ルノー・カングー ゼンEDC(FF/6AT)

僕らのためのカングー 2016.08.17 試乗記 日本でも根強い人気を誇る「ルノー・カングー」に、1.2リッター直噴ターボエンジンとデュアルクラッチ式ATを組み合わせた「ゼンEDC」が登場。新たなパワートレインと、カングーならではのふんわりとした走り心地のマッチングやいかに?

“欲しいクルマリスト”の常連

クルマ好きとはわれながらしょうもない生き物で、いまの愛車に満足しつつも次に乗りたいクルマのリストを日々更新していたりする。想像するだけで楽しめるのだから、安上がりな娯楽ではある。

候補車リストは「totoが当たったとき用」と「200万円台の現実路線」の2通りがあって、前者は「テスラ・モデルS」から「マセラティ・メラクSS」まで、想像の翼が自由に羽ばたく。では「現実路線」がつまらないかというとそんなことはなくて、「プジョー308」のディーゼルとか「マツダ・ロードスター」とか、キャラの立った愉快なモデルがたくさんある。

現実路線の候補車のなかで常にリストアップされるのは、快適な乗り心地、楽しい操縦性、使い勝手のよさと、三拍子がそろったルノー・カングーだ。カングーについては色のバリエーションからカーナビのオプション設定まで、いつディーラーに行っても大丈夫なように(?)、常に情報をアップデートしている。

そのカングーに、いままでになかった組み合わせのパワートレインが追加された。1.2リッター直噴ターボエンジンに新たに6段EDC(エフィシェント・デュアル・クラッチ)が組み合わされる仕様が設定されたとあれば、聞き捨てならない。webCG編集部のスタッフとともに、試乗会会場へ急行した。

気合が入りすぎて受付に一番乗りしたので、写真映えする黄色を選ぶことができた。驚いたのは正式名称「ジョン アグリュム」、日本語に訳せばシトラスの黄色というしゃれた名称のこの色は、日本専用色だということ。ヨーロッパでは商用車として使われるケースが多いカングーは、かの地ではジミな色が多いとのことだ。言われてみれば、日本で黄色い「ハイエース」や「プロボックス」は見かけない。

ちなみに6段EDCが追加されただけで、外観にもインテリアにも一切変更はない。見慣れた運転席におさまり、1.2リッター直噴ターボエンジンを始動する。
駐車場を出てすぐに、6段EDCが予想していたフィーリングとはまるで違うことに気付いた。

フランスのモーブージュ工場で生産される「カングー」。欧州では主に商用車として活躍している。
新グレードの「ゼンEDC」だが、内外装の仕様については、既存の「ゼン6MT」や「ゼンAT」と大きな違いはない。
ライトグレーのアクセントが目を引くファブリックシート。「ゼンEDC」には「ゼン6MT」と同じく、助手席に可倒機構が備わる。
3席に均等にスペースが振り分けられた後席。可倒機構は6:4の2分割式。
「カングー」ではおなじみのイエローのボディーカラーだが、実は本国では2013年に廃止されており、現在では日本専用色となっている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

カングーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ルノー・トゥインゴ インテンス/スマート・フォーフォー ターボ(前編)【試乗記】 2016.10.10 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」と「スマート・フォーフォー」、国籍もメーカーも違うコンパクトカーだが、この新型から基本構造を共有する“兄弟車”になったのはご承知のとおり。試乗記の前編ではトゥインゴにスポットライトを当て、その実力を浮き彫りにする。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
  • ホンダS660 MUGEN RA(MR/6MT)【試乗記】 2016.11.18 試乗記 ホンダのミドシップ・マイクロスポーツカー「S660」をベースに、無限が独自の改良を施したコンプリートカー「S660 MUGEN RA」。モータースポーツ直系のノウハウが注ぎ込まれた、660台限定のチューンドカーの走りを報告する。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル R-Line (FF/7AT)【レビュー】 2016.11.9 試乗記 フォルクスワーゲンのブランドアイコンモデル「ザ・ビートル」に新グレードの「ザ・ビートル R-Line」が追加された。限定車以外では始めて、ブルーモーションテクノロジーを採用した1.4リッターTSIエンジンを搭載し、燃費も上々。では、一番“おいしい”ポイントは? 他グレードとの比較を試みた。
ホームへ戻る