
・LEDフロントフォグランプ
・ナビレディセット(バックカメラ、ステアリングスイッチ<音声認識・ハンズフリー通話>)

ボディーカラーは「スティールブロンドメタリック」「アティチュードブラックマイカ」「シルバーメタリック」に、有償オプションの「ホワイトパールクリスタルシャイン」を加えた全4色。価格はFF車が269万3520円、4WD車が288万7920円。

(webCG)
 

関連キーワード:
プリウストヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • 15代目となる新型「トヨタ・クラウン」がデビュー 2018.6.26 自動車ニュース トヨタ自動車は2018年6月26日、フルモデルチェンジした新型「クラウン」を発売した。従来の「ロイヤル」「アスリート」「マジェスタ」といったモデル体系は廃止。2リッターターボ車と、2.5と3.5のハイブリッド車がラインナップされている。
  • レクサスES300h(FF/CVT)【海外試乗記】 2018.6.21 試乗記 1989年にデビューしながら日本未導入だった「レクサスES」。7代目となって、2018年秋からようやく日本でも販売されるようになる。レクサスの主力モデルは、ハイレベルなクオリティーと快適性を持つ優等生タイプの中型FFサルーンに仕上がっていた。
  • トヨタ・クラウン2.5 G/クラウン3.5 Gエグゼクティブ/クラウン2.0 RSアドバンス【試乗記】 2018.7.11 試乗記 先代まではオーナーの平均年齢が60歳を軽く超えていたという「トヨタ・クラウン」。このほど発売された新型には、ユーザーの若返りという使命が託された。40代半ばを超えたばかりのモータージャーナリスト塩見 智は、新型をどう評価する?
  • スズキ、新型「ジムニー/ジムニーシエラ」の情報を先行公開 2018.6.18 自動車ニュース スズキが、7月に発表される4代目となる新型「ジムニー/ジムニーシエラ」の一部情報を先行公開した。先祖返りしたようなクロスカントリー車然としたデザインが特徴で、中身もラダーフレームやパートタイム4WDといったメカニズムは踏襲されている。
ホームへ戻る