ポルシェ718ケイマン(MR/6MT)/718ケイマン(MR/7AT)/718ケイマンS(MR/6MT)/718ケイマンS(MR/7AT)

似て非なる最新型 2016.08.19 試乗記 エンジンをフラット6からフラット4ターボに積み替え、車名も新たに再スタートを切った「ポルシェ718ケイマン」。“似て非なる最新型”はやはり最善なのだろうか。スウェーデン南部のマルメで試乗した。

981から982へ

3桁の数字で表される、ポルシェ車のコードネーム。それが変更されるのは、一般にはフルモデルチェンジのタイミング。それ以外の場合、モデルライフ半ばで実施されるいわゆる“マイナーチェンジ”を境目として、前期型/後期型、もしくはバージョンI/バージョンIIと、かように表記されるのがこれまでの常だった。

ところがケイマンの最新モデルには、1950~60年代にモータースポーツシーンで活躍した、水平対向4気筒エンジンをミドマウントするモデルにあやかって「718」のサブネームが加えられ、社内コードネームもこれまでの「981」から「982」へと変更されている。

外観上の化粧直しの範囲も、確かに小さいものではない。一方で、軽量さと強靱(きょうじん)さの両立を狙い、アルミニウムなどが多用されたマルチマテリアル構造が売り物のボディー骨格そのものは、まだ4年足らず前の2012年末に発表された、従来型からの踏襲となる。

こうして、本来であれば“後期型”、もしくは“バージョンII”と、かように呼ばれるのが順当なまだライフの途中であるにもかかわらず、コードネームの変更までが敢行されたのは、そのリファインが通常のマイナーチェンジをしのぐ規模であると同時に、“生粋の新型車”に匹敵するニューモデルであることをことさらに主張しているようにも思えるものだ。

フロントバンパーのエアインテークが大型化され、表情がダイナミックになった。またバンパーの両端には細長いインジケーターライトが追加されている。
フロントバンパーのエアインテークが大型化され、表情がダイナミックになった。またバンパーの両端には細長いインジケーターライトが追加されている。
従来型と似て非なるデザイン。旧型から引き継いだのは、意外やウィンドウ、ルーフ、テールゲートだけ。リアスポイラーは面積が増している。
従来型と似て非なるデザイン。旧型から引き継いだのは、意外やウィンドウ、ルーフ、テールゲートだけ。リアスポイラーは面積が増している。
バリエーションはまずは2種。2リッターターボの「718ケイマン」と、2.5リッターターボの「718ケイマンS」(写真)が用意される。
バリエーションはまずは2種。2リッターターボの「718ケイマン」と、2.5リッターターボの「718ケイマンS」(写真)が用意される。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

718ケイマンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る