ルノー・カングー ゼンEDC(FF/6AT)

僕らのためのカングー 2016.08.17 試乗記 日本でも根強い人気を誇る「ルノー・カングー」に、1.2リッター直噴ターボエンジンとデュアルクラッチ式ATを組み合わせた「ゼンEDC」が登場。新たなパワートレインと、カングーならではのふんわりとした走り心地のマッチングやいかに?

“欲しいクルマリスト”の常連

クルマ好きとはわれながらしょうもない生き物で、いまの愛車に満足しつつも次に乗りたいクルマのリストを日々更新していたりする。想像するだけで楽しめるのだから、安上がりな娯楽ではある。

候補車リストは「totoが当たったとき用」と「200万円台の現実路線」の2通りがあって、前者は「テスラ・モデルS」から「マセラティ・メラクSS」まで、想像の翼が自由に羽ばたく。では「現実路線」がつまらないかというとそんなことはなくて、「プジョー308」のディーゼルとか「マツダ・ロードスター」とか、キャラの立った愉快なモデルがたくさんある。

現実路線の候補車のなかで常にリストアップされるのは、快適な乗り心地、楽しい操縦性、使い勝手のよさと、三拍子がそろったルノー・カングーだ。カングーについては色のバリエーションからカーナビのオプション設定まで、いつディーラーに行っても大丈夫なように(?)、常に情報をアップデートしている。

そのカングーに、いままでになかった組み合わせのパワートレインが追加された。1.2リッター直噴ターボエンジンに新たに6段EDC(エフィシェント・デュアル・クラッチ)が組み合わされる仕様が設定されたとあれば、聞き捨てならない。webCG編集部のスタッフとともに、試乗会会場へ急行した。

気合が入りすぎて受付に一番乗りしたので、写真映えする黄色を選ぶことができた。驚いたのは正式名称「ジョン アグリュム」、日本語に訳せばシトラスの黄色というしゃれた名称のこの色は、日本専用色だということ。ヨーロッパでは商用車として使われるケースが多いカングーは、かの地ではジミな色が多いとのことだ。言われてみれば、日本で黄色い「ハイエース」や「プロボックス」は見かけない。

ちなみに6段EDCが追加されただけで、外観にもインテリアにも一切変更はない。見慣れた運転席におさまり、1.2リッター直噴ターボエンジンを始動する。
駐車場を出てすぐに、6段EDCが予想していたフィーリングとはまるで違うことに気付いた。

フランスのモーブージュ工場で生産される「カングー」。欧州では主に商用車として活躍している。
フランスのモーブージュ工場で生産される「カングー」。欧州では主に商用車として活躍している。
新グレードの「ゼンEDC」だが、内外装の仕様については、既存の「ゼン6MT」や「ゼンAT」と大きな違いはない。
新グレードの「ゼンEDC」だが、内外装の仕様については、既存の「ゼン6MT」や「ゼンAT」と大きな違いはない。
ライトグレーのアクセントが目を引くファブリックシート。「ゼンEDC」には「ゼン6MT」と同じく、助手席に可倒機構が備わる。
ライトグレーのアクセントが目を引くファブリックシート。「ゼンEDC」には「ゼン6MT」と同じく、助手席に可倒機構が備わる。
3席に均等にスペースが振り分けられた後席。可倒機構は6:4の2分割式。
3席に均等にスペースが振り分けられた後席。可倒機構は6:4の2分割式。
「カングー」ではおなじみのイエローのボディーカラーだが、実は本国では2013年に廃止されており、現在では日本専用色となっている。
「カングー」ではおなじみのイエローのボディーカラーだが、実は本国では2013年に廃止されており、現在では日本専用色となっている。
関連記事
  • アペリティフ365 in東京の会場から 2017.5.19 画像・写真 東京・渋谷区の代官山ヒルサイドテラスで、「アペリティフ365 in東京」が開催された。フランス人が好むとされる、食事の前に飲み物とアミューズ(おつまみ)を楽しむ“アペリティフ”という習慣を、日本でも楽しもうというイベントである。会場の様子を写真でリポートする。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • ルノー・トゥインゴ インテンス キャンバストップ(RR/6AT)【試乗記】 2016.9.14 試乗記 パリジャン&パリジェンヌはシンプルで合理的なクルマがお好き? ルノーのAセグメントコンパクト「トゥインゴ」が3代目にフルモデルチェンジ。RRの駆動方式がかなえる走りと、このクルマならではの魅力をリポートする。
  • 「ルノー・キャプチャー」の特別仕様車、2タイプ同時に発売 2017.5.11 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年5月11日、コンパクトクロスオーバー「ルノー・キャプチャー」の特別仕様車「キャプチャー エクスプレッション」「キャプチャー プレミアム」を発表。同日、販売を開始した。
  • 仏プジョー、本国で「308」をマイナーチェンジ 2017.5.8 自動車ニュース フランスのグループPSAは2017年5月5日、「プジョー308」のマイナーチェンジモデルの概要を発表した。フロントまわりのデザインが変更を受けるほか、先進運転支援システムが強化される。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • アウディQ2 2017.4.26 画像・写真 アウディが新型の小型SUV「Q2」の日本導入を発表。機械式駐車場にも入るボディーサイズが特徴で、1リッターと1.4リッターの2種類のターボエンジンが用意されている。アウディSUV製品群の末っ子にあたる、ニューモデルの姿を写真で紹介する。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • ルノー・ルーテシア ルノースポール トロフィー(FF/6AT)【試乗記】 2015.11.25 試乗記 ルノーのホットハッチ「ルーテシア ルノースポール」の中でも、“最高峰モデル”とされる「トロフィー」に試乗。専用チューンのエンジンや足まわりを吟味しつつワインディングロードを走らせてみると、ルノースポールならではの職人技が見えてきた。
ホームへ戻る