第4回 贅沢は不倶戴天の敵

2016.08.16 エッセイ

普段のゲタに800万円も出せるか!

神であるフェラーリ様を信仰しつつ、大和(ド中古初代「プリウス」)で燃費との激しい戦闘を繰り返し、欧州の吉野家牛丼(並)(欧州製ディーゼル乗用車を指す)を食って生きる生活こそ、究極の多様性に満ちた刺激的なカーライフ! まさにカンブリア紀の生命大爆発! という直感を得た私だったが、そこに大きな壁が立ちはだかった。

この悟りを得た2009年当時の本邦においては、クリーンディーゼル乗用車のラインナップが極めて乏しかったのである。

具体的には「メルセデス・ベンツE320 CDI」と「日産エクストレイル20GT」のみ。生態系がカバとハコフグしかなかった。

実をいえば、カバもハコフグも非常に魅力的なクルマではあった。特にカバのトルクフルな走りは悪魔的で、牛丼も極めればここまで来るのか! と感嘆させられた。同じ牛丼でも吉野家牛丼(並)とは大変な違いである。

しかし私には、そんな超高級牛丼を毎日食う生活は想像できなかった。想像できないというより好きになれない。それは違う、毎日フェラーリに乗るのはもちろんダメだけど、毎日E320 CDIに乗るのもなんかちょっとダメ! 毎日吉兆のお弁当食うみたいで。

もちろん、この辺の感覚には個人差があろう。E320 CDIは普段のゲタとして開発されたクルマなわけだし。

しかしそれはあくまで富裕層のゲタだ。庶民がゲタに800万円も出すのは絶対に間違っている。フェラーリ様を買うために血や臓器を売るのは正しいが、ゲタに800万円は絶対やってはいけないことだ!!

清水草一いわく、“カバ”こと「メルセデス・ベンツE320 CDI」。


	清水草一いわく、“カバ”こと「メルセデス・ベンツE320 CDI」。
“ハコフグ”こと「日産エクストレイル 20GT」
“ハコフグ”こと「日産エクストレイル 20GT」
吉野家牛丼(並)ならぬ、ベジ牛丼。齢54ゆえ、健康にも心がけている。
吉野家牛丼(並)ならぬ、ベジ牛丼。齢54ゆえ、健康にも心がけている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本唯一の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算44台、うち10台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。