ルノー・カングー ゼンEDC(FF/6AT)

僕らのためのカングー 2016.08.17 試乗記 日本でも根強い人気を誇る「ルノー・カングー」に、1.2リッター直噴ターボエンジンとデュアルクラッチ式ATを組み合わせた「ゼンEDC」が登場。新たなパワートレインと、カングーならではのふんわりとした走り心地のマッチングやいかに?

“欲しいクルマリスト”の常連

クルマ好きとはわれながらしょうもない生き物で、いまの愛車に満足しつつも次に乗りたいクルマのリストを日々更新していたりする。想像するだけで楽しめるのだから、安上がりな娯楽ではある。

候補車リストは「totoが当たったとき用」と「200万円台の現実路線」の2通りがあって、前者は「テスラ・モデルS」から「マセラティ・メラクSS」まで、想像の翼が自由に羽ばたく。では「現実路線」がつまらないかというとそんなことはなくて、「プジョー308」のディーゼルとか「マツダ・ロードスター」とか、キャラの立った愉快なモデルがたくさんある。

現実路線の候補車のなかで常にリストアップされるのは、快適な乗り心地、楽しい操縦性、使い勝手のよさと、三拍子がそろったルノー・カングーだ。カングーについては色のバリエーションからカーナビのオプション設定まで、いつディーラーに行っても大丈夫なように(?)、常に情報をアップデートしている。

そのカングーに、いままでになかった組み合わせのパワートレインが追加された。1.2リッター直噴ターボエンジンに新たに6段EDC(エフィシェント・デュアル・クラッチ)が組み合わされる仕様が設定されたとあれば、聞き捨てならない。webCG編集部のスタッフとともに、試乗会会場へ急行した。

気合が入りすぎて受付に一番乗りしたので、写真映えする黄色を選ぶことができた。驚いたのは正式名称「ジョン アグリュム」、日本語に訳せばシトラスの黄色というしゃれた名称のこの色は、日本専用色だということ。ヨーロッパでは商用車として使われるケースが多いカングーは、かの地ではジミな色が多いとのことだ。言われてみれば、日本で黄色い「ハイエース」や「プロボックス」は見かけない。

ちなみに6段EDCが追加されただけで、外観にもインテリアにも一切変更はない。見慣れた運転席におさまり、1.2リッター直噴ターボエンジンを始動する。
駐車場を出てすぐに、6段EDCが予想していたフィーリングとはまるで違うことに気付いた。

フランスのモーブージュ工場で生産される「カングー」。欧州では主に商用車として活躍している。
フランスのモーブージュ工場で生産される「カングー」。欧州では主に商用車として活躍している。
新グレードの「ゼンEDC」だが、内外装の仕様については、既存の「ゼン6MT」や「ゼンAT」と大きな違いはない。
新グレードの「ゼンEDC」だが、内外装の仕様については、既存の「ゼン6MT」や「ゼンAT」と大きな違いはない。
ライトグレーのアクセントが目を引くファブリックシート。「ゼンEDC」には「ゼン6MT」と同じく、助手席に可倒機構が備わる。
ライトグレーのアクセントが目を引くファブリックシート。「ゼンEDC」には「ゼン6MT」と同じく、助手席に可倒機構が備わる。
3席に均等にスペースが振り分けられた後席。可倒機構は6:4の2分割式。
3席に均等にスペースが振り分けられた後席。可倒機構は6:4の2分割式。
「カングー」ではおなじみのイエローのボディーカラーだが、実は本国では2013年に廃止されており、現在では日本専用色となっている。
「カングー」ではおなじみのイエローのボディーカラーだが、実は本国では2013年に廃止されており、現在では日本専用色となっている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

カングーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • 「ルノー・ルーテシア」に0.9リッターターボ+5段MTの限定車登場 2017.2.1 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年2月1日、マイナーチェンジした「ルーテシア」に特別仕様車「ルーテシアS MT」を設定し、同年2月9日に発売すると発表した。100台の台数限定で、価格は199万円。
  • 「ルノー・ルーテシア」がマイナーチェンジ 2017.2.1 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年2月1日、コンパクトハッチバック「ルーテシア」にマイナーチェンジを実施し、「インテンス/ゼン」グレードを同年2月9日に発売すると発表した。併せて、「アクティフ」の導入も発表。こちらは注文生産で、3月23日に発売する。
  • 日産ノートe-POWER X モード・プレミア(FF)【試乗記】 2017.2.4 試乗記 シリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」を搭載する、「日産ノート」のカスタマイズモデル「ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗。高級感を演出した見た目にとどまらない、個性的な走りの質を報告する。
  • 三菱eKスペース カスタムT セーフティーパッケージ (FF/CVT)【試乗記】 2017.2.10 試乗記 「三菱eKスペース」がデザイン変更と装備の強化を中心とした大幅改良を受けた。後発の軽スーパーハイトワゴンは、ライバルの多いこの市場で独自性をアピールすることができるのか? 従来モデルとの違いをもとに考察した。
ホームへ戻る