新型「ポルシェ911カレラ」が国内デビュー

2011.11.01 自動車ニュース


新型「ポルシェ911カレラ」が国内デビュー

ポルシェジャパンは、今年9月のフランクフルトショーでデビューした新型「911カレラ」「911カレラS」の受注を、2011年11月10日に開始すると発表した。

■出力アップと同時に低燃費を実現

フルモデルチェンジを受けた新型「ポルシェ911」が、日本に導入される。既報のとおり、「タイプ991」と呼ばれる新型は、ホイールベースの延長(+100mm)や前後トレッドの拡大、45kgにおよぶ軽量化などにより、スポーツ性能と居住性の向上が図られている。

ベースモデルの「911カレラ」は、従来モデルよりも200cc排気量の小さい新開発3.4リッター水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載する。スペックは、最高出力350ps/7400rpm、最大トルク39.8kgm/5600rpm。

トランスミッションは7段MTと7段PDKが設定され、PDK車はNEDCモード燃費で従来モデルより約2km/リッター向上し、8.2リッター/100km(=12.2km/リッター)を達成。CO2排出量はポルシェのスポーツカーとして初めて200g/kmを下回り、194g/kmを実現した。

高出力バージョンの「911カレラS」は、先代モデルと同排気量の3.8リッター自然吸気ユニットを搭載しながら、最高出力は15ps増となる400ps/7400rpm、最大トルクは44.9kgmを発生する。トランスミッションは、7段MTと7段PDKが設定され、PDK車では8.7リッター/km(=11.5km/リッター)の燃費値(NEDCモード)を実現するとともに、CO2排出量も205g/kmに抑えるなど、高効率化が図られている。

価格は、以下のとおり(カッコ内はトランスミッションとハンドル位置)
・911カレラ(7段MT・左):1117万円
・911カレラ(7段PDK・左/右):1192万円
・911カレラS(7段MT・左):1381万円
・911カレラS(7段PDK・左/右):1456万円

(webCG 曽宮)

「911カレラS」
「911カレラS」
「911カレラ」
「911カレラ」
PDK車には、右ハンドル仕様も設定される。
PDK車には、右ハンドル仕様も設定される。
ボディーサイズは、全長×全幅×全高=4491×1808×1303mm。ホイールベースは2450mm。(欧州仕様車)
ボディーサイズは、全長×全幅×全高=4491×1808×1303mm。ホイールベースは2450mm。(欧州仕様車)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

911の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • ポルシェ718ボクスターS(MR/7AT)【試乗記】 2016.11.17 試乗記 350psの2.5リッターフラット4ターボエンジン搭載の「718ボクスターS」に試乗。パワーはもちろん、乗り心地もハンドリングも抜かりなしの718ボクスターSだが、ポルシェにだってできないことはある。それは……。箱根の山道を目指した。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • BMW M240iクーペ(FR/6MT)【試乗記】NEW 2016.12.8 試乗記 コンパクトなボディーに、最高出力340psを発生する3リッター直6ターボエンジンを搭載した「BMW M240iクーペ」。MT仕様の試乗を通し、同門の高性能スポーツモデル「M2」に対するオルタナティブとしての実力を試す。
  • 「ポルシェ718ケイマンS」フォトギャラリー 2016.11.15 特集 往年の名車「718」の伝説を継承する、ポルシェの新たなプレミアムスポーツ「718ケイマンS」。新開発のターボエンジンがもたらす卓越した動力性能はもちろんのこと、先進感あふれるスタイリングや上質なインテリアも特長となっている。そのディテールを写真で紹介する。
ホームへ戻る