BMW 440iクーペ Mスポーツ(FR/8AT)

感動モノの出来栄え 2016.08.23 試乗記 BMWがスペシャリティーモデル「4シリーズ」のエンジンラインナップを一新。各モデルに、モジュラー設計の新世代パワーユニットを採用した。最もパワフルな3リッター直6ターボが搭載された「440iクーペ」に試乗し、その実力を報告する。

いよいよ新世代エンジンを搭載

この4月、日本におけるBMW 4シリーズのパワートレインが一新された。新エンジンは1気筒あたりの排気量が約500ccのシリンダーを直列に配置するモジュラー設計となっており、直列4気筒なら2リッター、直列6気筒なら3リッターということになる。

4シリーズは、チューンが異なる2種の直列4気筒2リッターターボエンジンと、直列6気筒3リッターターボエンジンをラインナップ。いずれも直噴システム、ツインスクロールターボチャージャー、無段階バルブコントロールシステム、バリアブルカムシャフトコントロールが備わる。
エンジン排気量を腹八分目に抑えて効率化を図りつつ、ターボでパワーに厚みを持たせるというコンセプト自体は、従来と変わらない。

今回試乗した「BMW 440iクーペ Mスポーツ」が積む3リッター直列6気筒ターボエンジンは、従来型にあたる「435i」と排気量は同等ながら、最高出力は20ps強化の326ps/5500rpm、トルクは5.1kgmアップの45.9kgm/1380-5000rpmとなっている。
これだけ力強さを増しているのに燃費も13.5km/リッターに向上しているというのが新エンジンのウリ。というわけで、おのずと注目はエンジンに集まる。

どうも「2」とか「4」とか「6」とか、BMWの偶数番号シリーズにはいまだになじめないけれど、4シリーズのクーペとはつまり「3シリーズ」のクーペ。4シリーズ クーペの2810mmというホイールベースは、3シリーズのセダン/ツーリング(ワゴン)と共通である。

なぜ3シリーズのクーペではなく4シリーズのクーペと呼ぶようにしたのか、その真意はわからないけれど、試乗車の総額889万7000円(税込み)というプライスリストを見ると、なんとなく想像できる。
3シリーズのクーペがこんなにすると「えっ!?」と思うけれど、4シリーズだと聞けば、なんとなく納得してしまう。

2016年4月の改良により、「BMW 4シリーズ」にもモジュラー設計の新世代エンジンが搭載された。プラットフォームを共有する「3シリーズ」より半年遅れての導入となる。
2016年4月の改良により、「BMW 4シリーズ」にもモジュラー設計の新世代エンジンが搭載された。プラットフォームを共有する「3シリーズ」より半年遅れての導入となる。
「440iクーペ Mスポーツ」のインストゥルメントパネルまわり。テスト車にはオプションで用意される「BMW Individual」のインテリアパッケージが採用されていた。
「440iクーペ Mスポーツ」のインストゥルメントパネルまわり。テスト車にはオプションで用意される「BMW Individual」のインテリアパッケージが採用されていた。
新エンジンの搭載に伴い、グレード名も「435i」から「440i」に変更された。
新エンジンの搭載に伴い、グレード名も「435i」から「440i」に変更された。
「3シリーズ」のクーペやコンバーチブルの後継モデルとして2013年に登場した「4シリーズ」。その他、5ドアハッチバックの「グランクーペ」がラインナップされている。
「3シリーズ」のクーペやコンバーチブルの後継モデルとして2013年に登場した「4シリーズ」。その他、5ドアハッチバックの「グランクーペ」がラインナップされている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

4シリーズ クーペの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW 440iクーペ Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.23 試乗記 BMWがスペシャリティーモデル「4シリーズ」のエンジンラインナップを一新。各モデルに、モジュラー設計の新世代パワーユニットを採用した。最もパワフルな3リッター直6ターボが搭載された「440iクーペ」に試乗し、その実力を報告する。
  • BMW M4 GTS(FR/7AT)【試乗記】 2017.1.10 試乗記 BMW M社が、そのモータースポーツテクノロジーを集約して開発した“公道走行も可能”なレーシングマシン「BMW M4 GTS」。巨大なリアスポイラーに、室内から鈍い光を放つロールバーなど、見た目からしてただ者ではないモンスターマシンの走りをリポートする。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)/LC500(FR/10AT)【海外試乗記】 2016.12.23 試乗記 間もなくローンチされるレクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」。同ブランドが初めて挑戦するラージサイズクーペは、どのようなキャラクターを持ち合わせているのか? その出来栄えをスペインで試した。
  • BMW M240iクーペ(FR/6MT)【試乗記】 2016.12.8 試乗記 コンパクトなボディーに、最高出力340psを発生する3リッター直6ターボエンジンを搭載した「BMW M240iクーペ」。MT仕様の試乗を通し、同門の高性能スポーツモデル「M2」に対するオルタナティブとしての実力を試す。
  • BMWアルピナB7ビターボ リムジン ロング(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.13 試乗記 BMWアルピナのフラッグシップモデル「B7ビターボ リムジン ロング」に試乗。608psの4.4リッターV8ツインターボエンジンを搭載するスーパーリムジンの実力を全方位で探った。
ホームへ戻る