日産が「フェアレディZ」の快適装備を充実

2016.08.09 自動車ニュース
「日産フェアレディZ」
「日産フェアレディZ」 拡大

日産自動車は2016年8月9日、「フェアレディZ」の一部仕様を変更し、販売を開始した。

「カーウイングスナビゲーションシステム」のイメージ。
「カーウイングスナビゲーションシステム」のイメージ。 拡大
今回、「プレミアムアルティメイトイエロー」のボディーカラー(写真)が復刻設定された。
今回、「プレミアムアルティメイトイエロー」のボディーカラー(写真)が復刻設定された。 拡大

今回の仕様変更では、「バージョンST」および「NISMO」に「カーウイングスナビゲーションシステム」と「Boseサウンドシステム(8スピーカー)」、「アクティブ・サウンド・コントロール」、「アクティブ・ノイズ・コントロール」を標準装備。また「バージョンS」には「カーウイングスナビゲーションシステム」を標準装備とした。

また外装色には「プレミアムサンフレアオレンジ」に代えて、Z34型フェアレディZのデビュー時に設定のあった「プレミアムアルティメイトイエロー」を復刻設定した。

価格は、フェアレディZ(6MT)の383万1840円からフェアレディZ NISMO(7AT)の629万3160円まで。

(webCG)

関連キーワード:
フェアレディZ日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産フェアレディZ NISMO(FR/6MT)【試乗記】 2017.9.1 試乗記 1969年の誕生以来、6代にわたり歴史を積み重ねてきた日産伝統のスポーツカー「フェアレディZ」。デビューから間もなく9年を迎える現行モデルの実力を、高性能バージョンである「NISMO」の試乗を通して確かめた。
  • BMW i3ロッジ(RR)【試乗記】 2018.5.4 試乗記 モーターを搭載する電動車が増えつつある自動車業界で、2013年のデビュー以来、独自の存在感を放っている「BMW i3」。デザインが手直しされた最新のピュアEVに乗ってみると、ほかのエコカーでは得がたい個性が伝わってきた。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア ヴェローチェ(FR/8AT)【試乗記】 2018.5.3 試乗記 プレミアムブランドとしての復権をもくろむアルファ・ロメオが、満を持して投入したDセグメントのスポーツセダン「ジュリア」。新たに設定された280psのFRモデルに試乗し、新世代アルファの課題を浮き彫りにする。
  • ランドローバー・レンジローバー イヴォークHSEダイナミック(4WD/9AT)【試乗記】 2018.5.2 試乗記 ランドローバーのスタイリッシュなSUV「レンジローバー イヴォーク」の2018年モデルに試乗。細部のブラッシュアップもさることながら、最新型のハイライトは、なんといってもパワーユニットが刷新されたこと。大きな期待を胸に乗り込んでみると……
  • ジャガーEペースR-DYNAMIC SE P250(4WD/9AT)【試乗記】 2018.4.27 試乗記 ジャガーブランドの新型SUV「Eペース」は、ほかのメーカーが手がけるコンパクトSUVと何が違う? 新世代のガソリンターボエンジンを搭載する「R-DYNAMIC SE P250」に試乗して、その乗り味をチェックした。
ホームへ戻る