「谷口信輝の新車試乗」――マクラーレン570Sクーペ(後編)

2016.08.11 mobileCG
 
「谷口信輝の新車試乗」――マクラーレン570Sクーペ(後編)の画像

「谷口信輝の新車試乗」――マクラーレン570Sクーペ(後編)

SUPER GTや86/BRZ Raceなど、数々のモータースポーツシーンで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回も引き続き、「マクラーレン570Sクーペ」に試乗する。谷口にとって、このクルマは100点満点で何点なのか? レーシングドライバー視点で570Sクーペを斬る!

 
「谷口信輝の新車試乗」――マクラーレン570Sクーペ(後編)の画像
 
「谷口信輝の新車試乗」――マクラーレン570Sクーペ(後編)の画像
 
「谷口信輝の新車試乗」――マクラーレン570Sクーペ(後編)の画像
 
「谷口信輝の新車試乗」――マクラーレン570Sクーペ(後編)の画像

■タイヤの性能をフルに引き出したい

加速力やトラクション性能に感嘆するいっぽうで、(1)アクセルを踏み直したときのトルクのつき、(2)ハードブレーキング時のスタビリティー不足、(3)ブレーキタッチの初期で制動力が立ち上がらない、の3点について不満を漏らした谷口信輝。これらの指摘は、谷口の考えるクルマ哲学と深く関わっているという。この点を、もう少し具体的に語ってもらうことにしよう。

「たとえば、僕がクルマをチューニングするとしますよね。その場合、僕はとにかくクルマのタイムラグを消していきます。以前に『トヨタ86』をチューニングしたことがありますが、このときもエンジンにはターボチャージャーじゃなくてスーパーチャージャーをつけて、さらにファイナルをローギアードなものに替えている。そうやって、とにかくトルクが素早く立ち上がるようにするんです」「なぜ、そんなことをするかといえば、僕がトルクが欲しいと思ったその瞬間にトルクが立ち上がってくれないと、タイヤの性能を余らせてしまうことになるからなんです」

エンジンのレスポンスとタイヤの性能を余らせることの間にどんな関係があるのか、ここで簡単な解説を付け加えてみる。タイヤの性能には、ご存じの通り加減速を生み出す縦グリップと横Gを支える横グリップがある。ただし、タイヤは純粋に横方向だけ、もしくは縦方向だけに機能するわけではなく、その間も縦横の比率を変化させながら連続的にグリップ力を発生する。この特性を360度のグラフに表したものがいわゆるフリクションサークルで、文字通り円に近い形をなす。(続く)

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

(語り=谷口信輝/まとめ=大谷達也<Little Wing>/写真=小林俊樹)

 【mobileCGへのアクセス方法】

◇スマートフォンをお使いの方◇

「QRコード」読み取り機能搭載機種をお持ちの方はこちらからアクセスできます。
「mobileCG」「webCG」を検索いただいてもアクセスできます。

http://www.webcg.net

 

◇従来のケータイ版「mobileCG」はこちらから◇

「QRコード」からアクセスできます。

docomo:iMENU→メニュー/検索 → 趣味/娯楽 → クルマ/バイク → カーグラフィック
au:EZトップメニュー → カテゴリで探す → スポーツ・レジャー → 車・バイク→モバイルカーグラフィック
SoftBank:Yahoo!ケータイ → メニューリスト → 趣味・レジャー → クルマ・バイク → カーグラフィック

 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マクラーレン540Cクーペ(MR/7AT)【試乗記】 2016.9.5 試乗記 マクラーレンの最新モデルにして、そのラインナップにおけるエントリーモデルの役割を担う「540C」。フェラーリともランボルギーニとも、ポルシェとも一味ちがう、英国のスポーツカーならではのドライブフィールに触れた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTIクラブスポーツ ストリートエディション(FF/6AT)【試乗記】 2016.9.8 試乗記 「GTI」シリーズの誕生40周年を祝う限定モデル「フォルクスワーゲン・ゴルフGTIクラブスポーツ」に、第2弾となる「ストリートエディション」が登場。エンジンやドライブトレインなど、各所に施された独自のチューニングが織り成す走りを試した。
  • 第45回:スターの幸福感 2017.6.13 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第45回は「スターの幸福感」。“巨乳”の「フェラーリ458イタリア」を手放し、“ステキなCカップ”「フェラーリ328GTS」を手に入れた筆者。新入りの赤いフェラーリがもたらしたヨロコビとは? 
  • 第44回:巨乳にも限度がある 2017.6.6 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第44回は「巨乳にも限度がある」。「一生乗る!」との決意とともに2580万円で購入した「フェラーリ458イタリア」、筆者がその“お宝”を手放したワケとは? 進化しすぎたスーパーカーにモノ申す。
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【海外試乗記】 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
ホームへ戻る