「谷口信輝の新車試乗」――マクラーレン570Sクーペ(後編)

2016.08.11 mobileCG

「谷口信輝の新車試乗」――マクラーレン570Sクーペ(後編)

SUPER GTや86/BRZ Raceなど、数々のモータースポーツシーンで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回も引き続き、「マクラーレン570Sクーペ」に試乗する。谷口にとって、このクルマは100点満点で何点なのか? レーシングドライバー視点で570Sクーペを斬る!

■タイヤの性能をフルに引き出したい

加速力やトラクション性能に感嘆するいっぽうで、(1)アクセルを踏み直したときのトルクのつき、(2)ハードブレーキング時のスタビリティー不足、(3)ブレーキタッチの初期で制動力が立ち上がらない、の3点について不満を漏らした谷口信輝。これらの指摘は、谷口の考えるクルマ哲学と深く関わっているという。この点を、もう少し具体的に語ってもらうことにしよう。

「たとえば、僕がクルマをチューニングするとしますよね。その場合、僕はとにかくクルマのタイムラグを消していきます。以前に『トヨタ86』をチューニングしたことがありますが、このときもエンジンにはターボチャージャーじゃなくてスーパーチャージャーをつけて、さらにファイナルをローギアードなものに替えている。そうやって、とにかくトルクが素早く立ち上がるようにするんです」「なぜ、そんなことをするかといえば、僕がトルクが欲しいと思ったその瞬間にトルクが立ち上がってくれないと、タイヤの性能を余らせてしまうことになるからなんです」

エンジンのレスポンスとタイヤの性能を余らせることの間にどんな関係があるのか、ここで簡単な解説を付け加えてみる。タイヤの性能には、ご存じの通り加減速を生み出す縦グリップと横Gを支える横グリップがある。ただし、タイヤは純粋に横方向だけ、もしくは縦方向だけに機能するわけではなく、その間も縦横の比率を変化させながら連続的にグリップ力を発生する。この特性を360度のグラフに表したものがいわゆるフリクションサークルで、文字通り円に近い形をなす。(続く)

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

(語り=谷口信輝/まとめ=大谷達也<Little Wing>/写真=小林俊樹)

この記事は会員限定公開です。モバイル版webCGにてプレミアム会員(有料)に登録すると、続きをお読みいただけます。

【アクセス方法】

◇スマートフォンサイト◇

ブラウザのURL欄に「https://www.webcg.net」と入力するか、左の「QRコード」を読み取ってください。
または、検索エンジンで「webCG」と検索してもアクセスできます。

【初月無料キャンペーン実施中!】
クレジットカードでの初回登録に限り、ご契約いただいた日からその月の末日まで、無料でご利用いただけます。
»詳しくはこちら

◇ケータイサイト◇

左の「QRコード」を読み取ってください。
または、検索エンジンで「webCG」と検索してもアクセスできます。

関連キーワード:
570Sマクラーレン

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マクラーレン720Sラグジュアリー(MR/7AT)【試乗記】 2018.1.23 試乗記 最新のカーボンファイバーシャシーや最高出力720psのターボエンジンが与えられた、マクラーレンの中核モデル「720S」に試乗。歴代のマクラーレンを含む、さまざまなスーパースポーツに接してきた清水草一が、その実力を報告する。
  • ポルシェ911 GT3 RS(RR/7AT)【海外試乗記】 2018.5.23 試乗記 991型「ポルシェ911」の集大成ともいえるスペシャルモデル「GT3 RS」に、ニュルブルクリンクGPコースで試乗。軽量ボディーに歴代GT3 RS最高となる520psの自然吸気エンジンを載せたマシンは、緊張感と高揚感をドライバーにもたらした。
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • アストンマーティンDB11 AMRシグネチャーエディション(FR/8AT)【海外試乗記】 2018.6.12 試乗記 12気筒エンジンを搭載する「アストンマーティンDB11」をベースに開発された、高性能モデル「DB11 AMR」に試乗。足まわりやパワートレインのチューニングは大掛かりではないものの、その走りは、オリジナルとは大きく異なるものだった。
  • メルセデス・ベンツG550(4WD/9AT)/メルセデスAMG G63(4WD/9AT)【試乗記】 2018.7.17 試乗記 今やアイコン的存在となっているメルセデス・ベンツのクロスカントリーモデル「Gクラス」。新設計のボディーやフロント独立懸架の足まわりを得て、劇的な進化を遂げたというニューモデルの出来栄えを、“オン”と“オフ”の両方で確かめた。
ホームへ戻る