第7回:練習のお供にもピッタリ
webCG随一の自転車ユーザーがXFを斬る!

2016.08.17 ジャガーXF長期試乗リポート
「ジャガーXF」にロードバイクを積んで、秘密の特訓基地へいざ出発。
「ジャガーXF」にロードバイクを積んで、秘密の特訓基地へいざ出発。

世の中にはジドーシャに情熱をそそぐクルマ好きと同じように、自転車に愛をささげる猛者たちがいる……。今回はwebCG編集部きっての“ローディー”が、自転車愛好家の視点から「ジャガーXF」の荷室を、装備を、大マジメに語ります。

今回のお荷物はこれだけ。ロードバイクと空気入れ、ヘルメット、手袋、シューズだけである。
今回のお荷物はこれだけ。ロードバイクと空気入れ、ヘルメット、手袋、シューズだけである。
ロードバイクを積むにしても、さすがに高級車だと気を使う。今回は毛布で養生させてもらった。
ロードバイクを積むにしても、さすがに高級車だと気を使う。今回は毛布で養生させてもらった。
養生を固定するのに使用した、トランクルーム内のフック。本来の用途はなんなのだろう?
養生を固定するのに使用した、トランクルーム内のフック。本来の用途はなんなのだろう?
道中、ちょっと気になったのがドリンクホルダー。自転車用のボトル(シマノ製)がうまく入らない……。内側のクッションのような出っ張り、いらなくない?
道中、ちょっと気になったのがドリンクホルダー。自転車用のボトル(シマノ製)がうまく入らない……。内側のクッションのような出っ張り、いらなくない?

XFで華麗なる「コソ練」へ

われらローディーの間には「貧脚」なる言葉がある。もとの意味は「全然ペダルをこげないダメなロードバイク乗り」なのだが、昨今では謙遜のため、めちゃくちゃ速いローディーが自分の爪を隠すために使う言葉となっている。かくして私も謙遜系貧脚ローディー(ややこしい)を目指し、仲間に内緒でこっそりと練習を繰り返すのだ。

今回はそんなこっそり練習、通称「コソ練」の相方として、ジャガーXFに助力を願うこととした。いつも私は横浜某所までクルマでロードバイクを運び、秘密の周回練習ポイントをぐるぐるしているのである。

荷物は少なく、ロードバイクと空気入れ、ヘルメット、手袋、シューズ程度だが、いかんせん今回のお相手はジャガーさま。泣く子も黙る英国の高級車である。さすがにこれらの荷物をそのまま押し込むのは気が引けるので、毛布で養生させていただく。ちなみにXFのトランクルームには開口部付近の左右になにやらフックが付いている。本来の用途ではないだろうけど、これが養生用の毛布を固定するのに非常に重宝した。

はてさて、実際にロードバイクを入れてみてどうかというと、まったく問題なさそう。もちろんタイヤは両方とも外さなければならないし、セダンなので開口部や天井などに気を使う必要はあるのだが、広さそのものは十分。これなら着替えなどの荷物も載せることができるだろう。

かようにして、たいしたドラマもなく(いや、ドラマがあったら困るんだけど)無事にXFに荷物を積み終えたら、いよいよわが秘密の特訓基地へと出発である。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジャガーXE 20dピュア(FR/8AT)【試乗記】 2016.4.1 試乗記 スポーティーな走りが身上のジャガーのDセグメントセダン「XE」に、待望のディーゼルモデルが登場。完全自社開発の新世代パワーユニットと、今日のジャガーの特徴ともいえる絶妙なドライブフィールが織り成す走りに触れた。
  • アウディA5スポーツバック2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.6.13 試乗記 美しいルーフラインを持つ4ドアクーペ「アウディA5スポーツバック」がフルモデルチェンジ。新たなデザイン、そして先進装備を数多く搭載した“2代目”の実力を検証する。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアントTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.6.5 試乗記 マイナーチェンジを受けて、デジタルインターフェイスと先進運転支援システムの両面で進化を遂げた「フォルクスワーゲン・ゴルフ」。その完成度はCセグメントの基準を揺るがすか? ワゴンモデル「ゴルフヴァリアント」に試乗した。
  • 「ジャガーXF」に錦織 圭選手の名を冠した特別仕様車 2017.5.29 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、4ドアセダン「ジャガーXF」に特別仕様車「KEI NISHIKORI EDITION(錦織圭エディション)」を設定し、2017年5月27日に受注を開始した。50台の台数限定で価格は697万円。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.30 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」がマイナーチェンジを受けて登場! もともとの基本性能の高さに加えて、最新の安全装備やデジタルインターフェイスも手にした“Cセグメントの盟主”に、もはや死角は残されていないのか? 中間グレード「TSIハイライン」でテストした。
ホームへ戻る