第5回 ヒストリックカー趣味の欠落

2016.08.23 エッセイ

“初恋の人”「フェラーリ328」

連載も5回目となり、そろそろ前回までのあらすじを説明するのがつらくなってきたが、2009年に発生した我がカーライフ2度目のジャイアント・インパクト前後の経緯を延々と説明させていただいている不肖清水草一である。

ところで2009年当時、我がご神体たるフェラーリ様は、87年式の「328GTS」だった。つまり当時で22年落ち。今で言うネオクラシックとかヤングクラシック圏内に位置するだろう。

正直なところ、私にはヒストリックカー趣味はない。これはカーマニア人間国宝を目指す上で大きな欠落だ。

「カーマニア人間国宝」という単語を聞いて、人はどんな姿形を想像するだろう。最も一般的なのは、○○○○美術館とかを開設してしまうようなウルトラグレイトなエンスージアストではないだろうか。つまりヒストリックカーのコレクターである。それが世の中で最も尊敬されるカーマニアの姿だ。

なのに私にはヒストリックカー趣味がない。この頃328に乗っていたのは、単にそれが初恋の人だったからだ。歳を取って初恋の人に会いたくなりました。そういうことですね!

“初恋の人”「328GTS」を駆り、ヨロコビのあまり、ヘン顔(!?)をキメる筆者。(写真=池之平昌信)
“初恋の人”「328GTS」を駆り、ヨロコビのあまり、ヘン顔(!?)をキメる筆者。(写真=池之平昌信)

87年式「328GTS」。2009年当時では、22年落ち。クラシック度としては、ヤングクラシック圏内といえる。(写真=池之平昌信)


	87年式「328GTS」。2009年当時では、22年落ち。クラシック度としては、ヤングクラシック圏内といえる。(写真=池之平昌信)

大乗フェラーリ教オリジナルの「節約。キーホルダー」。筆者はフェラーリを買うためには日々の節約が大切と説いていた。


	大乗フェラーリ教オリジナルの「節約。キーホルダー」。筆者はフェラーリを買うためには日々の節約が大切と説いていた。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本唯一の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算44台、うち10台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。