プジョー308GT BlueHDi(FF/6AT)/308SWアリュールBlueHDi(FF/6AT)

これぞ本場の実力 2016.08.12 試乗記 プジョーのクリーンディーゼルエンジン、BlueHDiを搭載する「308」シリーズに試乗した。いよいよ上陸した“本場”のディーゼルの走りやいかに?

1.6と2.0の2本立て

「待ちに待っていた」――そんなフレーズで歓迎をしたくなる、フランス発のモデルがやって来た。最新の排ガス対策システムと、高圧直接噴射装置を採用することを意味する「BlueHDi」の記号が与えられたディーゼルエンジンを搭載するプジョーとシトロエン車が、日本で正式発売されたのだ。

プジョーの「308」と「508」、シトロエンの「C4」とDSブランドの「DS 4」と、4つの車種にいずれも6段ATとの組み合わせで搭載されるのは、2タイプの4気筒ディーゼルエンジン。どちらも可変ジオメトリーターボを備え、2リッターユニットが180ps/400Nm、1.6リッターユニットが120ps/300Nmの最高出力/最大トルクを発生する。

排ガスのダーティーさを筆頭にネガティブ面ばかりがクローズアップされ、一時は完全に“死に絶えた”かにも思えた日本のディーゼル乗用車マーケット。それを今の時代へと復権させたのが、いち早く日本の基準への適合を図ったメルセデス・ベンツやBMW、さらにはそれら高額な輸入車勢よりもリーズナブルな価格によって、一気に普及を加速させたマツダの作品群であるのはご存じの通り。

けれども、古くからディーゼル乗用車がポピュラーな存在だった欧州の中にあっても、特に普及率の高かった市場であるフランス発のモデルは、少ない販売台数や日本の基準適合に必要な手間やコストなどの問題から、これまでなかなか参入が果たせなかった。

言うなれば、そんな“本場モノ”の作品であるからこそ、冒頭で述べたようにようやく実現となった日本への上陸を、「熱烈歓迎」したくなるというわけだ。

「308GT BlueHDi」に搭載される2リッターディーゼルユニット(180ps、400Nm)。JC08モード燃費は20.1km/リッター。
小径ステアリングホイールと、高い位置にメータークラスターを置く「ヘッドアップインストルメントパネル」が特徴的なインテリア。
「308GT BlueHDi」には、レッドステッチ入りのテップレザー/アルカンターラのスポーツシートが標準で装備される。
「308GT BlueHDi」のリアビュー。左右に配置されたテールパイプがスポーティーな雰囲気を演出する。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

308の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • プジョー308GT BlueHDi(FF/6AT)/308SWアリュールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.12 試乗記 プジョーのクリーンディーゼルエンジン、BlueHDiを搭載する「308」シリーズに試乗した。いよいよ上陸した“本場”のディーゼルの走りやいかに?
  • プジョー2008アリュール(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.22 試乗記 「プジョー2008」がマイナーチェンジを受け、新しいパワーユニットとよりSUVらしいスタイリングを得た。激戦のコンパクトSUV市場に本気で挑む、新世代ブルーライオンの旗手の実力をリポートする。
  • プジョー508SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.25 試乗記 2リッターのクリーンディーゼルエンジンが搭載された、プジョーのフラッグシップワゴン「508SW GT BlueHDi」に試乗。「GT(グランドツアラー)」の称号が与えられた新グレードの乗り味やいかに?
  • マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.10 試乗記 デビューからおよそ4年がたち、マツダのフラッグシップモデル「アテンザ」にマイナーチェンジが施された。“人間中心の開発哲学”に基づき最新の技術を投入したという、改良版の仕上がりやいかに? ディーゼルのワゴンモデルで確かめた。
  • プジョー508GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.16 試乗記 プジョーのラグジュアリーモデル「508」に、2リッターのクリーンディーゼルエンジンが搭載された。「GT」の2文字が示す通り、スポーティーなフラッグシップに生まれ変わったのがポイントだ。セダンの「508GT BlueHDi」に試乗した。
ホームへ戻る