プジョー508GT BlueHDi(FF/6AT)

スポーティーなフラッグシップ 2016.08.16 試乗記 プジョーのラグジュアリーモデル「508」に、2リッターのクリーンディーゼルエンジンが搭載された。「GT」の2文字が示す通り、スポーティーなフラッグシップに生まれ変わったのが最新型のポイントである。セダンの「508GT BlueHDi」に試乗した。

ディーゼル専用モデルへ

かつてプジョーのトップモデルであった「607」。その後継ポジションをも担う新たなフラッグシップとして508が初公開されたのは、2010年秋のパリサロンの場。翌2011年の6月に日本で発売されてからも、すでに丸5年以上が経過。かくしてそのライフもさすがに「そろそろ後半戦」と、そう受け取るのが自然なモデルでもあるはずだ。

そんな微妙なタイミングで日本導入が図られたのが、508GT BlueHDiと「508SW GT BlueHDi」。今後日本で販売される508シリーズは、セダンの前者とステーションワゴンの後者という、ディーゼルエンジンを搭載するこの2つのGTグレードに絞られることになる。

“BlueHDi”の名称が示すように、従来の1.6リッターターボ付きガソリンエンジンに代わって搭載されるのは、酸化触媒と尿素水溶液を使用した選択還元触媒、そして微粒子フィルターという“三段構え”による最新の排ガス浄化システムを備えた、ターボ付きの高圧直噴ディーゼルエンジン。それは、同時に日本に導入された「308GT BlueHDi/308SW GT BlueHDi」が用いる2リッターユニットと同一。180psの最高出力と400Nm(40.8kgm)の最大トルクも同スペックとなっている。

そんな同じ心臓を積む308に比べると、ボディーはふた回りほど大きく、車両重量も200kg近く重い。それゆえ、燃費データが劣るのはやむを得ないところ。一方で、燃料タンクの容量は20リッターも多く、航続距離は逆転。JC08燃費モードである18.0km/リッターにタンク容量の72リッターを掛け算すると、走行可能レンジは実に1296kmという長距離に達する。

「給油するのは年に数回……」と、そんなユーザーすらも現れそうな“長い脚”の持ち主であることは間違いない。

2リッターのBlueHDiディーゼルユニットは180psと400Nmを発する。JC08モード燃費は18.0km/リッター。
2リッターのBlueHDiディーゼルユニットは180psと400Nmを発する。JC08モード燃費は18.0km/リッター。
インパネのデザインは、7インチのタッチスクリーンを中央に置いたオーソドックスなもの。
インパネのデザインは、7インチのタッチスクリーンを中央に置いたオーソドックスなもの。
シートはレザーとファブリックを組み合わせた、ダークグレーのハーフレザータイプ。赤いステッチが施される。
シートはレザーとファブリックを組み合わせた、ダークグレーのハーフレザータイプ。赤いステッチが施される。
「508」シリーズにはこれまで1.6リッターのガソリンターボエンジンが搭載されてきたが、今後は2リッターBlueHDi専用モデルになる予定。「508GT BlueHDi」の車両価格は434万円。
「508」シリーズにはこれまで1.6リッターのガソリンターボエンジンが搭載されてきたが、今後は2リッターBlueHDi専用モデルになる予定。「508GT BlueHDi」の車両価格は434万円。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

508の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る