MINIクーパーD 5ドア(FF/6AT)

MINIにはディーゼルがよく似合う 2016.08.15 試乗記 2016年春に導入されたMINIの最新ディーゼル商品群の中から、今回は5ドアの1.5リッターモデル「MINIクーパーD 5ドア」をチョイス。3気筒ユニットの出来栄えや、独特のドライブフィールを持つMINIというクルマとのマッチングを確かめた。

今一番新しいMINI

イギリスのEU離脱で、BMW MINIはどうなるのか。主力工場はすべて英国内にあるのだから、なんらかの影響を受けないということはないだろう。関税の復活でヨーロッパ大陸での販売価格が大きく上がるようなことになれば、生産拠点をイギリスから移転させる可能性もある。BMWから正式なアナウンスはまだないから、取り越し苦労をしても始まらないが、いずれにせよ、BMW MINIこそ、英国車でもドイツ車でもない、まさにEU車だったのだ。

そんなMINIの、最新バージョンがこれである。現行の3代目でついに登場した5ドアボディーに、この春、国内初導入の新世代クリーンディーゼルの組み合わせ。たくさんありすぎて、もう何がなんだかよくわからない人が、「とにかく一番新しいMINI持ってきて!」と頼んだら、MINI 5ドアのクリーンディーゼルがくる(?)。

今回試乗したのはクーパーDで、116psの1.5リッター3気筒ターボを搭載する。同じグレード名でも、クリーンディーゼルMINIシリーズ第1弾として2年前に登場した「クロスオーバー」「ペースマン」のクーパーDに使われる2リッター4気筒ターボとは異なる。1気筒増やすと2リッターにアップして「クーパーSD」用となる新しいモジュラーユニットの1.5リッタークリーンディーゼルである。

2014年10月にMINIファミリーに追加された「5ドア」。今回のディーゼルモデルの設定により、全5種類のグレード構成となった。
2014年10月にMINIファミリーに追加された「5ドア」。今回のディーゼルモデルの設定により、全5種類のグレード構成となった。
「MINIクーパーD 5ドア」のインストゥルメントパネルまわり。テスト車にはクロームの装飾パーツ一式からなる「クロームライン・インテリア」をはじめ、さまざまな有償オプションが採用されていた。
「MINIクーパーD 5ドア」のインストゥルメントパネルまわり。テスト車にはクロームの装飾パーツ一式からなる「クロームライン・インテリア」をはじめ、さまざまな有償オプションが採用されていた。
「MINI 5ドア」のディーゼルモデルは「クーパーD」「クーパーSD」の2種類。クーパーDには1.5リッターの3気筒ユニットが搭載される。
「MINI 5ドア」のディーゼルモデルは「クーパーD」「クーパーSD」の2種類。クーパーDには1.5リッターの3気筒ユニットが搭載される。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

MINI 5ドアの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る