マツダ・アクセラスポーツ15XD(FF/6AT)/アクセラセダン22XD Lパッケージ(FF/6AT)

いつもどこか確かに違う 2016.08.18 試乗記 「マツダ・アクセラ」がマイナーチェンジを受け、1.5リッターディーゼルエンジンを搭載する「15XD」が登場。また、さらなる人馬一体感を実現する「G-ベクタリングコントロール」が採用されるなど、その走りが一段と磨かれた。「15XD」と、2.2リッターディーゼルの「22XD」を乗り比べてみた。

忘れられていなかったペダル

やはり“オルガン”にしたかったのだ。“大幅改良”された新しいアクセラの注目点がこれまで「デミオ」と「CX-3」のみに積まれていた1.5リッターディーゼルターボを積んだモデルの追加設定と、「エンジンでシャシー性能を高める」という例の「G-ベクタリングコントロール」が実際のモデルに初めて投入されたことなのは間違いない。それに比べれば小さなトピックかもしれないが、まずはマツダがこだわるドライビングポジションの話題を紹介したい。

“人馬一体”を追求するマツダはすべての基本として適切なドライビングポジションにこだわってきており、2012年の「CX-5」から始まったマツダの新世代モデルはスロットルペダルがいわゆるオルガン式に変更されているが、「アクセラハイブリッド」のみ積み残しになっていた。ご存じのようにアクセラのハイブリッドシステムはトヨタから供給されているもので、その都合でスロットルペダルだけをマツダ製に変更するのは難しかったのだが、今回、ハイブリッドモデルもめでたくオルガン式に変更された。つり下げ式ペダルがすべて悪いというわけではなく、操作に力が必要だとしてオルガン式を嫌う人もいるが、ステアリングホイールに正対した自然なポジションを設定し、また適切な操作性や疲労度を考えればオルガン式の優位は明らかだと思う。3年前の“忘れ物”をきっちり取り戻したところにマツダの執念が表れている。

ちなみに、昔有名な整体の先生に聞いた話だが、長時間どちらかの脚だけに力が加わっているような不均衡な姿勢は最も避けるべきだという。たとえばタクシーの運転手で腰痛に悩む人が多いのは、シートそのもの以上に、正対して両脚で均等に支える正しいドライビングポジションが取れないことが理由ではないかという。

テレビCMで声高に宣伝するようなことではないかもしれないが、ステアリングホイールが新しくなっていることも見逃せない。レザーそのものがよりしっとりとした感触のものに変更されているうえに、センター部(エアバッグカバー)が小径化(φ164→150)され、さらにリムの断面形状も見直されてスポークも細くなって握りやすくなっている。最近はフォルクスワーゲングループやBMWなどのステアリングも中央部分が小型化されている。メーターの見やすさだけでなく、回転マスを中心部分に集めることは当然操作感の面でも有利である。気にしない人にはまったく響かないかもしれないが、私は大いに評価したい。

フロントデザインは、より横方向への広がりを強調。上級モデルの「アテンザ」に肉薄するような大人っぽい仕上がりに。写真は「アクセラスポーツ15XD」ボディーカラーはジェットブラックマイカ。
フロントデザインは、より横方向への広がりを強調。上級モデルの「アテンザ」に肉薄するような大人っぽい仕上がりに。写真は「アクセラスポーツ15XD」。ボディーカラーはジェットブラックマイカ。
人間中心の開発哲学に基づき、ドライバーが無理なくドライビングポジションをとれるよう設計されている。
人間中心の開発哲学に基づき、ドライバーが無理なくドライビングポジションをとれるよう設計されている。

写真左が新型、右が旧型のステアリングホイール。親指の保持性、フィット性を改良したほか、ステアリングスイッチやエアバッグカバーを小型化し、リムの握り心地の向上を図った。


	写真左が新型、右が旧型のステアリングホイール。親指の保持性、フィット性を改良したほか、ステアリングスイッチやエアバッグカバーを小型化し、リムの握り心地の向上を図った。
メーターは表示コントラストを向上させることで、瞬読性を改善。また、フォントの種類や色、太さなどをそろえ、統一感を出している。
メーターは表示コントラストを向上させることで、瞬読性を改善。また、フォントの種類や色、太さなどをそろえ、統一感を出している。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アクセラスポーツの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る