第7回:練習のお供にもピッタリ
webCG随一の自転車ユーザーがXFを斬る!

2016.08.17 ジャガーXF長期試乗リポート
「ジャガーXF」にロードバイクを積んで、秘密の特訓基地へいざ出発。
「ジャガーXF」にロードバイクを積んで、秘密の特訓基地へいざ出発。 拡大

世の中にはジドーシャに情熱をそそぐクルマ好きと同じように、自転車に愛をささげる猛者たちがいる……。今回はwebCG編集部きっての“ローディー”が、自転車愛好家の視点から「ジャガーXF」の荷室を、装備を、大マジメに語ります。

今回のお荷物はこれだけ。ロードバイクと空気入れ、ヘルメット、手袋、シューズだけである。
今回のお荷物はこれだけ。ロードバイクと空気入れ、ヘルメット、手袋、シューズだけである。 拡大
ロードバイクを積むにしても、さすがに高級車だと気を使う。今回は毛布で養生させてもらった。
ロードバイクを積むにしても、さすがに高級車だと気を使う。今回は毛布で養生させてもらった。 拡大
養生を固定するのに使用した、トランクルーム内のフック。本来の用途はなんなのだろう?
養生を固定するのに使用した、トランクルーム内のフック。本来の用途はなんなのだろう? 拡大
道中、ちょっと気になったのがドリンクホルダー。自転車用のボトル(シマノ製)がうまく入らない……。内側のクッションのような出っ張り、いらなくない?
道中、ちょっと気になったのがドリンクホルダー。自転車用のボトル(シマノ製)がうまく入らない……。内側のクッションのような出っ張り、いらなくない? 拡大

XFで華麗なる「コソ練」へ

われらローディーの間には「貧脚」なる言葉がある。もとの意味は「全然ペダルをこげないダメなロードバイク乗り」なのだが、昨今では謙遜のため、めちゃくちゃ速いローディーが自分の爪を隠すために使う言葉となっている。かくして私も謙遜系貧脚ローディー(ややこしい)を目指し、仲間に内緒でこっそりと練習を繰り返すのだ。

今回はそんなこっそり練習、通称「コソ練」の相方として、ジャガーXFに助力を願うこととした。いつも私は横浜某所までクルマでロードバイクを運び、秘密の周回練習ポイントをぐるぐるしているのである。

荷物は少なく、ロードバイクと空気入れ、ヘルメット、手袋、シューズ程度だが、いかんせん今回のお相手はジャガーさま。泣く子も黙る英国の高級車である。さすがにこれらの荷物をそのまま押し込むのは気が引けるので、毛布で養生させていただく。ちなみにXFのトランクルームには開口部付近の左右になにやらフックが付いている。本来の用途ではないだろうけど、これが養生用の毛布を固定するのに非常に重宝した。

はてさて、実際にロードバイクを入れてみてどうかというと、まったく問題なさそう。もちろんタイヤは両方とも外さなければならないし、セダンなので開口部や天井などに気を使う必要はあるのだが、広さそのものは十分。これなら着替えなどの荷物も載せることができるだろう。

かようにして、たいしたドラマもなく(いや、ドラマがあったら困るんだけど)無事にXFに荷物を積み終えたら、いよいよわが秘密の特訓基地へと出発である。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジャガーXE 20dピュア(FR/8AT)【試乗記】 2016.4.1 試乗記 スポーティーな走りが身上のジャガーのDセグメントセダン「XE」に、待望のディーゼルモデルが登場。完全自社開発の新世代パワーユニットと、今日のジャガーの特徴ともいえる絶妙なドライブフィールが織り成す走りに触れた。
  • ボルボXC40 T5 AWD R-DESIGN ファーストエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2018.5.24 試乗記 ライバルがひしめき合うコンパクトSUVの世界に現れた、ボルボ渾身(こんしん)のニューモデル「XC40」。そのデザインや走りは、北欧ブランドならではの個性にあふれていた。
  • ジャガーEペースR-DYNAMIC HSE P250(4WD/9AT)【試乗記】 2018.6.6 試乗記 “ベイビージャガー”を名乗る、ジャガーのコンパクトSUV「Eペース」に試乗。ボディーの内外に同門のピュアスポーツカー「Fタイプ」の面影を強く感じさせるブランニューモデルは、どんなクルマに仕上がっているのだろうか。
  • ジャガーXF 20dプレステージ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.9 試乗記 モジュラー構造のアルミボディーなど、先端技術が惜しみなく投じられているジャガーの新型「XF」。その真骨頂は、実は “オーソドックスないいクルマ”を目指しているところにあるといえそうだ。ディーゼルエンジンを搭載する中核グレードに試乗した。
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【試乗記】 2018.6.19 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」に伝統の高性能バージョン「GTI」が登場。初代「ゴルフGTI」に近い小柄なボディーを1リッター直3ターボで引っ張る600台の限定モデルは、ホットハッチとしてあらゆる意味で“ちょうどいい”一台に仕上がっていた。
ホームへ戻る