第463回:さながらドイツのチューニングカー
最新鋭のスチームアイロンを買ってきた話

2016.08.19 エッセイ

日本と違うイタリア式アイロン事情

女房が「新しいアイロンが欲しい」と訴え始めた。聞けば、スチームの穴から真っ黒いしずくが垂れるのだそうだ。内部に堆積する水垢(みずあか)が原因と思われた。

ボクが毎日アイロン不要な軽装をしていることもあり、わが家のアイロンの出番は、平均的な家庭より少ない。そのため、新品の購入は長いこと先送りにしていた。
そうこうするうちに、ボクが持つ数少ない白ワイシャツが無数の黒点で染まるという大事件が発生したのだ。

わが家のアイロン史を振り返れば、イタリアに来た当初は今よりもビンボーで立派なアイロンが買えず、旅行用のアイロンで済ませていた。今使っているフィリップス(シンガポール工場製)はその後継機で、少なくとも10年以上現役だ。

熱を伴う家電は、定期的に買い換えるほうが安全上も好ましいだろう。それに女房が一時帰国などで不在となる間は、ボクもお世話になる家電だ。そう考えたボクと女房は、隣町フィレンツェの家電量販店に出向くことにした。

日本では、コードレスのアイロンが主流となって、もはや20年以上がたつ。だが、それはイタリアで“店頭に出ては消え”を繰り返し、まったく定着しない。
以前、「コードレスください」と言ったら、店員に「それ、なんですか?」と聞き返されたこともあったくらいだ。
背景には、アイロンをかける服の量が多いことがある。伝統的家庭では、いまだに下着のパンツ1枚まできっちりとアイロンがけする家が少なくない。約3分ごとにクレードルに戻さなければならないコードレスタイプでは、効率が上がらないのである。

同時に、「ある程度重くないと、かけた感じがしない」というイタリア人も少なくない。その証拠に、「クリーニング屋さんかよ」と思うような、大容量スチームボイラー分離型アイロンも、いまだ数多く売られている。
ボク自身も、東京出張時にホテルでコードレスアイロンを借りると、かけ面がすぐに冷めてしまうのがもどかしいし、そのものの重量が軽すぎて、アイロンをかけた気がしない。

イタリアにおける、アイロンがけ風景。写真は、筆者の知人オネリアさん。
イタリアで今なお人気の、スチームボイラー分離型アイロン。
伝統的なスチームボイラー分離型は、イタリアでは、いまだにアイロン販売スペースの半分を占める。
これまた伝統的な“袋打ちタイプ”の電源コード。写真は「ロウェンタDW6010」のもの。
わが家で10年以上にわたって使用した、フィリップ製アイロン「アジュール4018」(写真手前)。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。