BMW 320d Mスポーツ(FR/8AT)

3シリーズ セダンの真打ち 2016.08.24 試乗記 BMWの新世代ディーゼルエンジンを搭載した最新型の「320d」に試乗。低速トルクに満ち、スポーティーなフットワークを備えた「320d Mスポーツ」の仕上がり具合は上々。まさに「3シリーズ」の真打ちといえる実力の持ち主だった。

車名こそ同じだが……

BMWの3シリーズ……と、ひと言で紹介しようとしても、このモデルは、今やそれもままならないほどの大所帯ぶりだ。
多少無理やりにシリーズに加えられた感もある(?)ハッチバックの「グランツーリスモ」は“別勘定”としても、セダンとステーションワゴンと、まずは基本となるボディーが2タイプ。

そこにガソリンとディーゼルエンジンという種分けが入り、ガソリンユニットには4気筒と6気筒があり、でもその中にはハイブリッドモジュールと組み合わされた仕様もあって、一部モデルには4WD仕様も設定……と、もうこのあたりで「これではディーラーも、在庫管理が大変でしょう……」などと、ひとごとながら心配になってきたりもする。

数ある輸入車勢の中にあってもやはりその大所帯ぶりが目を引く、永遠のライバルたる「メルセデス・ベンツCクラス」と比べても、「これは“ダメ押し”的に大変でしょ」と気付くのが、こちらには、セダンの一部モデルにMT仕様の用意があったりもすること。

もちろんハナシはここで終わらず、さらにトリムレベルの違いや装着ボディーキットの違いなどまでを勘定に入れれば、「種別は半ば無限大」とさえ思えてくるのである。

そうした数ある中から今回ここに紹介するのは、セダンの320d。「でも、それって前からあったよネ」と、“ちょっと詳しい”人であれば答えるはず。

ところが、そんなこのモデルは、実は“昔の名前で出ています”という一台。だから、ハナシはややこしいのである。

「320d」のトピックは新世代ディーゼルエンジンへの置き換え。1995ccの直4である点には変わりないが、従来のN47型から新しいB47型に変更された。
「320d」のトピックは新世代ディーゼルエンジンへの置き換え。1995ccの直4である点には変わりないが、従来のN47型から新しいB47型に変更された。
「Mスポーツ」仕様には「マルチファンクションMスポーツ・レザー・ステアリング・ホイール」が標準で備わる。
「Mスポーツ」仕様には「マルチファンクションMスポーツ・レザー・ステアリング・ホイール」が標準で備わる。
試乗車はオプションのダコタレザーシート装着車。標準のシート表皮はファブリック。
試乗車はオプションのダコタレザーシート装着車。標準のシート表皮はファブリック。
試乗車のボディーカラーは「グレイシャー・シルバー」。
試乗車のボディーカラーは「グレイシャー・シルバー」。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

3シリーズ セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る