クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

MINIクーパーD 5ドア(FF/6AT)

MINIにはディーゼルがよく似合う 2016.08.15 試乗記 2016年春に導入されたMINIの最新ディーゼル商品群の中から、今回は5ドアの1.5リッターモデル「MINIクーパーD 5ドア」をチョイス。3気筒ユニットの出来栄えや、独特のドライブフィールを持つMINIというクルマとのマッチングを確かめた。

今一番新しいMINI

イギリスのEU離脱で、BMW MINIはどうなるのか。主力工場はすべて英国内にあるのだから、なんらかの影響を受けないということはないだろう。関税の復活でヨーロッパ大陸での販売価格が大きく上がるようなことになれば、生産拠点をイギリスから移転させる可能性もある。BMWから正式なアナウンスはまだないから、取り越し苦労をしても始まらないが、いずれにせよ、BMW MINIこそ、英国車でもドイツ車でもない、まさにEU車だったのだ。

そんなMINIの、最新バージョンがこれである。現行の3代目でついに登場した5ドアボディーに、この春、国内初導入の新世代クリーンディーゼルの組み合わせ。たくさんありすぎて、もう何がなんだかよくわからない人が、「とにかく一番新しいMINI持ってきて!」と頼んだら、MINI 5ドアのクリーンディーゼルがくる(?)。

今回試乗したのはクーパーDで、116psの1.5リッター3気筒ターボを搭載する。同じグレード名でも、クリーンディーゼルMINIシリーズ第1弾として2年前に登場した「クロスオーバー」「ペースマン」のクーパーDに使われる2リッター4気筒ターボとは異なる。1気筒増やすと2リッターにアップして「クーパーSD」用となる新しいモジュラーユニットの1.5リッタークリーンディーゼルである。

2014年10月にMINIファミリーに追加された「5ドア」。今回のディーゼルモデルの設定により、全5種類のグレード構成となった。
2014年10月にMINIファミリーに追加された「5ドア」。今回のディーゼルモデルの設定により、全5種類のグレード構成となった。 拡大
「MINIクーパーD 5ドア」のインストゥルメントパネルまわり。テスト車にはクロームの装飾パーツ一式からなる「クロームライン・インテリア」をはじめ、さまざまな有償オプションが採用されていた。
「MINIクーパーD 5ドア」のインストゥルメントパネルまわり。テスト車にはクロームの装飾パーツ一式からなる「クロームライン・インテリア」をはじめ、さまざまな有償オプションが採用されていた。 拡大
「MINI 5ドア」のディーゼルモデルは「クーパーD」「クーパーSD」の2種類。クーパーDには1.5リッターの3気筒ユニットが搭載される。
「MINI 5ドア」のディーゼルモデルは「クーパーD」「クーパーSD」の2種類。クーパーDには1.5リッターの3気筒ユニットが搭載される。 拡大

マナーは上々、パワーはそこそこ

このクルマの興味の焦点は、新しい1.5リッタークリーンディーゼルだろう。1.5リッターターボといえば、「マツダ・デミオ」のディーゼルもそうだが、あちらは4気筒。1気筒少なくて大丈夫なのか?

大丈夫である。音や振動の点では、マツダの4気筒と比べても遜色ないし、MINIを含むBMWの2リッター4気筒ディーゼルと乗り比べたって、マナーは見劣りしない。MINIのガソリン1.5リッター3気筒には、ちょっとくすぐったいような独特のビートを感じるが、人によってはネガに感じるそうした3気筒っぽさが、この1.5リッターディーゼルにはない。

排気量もパワーも、BMWクリーンディーゼルとしては一番のチビっこだが、十分な低速トルクと、素早く吹け上がらせるターボチューンのおかげで、力に不足はない。緩急の差が激しい混んだ町なかでは特に、ガソリンの1.5リッターMINIよりもキビキビ走れる。

ただし、高速道路や山坂などでここ一発のパンチが欲しいときには、ちょっと物足りないこともある。下であるように上でもあると思うな。これはディーゼル車の一般論である。ディーゼルにこだわり、よりオールマイティーなパワフルさを望むなら、2リッター4気筒のクーパーSDを奮発したほうがいいかもしれない。

「クーパーD」に搭載される1.5リッター直3ディーゼルターボエンジン。116psの最高出力と27.5kgmの最大トルクを発生する。


	「クーパーD」に搭載される1.5リッター直3ディーゼルターボエンジン。116psの最高出力と27.5kgmの最大トルクを発生する。
	拡大
トランスミッションはトルコン式6段ATのみ。他のディーゼルモデルや5ドアのグレードと同じく、MT仕様の設定はない。
トランスミッションはトルコン式6段ATのみ。他のディーゼルモデルや5ドアのグレードと同じく、MT仕様の設定はない。 拡大
「クーパーD 5ドア」の動力性能は、0-62mph(約100km/h)加速が9.5秒と公表されている(欧州仕様車)。
「クーパーD 5ドア」の動力性能は、0-62mph(約100km/h)加速が9.5秒と公表されている(欧州仕様車)。 拡大

おとなしい仕様も用意してはいかが?

ホイールベースを7cm延ばして、後席用ドアを与えたのが5ドアMINIである。リアのレッグルームにも余裕が生まれている。背もたれは相変わらず立ち気味で、足もとの床も窮屈だから、フル4シーターとはいえないものの、リアシートの乗降性は格段に向上した。
ボディー全長も伸びて、ジャスト4mになった。後席ドアは小ぶりで、特にリアシートから見ると、馬車のトビラみたいだが、それもオシャレに見えてしまうのがMINIの“車徳”である。

この3代目MINIでは、丸い特大センターメーターにカーナビの地図などを表示するディスプレイがついにビルトインされた。その円周部に埋め込まれた“ディスプレーリング“と呼ばれる電飾も新趣向だ。例えば、アイドリングストップ中は緑色の光が息をしているみたいに明滅する。カーナビの音声案内にも呼応して、さまざまな色とパターンで注意喚起する。夜乗ると、実ににぎやかだ。次期型MINIではマップマッチングとか言い出すんじゃなかろうか。

BMW MINIが発足時から力を入れているこうしたドイツ流の“お祭り演出”は、個人的にはゴメンナサイで、ダッシュボードのデザインも含めて、徹底的にシンプルなバージョンもつくってもらえないかなといつも思う。

エンジン回転数の変化や走行モードの状態など、さまざまな条件に反応して色が切り替わるLED式のディスプレイ装飾。「MINIエキサイトメント・パッケージ」に含まれる。
エンジン回転数の変化や走行モードの状態など、さまざまな条件に反応して色が切り替わるLED式のディスプレイ装飾。「MINIエキサイトメント・パッケージ」に含まれる。 拡大
テスト車には専用デザインのレザーシートやレザーステアリングホイール、本アルミの装飾パネル、ツートンの18インチアルミホイールなど、内外装の各所に「MINI Yoursデザイン・プログラム」のアイテムが採用されていた。
テスト車には専用デザインのレザーシートやレザーステアリングホイール、本アルミの装飾パネル、ツートンの18インチアルミホイールなど、内外装の各所に「MINI Yoursデザイン・プログラム」のアイテムが採用されていた。 拡大

シートに施された「MINI YOURS」のマーク。「MINI Yoursデザイン・プログラム」とは、より上質な素材や手間のかかる製法による部品や装飾で内外装をコーディネートするオプションプログラムで、「MINIコンバーチブル」の発売と同時に日本に導入された。


	シートに施された「MINI YOURS」のマーク。「MINI Yoursデザイン・プログラム」とは、より上質な素材や手間のかかる製法による部品や装飾で内外装をコーディネートするオプションプログラムで、「MINIコンバーチブル」の発売と同時に日本に導入された。
	拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

乗り味にマッチしている

1.5リッター3気筒ディーゼルの印象についてはすでに書いたが、“乗った感じ”はいつものMINIである。
ボディーには分厚い剛性感があり、乗り心地はズッシリと重厚だ。ステアリングの操舵(そうだ)力をはじめとして、すべての操作系は重めにしつけられている。運転していると、硬い革のカバンをイメージさせるような、BMW MINI独特のドライブフィールには、胸板の厚いディーゼルのほうがフィットしているかもしれない。スジが通っている感じがする。クリーンディーゼルMINIに乗ってみて、そう思った。

約500kmを走って、燃費は15.1km/リッターだった。以前乗ったガソリン1.5リッターの「クーパー」も似たようなものだったが、こちらは軽油だから、無鉛ハイオクガソリンより燃料単価は2~3割安い。燃費自慢の軽自動車と変わらない燃料コストで乗れる。
5ドアクーパーDの価格は318万円。同じボディーのガソリンクーパーより20万円高い。5ドアMINIを選ぶ人は、最初から目もくれないかもしれないが、3ドアのクーパーDは300万円だから、ドア2枚プラスのお代は18万円。ハイスペックのほうがお買い得に感じる価格設定は、いつもながらBMW MINIのうまいところである。

(文=下野康史<かばたやすし>/写真=荒川正幸)

「クーパーD 5ドア」の標準タイヤサイズは175/65R15。テスト車にはオプションの 18インチアルミホイールと、205/40R18サイズのタイヤが装着されていた。
「クーパーD 5ドア」の標準タイヤサイズは175/65R15。テスト車にはオプションの 18インチアルミホイールと、205/40R18サイズのタイヤが装着されていた。 拡大
ラゲッジルームの容量は278リッター。テスト車にはオプションのフロアボードが装備されており、多彩なアレンジが可能となっていた。(写真をクリックすると、可倒式シートとフロアボードによるアレンジが見られます)
ラゲッジルームの容量は278リッター。テスト車にはオプションのフロアボードが装備されており、多彩なアレンジが可能となっていた。(写真をクリックすると、可倒式シートとフロアボードによるアレンジが見られます) 拡大
燃費性能はガソリン車の「クーパー 5ドア」が18.3km/リッターなのに対し「クーパーD 5ドア」は23.9km/リッターとなる。(ともにJC08モード計測値)
燃費性能はガソリン車の「クーパー 5ドア」が18.3km/リッターなのに対し「クーパーD 5ドア」は23.9km/リッターとなる。(ともにJC08モード計測値) 拡大

テスト車のデータ

MINIクーパーD 5ドア

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4000×1725×1445mm
ホイールベース:2565mm
車重:1280kg
駆動方式:FF
エンジン:1.5リッター直3 DOHC 12バルブ ディーゼル ターボ
トランスミッション:6段AT
最高出力:116ps(85kW)/4000rpm
最大トルク:27.5kgm(270Nm)/1500-2250rpm
タイヤ:(前)205/40R18 86W/(後)205/40R18 86W(ピレリ・チントゥラートP7)
燃費:23.9km/リッター(JC08モード)
価格:318万円/テスト車=492万3000円
オプション装備:ボディーカラー<ムーンウォークグレー・メタリック>(2万9000円)/MINI Yoursレザーラウンジ(38万4000円)/PEPPERパッケージ<コンフォートアクセス+ストレージコンパートメント・パッケージ+MINIエキサイトメント・パッケージ+レインセンサー[自動ドライビングライト付き]+ライトパッケージ>(9万7000円)/ADVANCED SAFETYパッケージ(17万2000円)/NAVIGATIONパッケージ<ナビゲーションシステム+MINIコネクテッド>(17万8000円)/18インチアロイ MINI Yoursバニティー・スポーク 2トーン7J×18 205/40R18(32万8000円)/MINI Yoursスポーツレザーステアリング サテライトグレー<3本スポーク>(6万円)/ダイナミック・ダンパーコントロール(7万7000円)/クロームライン・インテリア(2万4000円)/カラーライン シャドーグレー(1万5000円)/インテリアサーフェイス MINI Yoursファイバーアロイ(5万5000円)/MINIドライビングモード(2万9000円)/ETC車載器システム内蔵 自動防眩(ぼうげん)ルームミラー(6万9000円)/LEDヘッドライト LEDフロントフォグランプ(10万3000円)/パーキングアシスト・パッケージ<PDCフロント&リア含む>(12万3000円)

テスト車の年式:2016年型
テスト開始時の走行距離:1941km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(2)/高速道路(6)/山岳路(2)
テスト距離:495.6km
使用燃料:32.8リッター(軽油)
参考燃費:15.1km/リッター(満タン法)/14.7km/リッター(車載燃費計計測値)
 

MINIクーパーD 5ドア
MINIクーパーD 5ドア 拡大

関連キーワード:
MINI 5ドアMINI試乗記

あなたにおすすめの記事