日産、栃木工場で新型「インフィニティQ60」の生産を開始

2016.08.10 自動車ニュース
新型「インフィニティQ60」の生産ライン。
新型「インフィニティQ60」の生産ライン。

日産自動車は2016年8月10日、栃木工場でインフィニティブランドの新型スポーツクーペ「Q60」の本格生産を開始したと発表した。

栃木工場の様子。
栃木工場の様子。
新型「インフィニティQ60」
新型「インフィニティQ60」

日産は1989年のインフィニティブランドの設立以来、栃木工場で同ブランドの車両の生産を行っている。新型Q60の生産に際しては、同車の特徴である鋭いアングルとボディーラインを実現するため、深いボディープレス加工技術の採用や、樹脂製トランクリッド用の新しい治具の設置など、プレスおよび組立工程を中心に生産ラインを改良。また品質管理の向上のため、検査工程に新しい照明システム、組み立て工程にカメラ・ビデオシステムをそれぞれ導入したという。

このほかにも、新色である「ダイナミック・サンドストーン・レッド」の塗装のため、新たに専用の塗装ブースを設置。塗装の厚さや品質の、より緻密な管理を可能にしている。

なお、現行型のインフィニティQ60にはクーペとコンバーチブルがラインナップされており、このうちのクーペについては日本でも「スカイラインクーペ」として販売が行われていた。ただし、今回生産が開始された新型の日本導入について、同社は現在のところ未定としている。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。