ポルシェ911ターボ カブリオレ(4WD/7AT)

たしなむように乗れ 2016.08.13 試乗記 デビュー3年目の大幅改良で、動力性能のさらなる向上が図られた「ポルシェ911ターボ カブリオレ」。540psに達するパワーや走りを極めるハイテク装備こそ見どころと思いきや、試乗してみると、より根源的な魅力が伝わってきた。

心が全く乱れない

最新型の911ターボ カブリオレに乗ると、「金持ち喧嘩(けんか)せず」という言葉がスッと浮かんでくる。ことわざ本来の意味とは、ちょっと違うかもしれないが。911シリーズ最高峰の性能を持つ「911ターボ」をベースとしているにもかかわらず、乗り手が「走れ、走れ!」といたずらにかきたてられることがまるでない。実に落ち着いた気分でこの超高性能を楽しませてくれるのである。

ターボ カブリオレは、路上では非常に目立つ存在だ。事実、今回の試乗コースに含まれた東名高速道路をしずしずと走っているだけで、このマイアミブルーのワイドボディーが、周りの視線を集めてしまうのがわかる。周りのクルマたちの、動きがどことなく妙なのだ。中にはこのインパクトに吸い寄せられるかのように猛スピードで迫っては様子をうかがう、同じドイツ生まれのスポーツセダンもいた。

だが不思議なことに、こちらは一切カチンとくることもなく「お先にどうぞ」となってしまうのだ。すると相手は拍子抜けしたかのように、スピードを上げて先を急ぐ。
……あぁ、なんだかとっても気持ちいい。これこそが、この911ターボカブリオレの、とても大きな魅力だと筆者は思う。

現行型の「ポルシェ911ターボ カブリオレ」が登場したのは2013年。2016年1月のデトロイトモーターショーでは、そのマイナーチェンジ版が発表された。
サドルタンのレザーでおおわれたインテリア。タッチスクリーンを持つインフォテインメントシステムが備わる。ステアリングホイールの径は360mmで、その位置は左右とも選べる。
後席に乗車しない場合は、後方からの風の巻き込みを防ぐ、電動式のウインドディフレクターが利用できる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

911カブリオレの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • ポルシェ718ボクスターS(MR/7AT)【試乗記】 2016.11.17 試乗記 350psの2.5リッターフラット4ターボエンジン搭載の「718ボクスターS」に試乗。パワーはもちろん、乗り心地もハンドリングも抜かりなしの718ボクスターSだが、ポルシェにだってできないことはある。それは……。箱根の山道を目指した。
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュ(FR/8AT)【試乗記】 2016.11.8 試乗記 アストンマーティンのフラッグシップクーペ「ヴァンキッシュ」に試乗。6リッターのV12自然吸気エンジンを搭載するヴァンキッシュには神性すら漂う。人生の最後にはこんな車に乗るに相応(ふさわ)しい男になりたいものである。
  • ポルシェ718ボクスター(MR/6MT)【試乗記】 2016.9.21 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンが採用された、ポルシェの2シーターオープン「718ボクスター」に試乗。自然吸気の2.7リッター6気筒エンジンを搭載した従来モデルとの違いを含め、走りや乗り心地の印象を報告する。
ホームへ戻る