プジョー508SW GT BlueHDi(FF/6AT)

ディーゼルに選ばれたワゴン 2016.08.25 試乗記 2リッターのクリーンディーゼルエンジンが搭載された、プジョーのフラッグシップワゴン「508SW GT BlueHDi」に試乗。「GT(グランドツアラー)」の称号が与えられた新グレードの乗り味やいかに?

プジョーディーゼルの集大成

ワゴンはセダンやハッチバックより、ディーゼルエンジンが似合う。そう考えるのは僕だけではないだろう。長い車体に人も荷物もたくさん載せた重いボディーには、 低回転から粘り強いトルクを発揮するディーゼルがありがたいし、一瞬のレスポンスよりもロングランでの燃費が重要になるというシーンも、ディーゼルのほうがふさわしい。

プジョーはこの組み合わせ、つまりディーゼルワゴンをいち早く送り出したブランドだ。世界で初めてディーゼル乗用車を送り出したメルセデス・ベンツが、1976年発表のW123系コンパクトクラスまで自前のワゴンを用意しなかったためもあるけれど、1958年に「403」に設定されたプジョー初のディーゼル乗用車は、まずワゴンが用意され、セダンの登場は翌年だったのだ。

403のワゴンは、セダンよりホイールベースが長く、2列シートのほか3列シート仕様もあった。前者は商用も兼ね備えており、後者は現在のミニバンに近い位置付けだった。こうした状況を考えても、セダンに先駆けてディーゼルが設定されたことに納得する。

さらにプジョーは、現在の乗用車の主流を占める横置きエンジン前輪駆動とディーゼルエンジンの組み合わせを最初に実用化したブランドでもある。同社初の前輪駆動車「204」に1967年に搭載されたもので、「フォルクスワーゲン・ゴルフ」へのディーゼル搭載より10年近く早い。このときも最初に積まれたのはワゴンだった。

今回取材した508SW GT BlueHDiは、403をルーツとする、ディーゼルワゴンの最新型である。駆動方式は204で実用化された、横置きエンジン前輪駆動を採用する。プジョーのディーゼル経験の集大成と言えそうだ。

2リッターのBlueHDiディーゼルを搭載する「508」には、ワゴン「SW」(464万円)のほか、セダンの設定もある。「508GT BlueHDi」の車両価格は434万円。


	2リッターのBlueHDiディーゼルを搭載する「508」には、ワゴン「SW」(464万円)のほか、セダンの設定もある。「508GT BlueHDi」の車両価格は434万円。
インパネのデザインは、7インチのタッチスクリーンを中央に置いたオーソドックスなもの。
インパネのデザインは、7インチのタッチスクリーンを中央に置いたオーソドックスなもの。
「508SW GT BlueHDi」には電動サンシェード付きのパノラミックガラスルーフが標準で装備される。
「508SW GT BlueHDi」には電動サンシェード付きのパノラミックガラスルーフが標準で装備される。
後席窓にはサンシェードが装備される。
後席窓にはサンシェードが装備される。

流麗なフォルムが美しい「508SW GT BlueHDi」のリアビュー。


	流麗なフォルムが美しい「508SW GT BlueHDi」のリアビュー。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る